FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊満アイドルの逆襲

 現役のモーニング娘‘15。(ワンファイブ)のメンバーの中で、抜群の知名度を誇っているのが 鈴木香音ちゃん16歳。
ズッキ”の愛称で知られる人気者です。

 8代目リーダー道重さゆみんの卒業後、ハロオタ以外にはメンバーの名前すらほとんど知られていない現状で、なぜ彼女だけが有名なのかというと、それはアイドルらしからぬその体型にありました。

 春川ナミオ画伯が描く巨漢女性を彷彿とさせる、はち切れんばかりのボディ。
成長過程にあるとは思えない成熟したバストに加え、下半身はM男垂涎“顔面騎乗圧殺必至”の迫力ある太腿と立派な豊臀を誇っていたのです。


kanon02.jpg

 もちろん彼女は、この体型でモー娘。のオーディションに合格したわけではありません。
加入当初は華奢でとってもキュートな小学6年生。 天真爛漫な性格と爽やかな笑顔が印象的な美少女だったのです。

kanon_01.jpg

 ところがストレスによる激太りか、はたまた成長期の過食による肥満化か、過去にもOGの安倍なつみ、辻・加護コンビ、吉澤ひとみらが肥大化して世間を騒がせたように、加入後短期間で先輩たちと同じ轍を踏む事になってしまいました。

 最近になって彼女が告白したところによると、もともと太りやすい体質で、オーディションを受ける直前にダイエットを敢行して合格した、オーディション詐欺(ご本人談)だったというのが真相のようです。

 彼女はNGなしのアイドルを公言し、変顔モノマネや自虐ネタを披露してバラエティー番組で引っ張りだことなっていきました。
NHKや民放の番組にソロで出演する機会も増え、生来の明るいキャラクターでハロオタ以外にも名前を知られるようになったのです。

 個性が埋没しがちな女性アイドルグループにおいて、キャラを立てることは知名度を上げ、人気を得るための重要なファクターとなります。 そういった意味では彼女のキャラクターは新生モーニング娘。の中で抜きん出ていた事は間違いありません。

 しかし、それはアイドルとしての知名度や人気と言うよりは、お笑い芸人と同種のキワモノ扱いといった感もありました。

 モーニング娘。のメンバーとしては、新曲のPVで常に最後部のポジションに置かれ、フォーメーションダンスでも他のメンバーの陰に隠れ、なるべく露出が少ないように配置されていたのです。 ソロパートは全くないか、あってもごくわずか。 顔のアップは一瞬だけという辛酸を舐めさせられ続けていました。

 ところが、グローバル戦略を重要視する昨今のアイドル市場において、モー娘。の海外進出は彼女にとって一筋の光明となりました。

 海外ではキングサイズが好まれる傾向にあるからでしょうか、外国人ファンの彼女に対する反応は国内とは全く違ったものだったのです。 彼女の存在感と物怖じしない性格や屈託ない笑顔が、外国人モー娘。ファンの心をガッチリと掴んだようです。 海外では若手メンバーの中で人気ナンバー1という現象が起きていました。

 海外での不動の人気はズッキにとって救いだったに違いありません。
そんなこともあってか、彼女は自らの体型にさほど危機感を感じてはいないようでした。

 ボディの肥大化はさらに進み、国内では“モー娘。のデブ”とか“関取”といった中傷が聞かれるようになりました。

 「もうこいつ全然痩せる気ないだろ…」

 成長期なのですから多少ポッチャリするくらい許されても良さそうですし、充分な需要もあると思うのですが、特に男性の目は彼女に厳しかったようです。

 彼女はいつの間にかアイドル生命の危機に立たされていました。

 追い討ちをかけるようにレッスン中に靭帯断裂の大怪我を負い、コンサートツアーを欠席。 さらにグループの主演舞台「TRIANGLE」の出演メンバーの選考からも外されてしまったのです。

 ところが、この事がよほど悔しかったのか、ついにズッキの本気に火がつきました。
メディアでダイエット宣言をした後、食事制限と筋トレを敢行し、わずかの間に9キロもの減量に成功したのです。

 ダイエット宣言から2ヶ月後の新曲披露の席、久しぶりに姿を現したズッキを見て、メディアもファンも皆一様に驚きの声を上げました。
 
 スリムになった彼女は他のメンバーの誰よりも光り輝き、時折大人の色気をも垣間見せる美しい女性へと変貌を遂げていたのです。

kanon03.jpg

 新曲のPVでは彼女の美しさが前面に押し出され、これまでとは全く違った扱いとなっていました。 元々モー娘。のエースを狙える逸材だったのですから当然といえば当然です。

 僕は美しい女性へと変身したズッキを見て、あらためて女性の美の神秘性凄みを感じました。

 選りすぐりの少女達が美しい大人の女性へと変貌を遂げる過程を、つぶさに観察できるのがハロープロジェクトの醍醐味でもあります。 ハロプロキッズと呼ばれるアイドル予備軍は小学校低学年の女の子たちも所属しています。 彼女たちが思春期を経て、20代の女性へと成長する過程はとても神秘に満ちています。

 僕が女性崇拝者として、ハロプロに注目しているのはこの点なのです。

 同じくモー娘。のメンバーに小田さくらちゃんという女の子がいます。 愛称はおださく。 年齢はズッキと同じく16歳。
彼女もデビューしたての頃はとても地味な容貌で、オーディション合格時のモー娘。ファンの評価は散々なものでした。

 しかし、僕はオーディションの経過を見ていて、彼女に他の子にはないオーラを感じて注目していました。 そして、彼女が持つとてもピュアな魅力に惹かれていたのです。

 確かに小田さくらちゃんはアイドルとして取り立てて秀でたルックスではありませんでしたが、僕には「この子は絶対に化ける!」という予感がありました。

 彼女はプロデューサーのつんく氏に抜群の歌唱力を買われ、オーディションではただ一人合格しました。 笑顔を湛えつつも、この時彼女の目から自然に零れ落ちた涙は、彼女の内面の美しさを映し出しているように思えました。

 女性は人に見られることで美しさを増していくと言われています。

 現在、活躍されている若手の女優さんたちのデビュー時の写真を見ると、今とはだいぶ違う雰囲気に驚かされる事もしばしばです。

 デビュー時には素人っぽさや垢抜けない部分を残していたとしても、優秀なスタッフ達に磨かれ、常に人の目に晒されることで美への意識も向上し、やがて美しさの極みに達するのでしょう。

 小田さくらちゃんの歌唱力はモーニング娘。のセンターを務めるだけの実力を備えていました。

 しかし容貌に関しては常にアンチファンの攻撃の的でした。 心無い中傷に晒され、13歳の無垢な少女は心を傷めていたに違いありません。

 ところが彼女はデビュー後、わずか1年ほどでみるみると美しく変貌していきました。
写真の上2枚がデビュー時の小田さくらちゃん、下2枚が変貌後の彼女です。

odasaku.jpg


 この見事な変わりようをモー娘。ファンは“確変”と呼んでいます。
おださく自らが“確変”を強く望み、自己を研磨し続け、それを実現した事でアンチを黙らせたのでした。

 モーニング娘。‘15の中で僕の今、1番の推しメンはこの小田さくらちゃんです。

 さて、ダイエットに成功した鈴木香音ちゃんですが、最近になってややリバウンドし始めた事を本人がブログで告白していました。
勝手なもので、彼女が痩せて美しくなった途端、周囲から個性が無くなったとかつまらなくなったという声が上がっていたことも事実です。

 過度の肥満は女性の美にとって大敵かもしれません。

 しかし、初潮の発現や卵巣の正常な機能、妊娠や出産には一定の体脂肪量が必要不可欠です。 女性ホルモンのバランスによる体脂肪の蓄積は、生理的なものと言えるのです。

 僕は太っている女性が好きという訳ではありませんが、痩せすぎている女性よりはむしろ適度な脂肪がついている女性の方に魅力を感じます。

 何よりM男が大好きな顔面騎乗は、豊かなお尻で座って頂いた方が格段に気持ちがいいのです。 ゴツゴツとお尻の骨が当たるようではドミナの魅力も半減してしまいます。

 かつて肥満化したモー娘。の先輩たちも、今はすっかり落ち着いて大人の女性の魅力を発散しています。 成長期における多少のポッチャリ化は女性らしさの証しなのだと思います。

僕のご主人様も最近、大好きなタイ料理の食べ過ぎでチョッピリ丸みを帯びておられましたが、前回の調教時にはしっかりと元の体型に戻されていました。

 初めてお会いしてから4年の歳月が流れましたが、益々美しさに磨きがかかっているご主人様のお姿に思わずため息が漏れてしまうのです。

 マゾヒスト男性を跪かせるのは女性の不変の美です。

 しかし、年月を経てなお、美しさを継続していく為に、女性がたは並々ならぬ努力をされているのです。

 鈴木香音ちゃんには、あまり無理をせずに、ジックリと美しさに磨きをかけていって頂きたいと望んでいます。 1ファンとして彼女のさらなる確変を見守っていきたいと思います。

domina.jpg

キュートなミストレス達

SMとは対極にありそうな可憐な女性アイドル達の、ボンデージスタイルや鞭を手にした姿にはとても萌えます。 何度も言うようですが、ギャップ萌えと言うやつです。

idol01.jpg


ネットでハマりすぎと話題になっていたmistress愛梨
℃-ute結成時の小学3年生の頃から、父親の様な目で(笑)見守って来ましたが、いつの間にか鞭の似合う美しい女性に成長されていました。

idol002.jpg

ちゃゆが長鞭を手にしている姿にもかなりドキッとしました。 キスシーンを拒んだ絶対的処女性が伝説となっているアイドルの鑑です。 うさちゃんコスプレがメルヘン過ぎるけど「今夜もうさちゃんウィップ」
床に跪いて亀の様に丸くなり、この鞭で打たれたいと願うM男性は多いのではないでしょうか?

idol03.jpg

ハロプロでは、真野恵里奈ちゃんも深夜ドラマ「みんな!エスパーだよ!」で裸の男性に鞭を振るっていましたね。 正統派のアイドルがパンチラやエロシーンにも体当たりでチャレンジしていました。 TENGAの山に埋もれたのはアイドル史上、彼女だけでしょう。

かつて、めちゃイケの人気コーナー“マゾの三兄弟”でタンポポの飯田、矢口、石黒の3人が極楽とんぼの加藤を思い切りストンピングしていましたし、こうして振り返るとハロプロ所属のアイドル達はドSイメージも全然オッケーの様です。

対してAKB48は、ともちんがブルウィップを手にしたCMが話題になりました。 女王様と言うよりは猛獣使いのイメージだったのでしょうが、美女と鞭にはすぐに反応してしまうのがマゾヒストの悲しい性。 有吉AKB共和国ではこじはるのお仕置き女王様なんてコーナーもありましたね。

idol04.jpg

アイドルではないけれど、フィギュアスケートの浅田姉妹のボンデージ姿は最強でした!
姉のさんの妖しい色香も魅力的ですが、真央ちゃんの菩薩顏もとても素敵。 この姉妹が、こんな姿で街を闊歩したら街中のマゾ男達が平伏すでしょう。

かつて安室ちゃんや吉高由里子の乗馬鞭や、ほしのあき、熊田曜子、壇蜜のボンデージ等も話題になりました。 彼女たちはアイドルというカテゴリーではないし、元々セクシー系というイメージが強いので僕的には、インパクトの面でイマイチでしたが、女性芸能人のSMを連想させる姿はなぜか世間を賑わせます。

idol05.jpg

つかこうへい演出の「幕末純情伝」で女優の石原さとみが、思い切り振りかぶって吉沢悠を鞭打っている姿は結構萌えました。 僕の中では、石原さとみは清純ぽいイメージで刷り込まれていたのかもしれません。

idol06.jpg


同じく清純派女優の堀北真希が映画「これでいいのだ! !︎」で、四つん這いになった浅野忠信の尻を美脚で踏みつけて鞭打つシーンがありました。 漫画家・赤塚不二夫の担当編集者だった武井俊樹の原作にはそんなシーンは一切ありません。 わざわざ設定を女性編集者に変更し堀北真希を起用したのは、監督が彼女にこれをやらせたかったのではないかと勘繰りたくなります。

堀北真希ちゃんはドラマ「特上カバチ! !︎」でもヘビースモーカーの行政書士役でキャスティングされていました。 これもおそらくは、スタッフサイドにスモーキングフェチがいたものと思われます。

しかし、こうしてみると、やはり女性アイドルの公式による女王様Photoや映像っていうのはそんなに多くはないですね。

希少ゆえに余計に見てみたい! !︎ 男達のエロへの渇望はとどまる事を知りません。

そこで全国のドルオタ・マゾの願いを叶え妄想を実現すべく腕を振るってくれるのが、アイコラ職人と呼ばれる人達です。 彼らはPhotoshopのテクニックを駆使し、自らのイメージを具現化します。

idol07.jpg
ネット上には僕が好きだった高橋愛ちゃんのフェティッシュ画像なども落ちていました。
素晴ら…いやけしからん!! しかし、よくできています。

Photoshop等の画像ソフトがなかった時代、男達は雑誌のグラビアを直接切り貼りしてエロコラージュ等を作っていました。 ノーマル男性はお気に入りのアイドルを全裸に剥き、M男性は女王様スタイルに加工していわゆるオナネタと呼ばれるものを作るわけです。

素材となる元画像の顔の上に好きなアイドルの顔を乗せるのでどうしても頭でっかちになったり、肌の色や光の方向がちぐはぐだったりで不自然な物になりやすいのですが、妄想の補完としてはそれで充分でした。

僕が中高生の頃は、男性誌に掲載されているアイドルの水着を黒く塗りつぶし写真にロットリングで直接、線を描き込んで鞭やローソクを持たせ、お手軽に女王様Photoに加工したりしたものです。

こうしてSM誌に掲載されている女王様モデルやクラブの女王様Photoとは、また一味違ったオナネタで被虐妄想に耽る訳ですね。


いやご主人様のおっしゃる通り、オスと言うのは頭の中をエロに支配されたつくづくバカな生き物だなと思います(笑)

domina.jpg


格闘系マニアの情熱

 テレビ東京の深夜番組「給与明細2」で、格闘系Mの“クラブQ”が取り上げられていました。

 「給与明細2」は、テリー伊藤氏の企画による深夜バラエティで、世間的にはあまり知られていない個性的な職業に、グラビアアイドルを調査員として派遣し、その仕事内容や体を張って稼いだ“給与明細”を公開するというものです。

 今回は“クラブQ”製作のオリジナルDVDに出演する“ぶっとばしモデル”にスポットを当て、2週に渡って紹介していました。

 男性をぶっ飛ばして日給十万円。

 このマニアックで怪しげなバイトにチャレンジしたのは、グラビアアイドルの“川奈ゆう”さん30歳。
なんとなくおっとりした雰囲気で、攻撃的な所は全く感じられない。優しげな顔立ちの癒し系美人です。

kawana.jpg

 ご存知の通り、クラブQの格闘系DVDは、女性たちが本気で男を殺しにかかってくるマジもんです。 男は一切手出しする事はできず、ただひたすら女性の攻撃に耐えるのみ。

 女性の攻撃力VS男性の耐久力。

 以前DVDを何本か観た事がありますが、僕なんかがたとえ本気で対戦したとしても到底歯が立ちそうにない、若くて強靭な肉体と有り余る体力を持った女性達真剣勝負を挑んでくる作品です。

 この「本気で男ボコします」シリーズは現在までに218巻も出ている人気作なのです。

 “クラブQ”では男優さんにもきちんと相応のギャラを支払っている様です。
男優は交通費が出ればまだマシ、ノーギャラが当たり前のMビデオの世界にあって、よりよい作品を作りたいと願うスタッフの熱意が伝わってきます。 ギャラが出るという事は、男優にもしっかりと仕事をこなさなければならないというプレッシャーがかかります。

 この“女と男”の真剣勝負の世界で、果たしてこの癒し系美女がどこまで通用するのだろうか?

 しかし考えてみたら、僕のご主人様も一見癒し系女子ではあるけれど、毎回の調教時には、冷酷残忍、無慈悲な本気の責めで、僕をヒーヒー泣かせて下さいます(*^o^*)  これは、ちょと期待できるかも…

 ギャップ萌えの僕は興味津々で番組を観ていました。

 不安げな表情で“クラブQ”の事務所へと面接に向かう調査員・川奈ゆう。 格闘経験ありと言う40代男性の担当者が出迎えます。

 彼女は応対した担当者の話に、真剣に聞き入っている様子。

 ビンタ、蹴り、踏みつけ、噛みつき、絞め技…あらゆる攻撃でひたすら男をぶっとばす。

 「男優の限界を超えるところまでやる」、「1番のポリシーはどこまで本気で出来るかという事」、「大げさに言えば殺す位のつもりで…」担当者の作品に対する熱い思いが語られます。

 そして面接をクリアし、いよいよ撮影体験。
 
 撮影現場は、部屋いっぱいにリングが設置されていて他には何もない空間です。
担当者に促され早速、リング上でミット打ちを試してみる調査員・川奈。 これが意外にもいい感じで決まり、結構いけそうな雰囲気です。

 続けて男性スタッフを相手に実践練習へと移ります。 ところが相手が生身の人間だと遠慮が出てしまい、途端に勢いがなくなってしまいました。 まあ、普通はこんなものでしょう。

 そこで待機していた女性スタッフが、蹴りのお手本を披露。 ビシバシとボディに強烈な蹴りの連打を見舞われ、蹲ってしまう男性スタッフ。

 断然、迫力が違う…

 続けてビンタの練習。 調査員・川奈も健闘はしたものの、やはり躊躇なく引っ叩く女性スタッフの迫力には及びません。

 ここで番組は翌週へと続く。

 余談ですが、僕のご主人様が撃ち抜く本気ビンタは、僕が経験した中では、最強でした。 口中を切って大出血したり、脳震盪を起こしかけたり、鼓膜が破れそうになったり…  ついには飛蚊症になってしまい、僕とのプレイでは、ビンタは封印して頂きました。

 他にも多数のビンタ志願者に甚大な被害が出ている模様です(笑)

 先日のご調教で頂いたペニスビンタはかなり手加減して頂いたにもかかわらず、蛇腹のようにボコボコに腫れ上がってしまいました。 そこにとどめのお灸無制限ですT_T

 最後は「キャ〜ッ!ボロボロ〜ww♩」とはしゃいでいらっしゃいました( ̄▽ ̄)

 
 さて、翌週の放映では女性スタッフの見本を参考に、冒頭から重めのビンタを食らわせる調査員・川奈ゆう。

 いよいよ撮影本番を迎え、マスクを付けた男優さんのお出ましとなりました。 リハーサルでの蹴りが見事に決まり、ついつい謝ってしまう調査員・川奈。 すぐさま担当者の叱責が飛びます。

 「絶対に謝るな、マニアの世界では暴力こそが愛!!謝ったら男優にも失礼だ」
 中々深いお言葉です。


kakutoum.jpg


 これをきっかけに、動きにぎこちなさは残るものの、彼女も徐々に思い切ったキックやビンタを見舞い始めます。 だんだん乗ってきたところで、ついには馬乗りで連続ビンタを食らわせる事になりました。
担当者からは合間に言葉責めを入れていくように指示が入ります。

 笑ったのは、「こいつ昼に牛丼の特盛を食ってるんで、それを吐き出させましょう」と言う担当者の一言です。

 腹にかかと落とし、飛び乗り、みぞおちキックと続き、「牛丼吐けよ!!」の初言葉責め。

 男優は結構苦しみもがいています。 しかし、ここまではまだリハーサル。

 いよいよこの後、本番に突入です。

 休憩時には男優にもインタビュー。 この世界に魅せられたきっかけは、なんと子供の頃の戦隊ヒーロー物だったそうです。 女性戦闘員モモレンジャーの蹴りを受けてみたい!

 勧善懲悪の健全な子供向け特撮番組が、彼の変態の扉をこじ開けたのです。

 さて本番では、男優が耐えきれずにタップするまで追い詰める事になりました。 全ては主演女優のアドリブで決まるようです。

 いざ本番が始まると中々の責めで魅せてくれる調査員・川奈。
これまで出てこなかった言葉責めも交えてどんどんエスカレートしていきます。 無我夢中で責め続け、男優のギブアップの声も耳に入らないようでした。

 最後は絞め技でフィニッシュ。開始から15分、撮影は終了しました。

 「予想以上にいい物が撮れた」とのスタッフのお褒めの言葉と共に給料が手渡されます。

 撮影後、彼女は「殴って申し訳ないなという気持ちと男をいじめて楽しいかも…という複雑な気持ちが交錯していた」と感想をもらしていました。

 10万円の給料は結構な高額ではありますが、本来Sではない女性にとって人を殴ると言う精神的な負担はかなりのものだったようです。

 しかし、パンチやキックが決まる際の爽快感、スタッフの「いいぞ!」という歓声等が、癒し系美女の内なる加虐性を少なからず刺激したのは間違いなさそうでした。

 さて、この番組を観て、どんなに優しくておとなしそうな女性でも内面に暴力的な衝動が、どす黒く渦巻いている事が分かりました。 いや、マゾヒスト男性なら、それくらい嫌というほど承知していますね(笑

 僕の印象では、番組はあくまでテレビ放映を意識した内容で、過激さをかなり抑えていた様な感じを受けました。

 以前観たぼこビデオの映像は、どれもがもっと凄惨な修羅場でしたから。 ただ撮影の現場では、意外と和気あいあいと進行しているものかもしれません。

 僕は、格闘系はあまりやったことがありませんが、女性の内面に潜む過激で暴力的な部分には惹かれるところがある。 ただし若い女性のオラオラ系の言葉使いが苦手なので、それが出ると冷めてしまうんですね。

 でも、ご主人様に優しい言葉責めで追い込まれながらだったらいけるかも!

 「ご主人様、格闘系Mを開始5分で屠った強烈なボディブローを僕にも見舞って下さい。」

 いや、やっぱりウソですぅ( ̄▽ ̄) ウソですからね…

domina.jpg

高橋 愛さんの事

 元モーニング娘。の高橋 愛さんが来年のバレンタインデーに入籍されるとの報道がありました。

 デビュー当時からの彼女のファンだったのでちょっと複雑な心境ではありますが、僕にはご主人様がおりますのでここは素直に祝福したいと思います。

 ただしファンとは言ってもCDやDVD、写真集を買っていた程度で、コンサートに足繁く通ったわけでもなく、グッズに大金をつぎ込むようなモーオタでもありませんでした。

 福井訛りの抜けない素朴なキャラを売りにしていたデビュー時から10数年、どんどん美しい大人の女性に変貌していく過程を見させて頂けただけでも幸せでした。 

 子供の頃から宝塚に憧れ、クラッシックバレエや声楽を習っていただけあって、歌やダンス、演技にも定評があり「世界で最も美しい顔100人」にもノミネートされるほどの美貌の持ち主でもあります。 人気が低迷していたモーニング娘。を盛り上げようと、リーダーとして頑張っていた姿にもとても好感が持て素敵でした。

 さて変態畜奴mugiとしましては、彼女にS性を見出して憧れていたのかといいますと実はそうでもありません。
明るいキャラの女性だったので見ているだけで元気をもらっていた感じであります。

僕にとって、女性は性の対象と言うよりは、支配者としての存在の方が大きいので、女性アイドルにどういう思いで憧れていたのか…自分でもよくわかりません。
多分、僕の中のごくわずかに残っているノーマルな部分が、ピュアな彼女に魅かれて応援していたのでしょう。

まあ正直言いますと、アイドルグループの楽屋に忍び込んで見つかり、メンバー全員にリンチされると言う妄想を抱いたことはありましたけど(笑)


最後に愛ちゃんの写真集の中から唯一Sっぽい表情の物をご紹介致します。

aichan.jpg

あの鋭利なピンヒールで◯◯◯を◯◯◯◯されたい。
(゚O゚)\(- -;言ってることが矛盾してるだろ!!

       末長くお幸せになって下さい!

domina.jpg
プロフィール

mugi

Author:mugi
踏みつけられて、より強く丈夫に
育つムギの様でありなさいと
ご主人様が付けて下さった奴隷
名です。なんという素晴らしい
ネーミングセンス!
しかも音の響きも可愛らしい。
ビールが大好物の僕にピッタリ!
とても気に入っています(*^o^*)
馬派(苦痛)・犬派(奉仕)・豚派
(便器)全てのM性癖を持ち合わ
せたオールラウンダーな変態を
目指しています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。