FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鞭打たれる歓び

SMと言えばというイメージがありますが、SMクラブなどで実際に鞭を要望する客は意外にも少数派のようです。

 女王様の方もバラ鞭ならともかく、頼まれてもいないのに一本鞭で打ったりすれば客とのトラブルにもなりかねません。  ある女王様がBlogで“一本鞭を新調したのに打たせてくれる客が来ない”と嘆かれているのを見たことがあります。 客層はある程度お店のコンセプトによって変わってくるとは思いますが、今はアナルやフェチなどライトなプレイを好む客が多数を占めているようです。

 僕のご主人様も1年位前まで一本鞭をお持ちではありませんでした。 需要がないのに買っても“宝の持ち腐れ”になるとの事で、僕とプレイする時はレンタルされていました。

 僕の所有している一本鞭も使って頂きましたが、とても扱いづらそうなご様子でした。 SMグッズ専門店で買ったハードな仕様の一本鞭で、決して安物ではありません。 しかし、あまり使い込むことなく保管していた為、経年で革が硬化してしまい、しなやかさに欠けるようでした。

 僕もご主人様とお会いするまでは、それほど鞭打ちが好きだったわけではありません。 上手に打ってくださる女王様と巡り会えなかったので、今ひとつのめり込めなかったのかもしれません。 ハードな鞭を買い求めたのは、鞭打ちに対する憧れが強かったからです。 実際に打たれてみると、堪え難い痛みにすぐに音を上げてしまいそうになります。 がんばって百発も受けられれば充分満足でした。

 それでも、そこそこ加減して打たれると、とても気持ち良くなる瞬間が訪れることは体験していました。 しかし、その加減が中々難しいようです。 バラ鞭では愛撫の様で全く物足りない。 一本鞭も限界をはるかに超えて打たれると、苦痛にしか感じられない。 僕はエゴマゾだったので、苦痛があまりにも長引くと、お相手が女王様であっても反抗心すら抱いてしまう事もありました。

ところが、ご主人様にお会いしてからは、この方に打って頂けるなら“厳しい鞭打ちにも耐えられるかもしれない”と思うようになりました。

 苦痛を快楽に変換するには女王様が美しいという事は最も重要なポイントです。そしてその方の事を心から敬愛し、崇拝できる事。 僕の期待は大きく膨らんでいきました。

 但し、ご主人様はそれまで一本鞭に触れた事がなく、鞭を振ることにも慣れていらっしゃいませんでした。 失礼ながら最初の頃は鞭に振り回されているような印象がありました。 まずは経験を積んでいただくことが先決です。 毎回、ストーリープレイに鞭打ちを取り入れて頂いてはいましたが、ある時、思い切って一本鞭で一千発打って欲しいとお願いしてみました。 もちろん僕もそんなに打たれるのは初めてです。

 レンタルの鞭は、鞭職人が作る一本鞭としては比較的ソフトな部類だったかもしれません。 しかし、それでも一千発というのは決して生易しいものではありませんでした。 前面を五百発、背面を五百発、数えながら確実に打って頂きました。 僕は打たれている間中、ご主人様のお顔に見惚れていました。 背面を打っていただく際も、壁面に設置したミラーシート越しにご主人様のお顔を拝見していました。

 鞭を振るお姿も女性らしくてとても華麗で素敵です。 

この美しい方に鞭打たれているのだと思うだけで喜びに満たされます。 それはやがて大きな快楽へと結びついていくのです。 終わってみると全身に幾筋ものミミズ腫れが浮き上がっていました。

 ご主人様には鞭の強弱の付け方や加減、コントロールなどを学んで頂けたようで「私にとっても、よい経験だったわ」と、仰って頂けました。

 この日を境に、しばらくは鞭打ちをメインにプレイを進行して頂くようになりました。


whipping.jpg
 

 ご主人様は局部への鞭打ちも正確にヒットするまで何度も練習されていました。
cock whippingは加減次第でとても大きな性的快感を呼び起こします。 しかし、お仕置きとして打つ場合には、これほど厳しい痛みを与えることが出来る部位は他にありません。 亀頭にハード鞭の先端がヒットした時は疼くまってしまい、しばらく苦痛に呻いて立ち上がれない事もありました。

 ご主人様とのストーリープレイは主に“卑劣な性犯罪者が、美しき処刑人から様々な拷問を受け、最後は去勢刑を執行される”というような内容でした。 拷問ですからハードな鞭打ちという設定ですが、まずは愛撫のような軽い鞭打ちから身体を慣らしていき、次第に厳しい鞭へと移行して頂きました。 ご主人様も最初は腕の振りだけで打っていますが、次第に乗ってこられると全身のバネを使って思い切り打たれる様になります。 僕の反応を観察しながら時に厳しく、時に優しく… このバランスは鞭酔いを呼び起こす為の必須条件である様な気がします。

 ご主人様の鞭打ちのスキルはお会いするたびに向上されていました。
元々の素質に加え、スポーツをされていたので運動神経も良く、上達も早かったのだと思います。 肩の筋肉も発達しているのでスピードと破壊力のある鞭打ちも可能です。

 ヤプーズマーケットのビデオで、集団女性の鞭打ちシーンをご覧になった方はおわかりになると思いますが、女性によって鞭打ちの巧拙というのは、はっきりと分かれます。

 上手い人はポイントに的確に当てることが出来、打ち方にもリズムがあり、強弱の付け方も巧みでポーズも美しいです。 下手な人はターゲットに満足に当てることすら出来ない上、振り方もデタラメで見た目も美しくありません。 両手で持って振り回すなど論外です。 やはり打たれる方も美しく打って頂きたいですし、苦痛だけでなく心地よさも味わいたいのです。

打つ者と打たれる者が一体となって、互いに快感に浸れるようなら素晴らしい関係が築けていると思います。

 僕は鞭打ちの練習台として使って頂けることが幸せでした。 ご主人様もどんどん自信を付けられていった様でした。 
 そして僕もこれまでに経験した事が無いような突き抜けた感覚を得られるようになりました。 

 それまで苦痛で泣き喚いていたのに、ある瞬間ふわっと浮き上がるような心地よい感覚に包まれます。 そして悲鳴から嗚咽に変わり、やがて沈黙となって甘美な痛みに陶酔する時間が訪れるのです。 この感覚は体験した者でないと分からないと思います。

 ある時、こんな事がありました。

 厳しい鞭打ちが止んで枷から解放された時です。
下半身の力がスッと抜けて、身体が自然と床に跪き、ご主人様の前に平伏していました。 意図的にやったことではありません。 ご主人様も一瞬驚かれたご様子でした。

 「何のつもりなの?」こう仰ると僕の背中を踏みつけて、さらに鞭の雨を浴びせ続けました。 

この時、僕の心の中はご主人様に対する服従心で満たされていました。 

 亀のように丸くなってご主人様の激しい鞭打ちを享受していました。 背中や尻に凄まじい勢いで鞭が当たっている感覚があります。 しかし僕の身体は、痛みを超越した快感に支配されていたのです。 遠くの方でかすかに鞭の音やご主人様のお声が聴こえます。

このまま、いつまでも鞭打たれていたい…こんな感情は初めてでした。

 この時から僕は完全にご主人様の鞭打ちの虜になったのです。

 ご主人様もこの頃、奴隷を鞭打つ快感に目覚め始めたようでした。 奴隷が良い声で鳴いていると興奮され、さらに厳しい鞭を下さいます。 その時、部屋中に笑い声と悲鳴のハーモニーが響き渡るのです。

 人を一本鞭で打つなどという行為は、普通は中々経験する事はありません。
ハードな調教を好む奴隷を従えた女王様だけの特権かもしれません。 奴隷の僕にはわかりませんが、打つ方もきっと非日常的ないい知れぬ快感があるのではないかと想像しています。

 僕が専属奴隷にして頂いた頃と時を同じくして、ご主人様は初めてご自分の鞭を購入されました。 鞭匠・天ノ介氏の手に寄るハードな一品です。 皮が厚くしっかりとした打ち心地で、打たれる方もとても重い痛みを味わえます。

 そして僕からもソフトからハードまで使い分けて頂けるようにと一本鞭3本とハードなバラ鞭を1本、そしてケインを贈らせて頂きました。

今ではご主人様にとって鞭打ちスパンキングが最もお好きなご調教となられたようです。

 近いうちに鞭打ちやケインなど打撃がメインのご調教を受ける予定です。 逆さ吊りや吊りでの鞭打ちが可能な環境が欲しいので、アルファインで行う事になると思います。 その際は、馬用の追い鞭と長鞭を購入して試してみたいとお願い致しました。 また、ご主人様にはいずれOWKの鞭も所有して頂きたいと思っています。

僕はご主人様に寄って鞭打ちだけで絶頂を迎えられる身体に改造して頂くことが目標です。 

 まだまだヘタレでご不満を感じさせてしまっていますが、いつかご主人様専用の立派な鞭奴隷になりたいと願っているのです。

domina.jpg

はじめてのけいん

 シンガポールやイスラム圏などでは今でも鞭打ちの刑が行われています。
刑罰としての鞭打ちですから、破壊力のある棒鞭で容赦無く尻を打ちすえます。

 熟練の執行人が腰を入れてフルスウィングで打ちつける、その威力は凄まじいものです。 受刑者は一回目で失禁し、2回目で失神するそうです。 数回叩くと皮膚が裂けて白い肉が見え、尻は血まみれです。 昔は死者も出たそうですから、決して侮れない恐ろしい刑だと思います。

 海外の動画サイトで、この鞭打ちの刑を再現したような映像を観た事があります。
処刑場に引っ張ってこられた男性が、裸で鞭打ち台に張り付けられてお尻以外をスポンジ状のカバーで覆われます。 

 ミリタリーファッションの3人の女性が代わる代わる男の臀部めがけてケインを打ちつけるのですが、女性の力とはいえ、まもなく血まみれの凄惨な状態になりました。 しかも、いつまでも執拗に打たれ続け、一向に解放される様子はありません。

 プレイとはいえ、ほとんど刑罰と変わらない様な状況です。 いや、刑罰の方は多くても數十発ですからそれ以上かもしれません。 なまくら刀でなぶり殺しに合っているような感じでしょうか。

 女性は残酷で容赦がないので恐ろしいです。

ただ、こうした女性の残酷性に惹かれるのがマゾの性でもあります。

 昨年の8月26日。
奴隷契約を締結したその日、ご主人様がお楽しみにされていた、ケインの笞打ちを受けることになりました。

 これは以前、ご主人から「ケインが欲しい」とのご要望があり、僕からプレゼントさせて頂いたものです。 ご主人様にはこの日の為に、通販でのご注文とお受け取りをお願いしていました。

 このケインは“軽くてよくしなる籐を厳選して丁寧に研磨し、3度に渡って桐油を浸透させて蜜蝋ワックスで仕上げた”というこだわりの一品です。 注文から納品まで1ヶ月ほどかかりましたが、それも納得がいく素晴らしい品でした。

 ケインがご主人様のお手元に届いてから、暫くの間、僕が多忙だった為にご調教を受ける事ができませんでした。 すぐにでも試し打ちをされたかったと思いますが、入手後20日以上お待たせしてしまいました。

「この日をどれだけ首を長くして待ったと思っているの?」

ほぼ50日ぶりのご調教で、ご主人様は少々オカンムリでした。

ケインで打たれるのは僕もこの日が初めての経験でした。

 僕はM歴が長いので、ご主人様と出会う前にほとんどの調教は経験済みでした。
アナル調教など初心者の頃に苦手意識を持ってしまったものを、ご主人様に再開発して頂く事はありましたが、お互いに初体験というのは、これが初めだったので僕はとても嬉しかったのです。

 まずは床に四つん這いで軽く試し打ちをされます。 
突き出した僕のお尻をめがけて初めてケインを振り下ろされるご主人様。 ピシャッと尻を打つ音が部屋に響きます。

 一撃目で「とても軽くて打ちやすい!」とのご感想。
 
 加減して頂いたものの、打たれた方は痺れるような鋭い痛みを感じていました。

「これがケインの痛みなんだ!!」
 僕はご主人様によって新たな痛みを教えて頂いた事に感動していました。

 直前にご主人様の足元に膝まづいて奴隷契約書を読み上げていた為、自分は“ご主人様の物”であるという自覚が強く芽生えていたのです。 

奴隷に与える苦痛も快楽も全てご主人様の意のままです。

 僕は素直にご主人様のなされるがままに身を任せていました。
ご主人様はしばらく打ち心地や僕の反応を確認され、楽しまれているようなご様子でした。

ヒュッ! ピシッ!! ビュン! ビシッ!!

次第に力を込めて振り下ろされるようになり、僕の悲鳴もそれに合わせて大きくなります。

それを聞いて楽しそうにお笑いになるご主人様。 ご主人様に喜んで頂けると奴隷としても堪え甲斐があるというものです。

バシッ 会心の一撃がヒットしたその瞬間、僕のお尻の肉が変形したのだそうです。

部屋中に響き渡る笑い声。ご主人様は大喜びです。


 その日のご調教はSMの部屋を選んでいたのでベッドには両手足を拘束する枷が設置されていました。 調教の後半はベッドに移動して本格的な笞打ち調教を受けました。

うつ伏せになり、丸めた布団を下腹部に当てて自然と尻を突き出す様な形で手足を拘束されます。

 僕はOWKなどの動画を観て“流血”に憧れていたので、ご主人様に出血するまで打って欲しいとお願いしていました。

試し振りをされるヒュンヒュンと空気を切る音が恐怖心を煽ります。

 足を広げる形で拘束されているので尻の割れ目から陰嚢が覗いているはずでした。 
僕は「睾丸に当たったら悶絶しますね」と言いました。 するとご主人様は「何それ?振り?」とにこやかに仰いました。

「いえ、違いますっ!違いますっ!」僕は慌てて否定しましたが、こんなユーモラスなご主人様が大好きなのです。

cane01.jpg

 後半は、すでに全身を一本鞭で打たれていたこともあって、脳内快楽物質が大量に分泌されていた様です。 ケインで思いきり連打されても、気持ちが良くて喘ぎ声をあげてしまいました。
ご主人様も奴隷を笞で打つ快感に酔いしれていたようです。「気持ちいい!」と連発され「アドレナリンが出てる」と仰って頂けました。

結局、気が遠くなるほど打たれてもこの日は出血しませんでした。

 太ももに当たった時に一撃で皮が削ぎ取られ白い肉が見えたのが、この日一番大きなダメージでした。

「お前はお尻の皮が丈夫だからね」とご主人様。

 実際、今までも乗馬鞭でかなりひどい打ち方をされてもそれほど痕が残ることはありませんでした。他のM男を同様に打てば相当なダメージが残るのだそうです。 僕は仕事でハードなデスクワークを続けてきた結果、尻の皮が厚くなっているのかもしれません。

しかし、ケインの痛みは充分満喫しました。

ご主人様にも「ケイン、楽しかった!」「鞭より軽くて打ち続けても疲れないし、大きなダメージを与えることが出来る」と大変ご満足頂けたことが何よりも奴隷冥利に尽きます。

ケインは血液が付着することがあるので僕専用の物になっています。 ご主人様に喜んで頂くには僕が頑張らないといけません。 僕はご主人様専用の鞭奴隷になりたいのです。

ここ数回はご調教の内容が増えたこともあり、ケインに充てる時間があまり取れませんでした。 次回のご調教では、またご主人様にケインを打つ快感をご堪能頂きたく思っています。


domina.jpg
プロフィール

mugi

Author:mugi
踏みつけられて、より強く丈夫に
育つムギの様でありなさいと
ご主人様が付けて下さった奴隷
名です。なんという素晴らしい
ネーミングセンス!
しかも音の響きも可愛らしい。
ビールが大好物の僕にピッタリ!
とても気に入っています(*^o^*)
馬派(苦痛)・犬派(奉仕)・豚派
(便器)全てのM性癖を持ち合わ
せたオールラウンダーな変態を
目指しています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。