FC2ブログ

オチンチンをいぢめる

 一般的には、女性にとって男性の“ペニス”“睾丸"は、愛おしい存在なのでしょうから、夫や恋人の局部を虐待するなどということは考えも及ばない事かもしれません。

しかし僕の経験からすると、女性は潜在的に男性器をいじめるのがとてもお好きなようです。

 特にS女性においては、M男の要望があれば一切躊躇することなく、とことん虐待してくれます。 クラブ所属の女王様はもとより素人のS女性であっても、あるいはM嬢であっても目を輝かせ、時間を忘れて嬉々としてやって下さいます。 歯止めをかけなければ、使い物にならなくされてしまう危険性すらあります。

 ペニスも睾丸も“攻撃には最も弱い部分”ですから男性の反応が面白いという事もあるのでしょう。
あるいは“男根至上主義への反発”とか“幼児期のペニス羨望の裏返し”とか、何か精神分析学的に解釈できる理由があるのかもしれません。

 ペニスが付いているから男性が優位だなんてことはありえません。 世のマゾヒスト男性にとっては美しき女性様の方が圧倒的に偉いのです。 僕はそれを証明するための生贄として女性の前にペニスを差し出しているのかもしれません。

ペニス責めは僕のマゾヒズムの原点であり、最も好きなプレイでもあります。

 SMクラブのメニューにもペニス責めの項目がありますが、あれは主に快楽責めを指しているような気がします。 確かに亀頭部の過剰な摩擦や刺激は度を超すと苦痛に変わるのは理解できます。 抜き地獄は間違いなく拷問と言えるでしょう。 しかし僕の場合はダイレクトに性器に苦痛を与えられた方が快感に繋がります。

これまでも女王様方にはペニスと玉に様々な責め苦を与えて頂きました。

 踏みつけ、 ヒール責め、 鞭打ち、 ビンタ、 蹴り、 雑巾絞り、 握り潰し、 爪立て、 ロウソク責め、 煙草責め、 線香責め、 直接灸、 火炙り、 洗濯バサミ、 ペンチ、 鋲付コックニッパー、 鋲付手袋、 ピンホイール、 輪ゴム打ち、 チンピン、 エアガン、 緊縛、 吊り上げ、 牽引、 マチ針、 剣山、 エアサロンパス、 タイガーバーム、 カラシ、 氷責め、 痒み責め、 低周波責めetc…

 尿道拡張去勢だけは手をつけませんでしたが、これは神様がご主人様とのお楽しみに残しておいて下さったに違いありません(笑)

 局部にあらゆる苦痛を与えて頂いたおかげで、僕は通常のSEXではほとんど快感を得ることができない身体になってしまいました。(まあ、自分から望んだ事なんですけどね^_^;)

 その原因の一つとして、ペニス自体が刺激に慣れて鈍麻してしまい、射精がとても困難になったということがあります。 そしてもうひとつの大きな原因は“禁断の快楽”を知ってしまったために“挿入"が、とてもつまらない行為の様に思えてしまった事です。

 ペニス責めは脳の芯から全身が痺れていくようなとてつもなく大きな快感を呼び起こします。 一度これにハマると抜け出すことが出来ません。 麻薬やアルコールと同様に中毒性があるのです。 ですから人生の破綻を覚悟した上でないとやってはいけません(笑)

penis_torture.jpg
 

 現在ご主人様が僕を調教する際にハマられているのが火を使ったペニス責めです。 これまでチャッカマンによる陰毛焼きや火炙り、煙草や線香による焼き入れなどをやって頂きましたが、ここ最近は艾による局部への直接灸がブームのようです。

 これは瞬間的な熱さとは違い、ジリジリと熱さが増してきてピークを迎え、さらに苦痛がしばらく持続します。 ご主人様の美しいお顔を見つめながら、この熱さに堪えている時がたまらなく気持ちいいのです。

 ご主人様は天才的な観察力で僕の粗相を見つけ出し、お仕置きという名目でタップリと時間をかけてお灸で躾けて下さいます。 

 熱くて苦しくて泣きながらお許しを乞うのですが、「すぐに許したらmugiの為にならないでしょう」と仰って、より大きな艾を捻って追加して下さるのです。
 
 ご主人様の愛情にお応えして、いい子になりたいのですが、僕もペニスのお灸が大好きなのでついつい粗相を繰り返してしまいます(笑)

 火責めの場合はどうしても火傷を負うことになりますが、生殖を担う大事な器官だからでしょうか、その目覚しい回復力には驚かされます。 大体2~3日で火ぶくれがカサブタに変化し1週間~10日位ではがれ落ちます。 
 皮膚に白く残った痕跡も大体2~3週間で綺麗に消えてしまいます。 お尻などだと痕跡が年単位で残りますので奇跡の回復力と言えるでしょう。 ご主人様のご調教は月に一回ですからいつも綺麗な状態のペニスを差し出すことができるわけです。

 ところで、僕はどちらかと言えば竿をいじめられる方が好みですが、玉の方を責められるのも嫌いではありません。 アクリル樹脂製のボールクラッシャーも購入しましたし、ハンブラーにも大変興味があります。 強くはありませんが金蹴りも好きです。

 金蹴りビデオを観ると女性の残酷さが明確に見て取れます。 これは日本女性にも外国女性にも共通して言えることです。

女性にはわからない痛みとは言え、潰れろとばかりに何度も何度も蹴り上げているのをみると戦慄を覚えます。

 急所に的確にヒットすると呼吸もできない位の激痛に襲われます。 それでも女性達は、蹲っている男性の髪をつかんで引き起こし、さらに強烈な蹴りを見舞います。 3~4人の女性が代わる代わる蹴るというパターンが多い様です。 白いブリーフが鮮血に染まった映像も観た事があります。

 集団心理も働いているのでしょうが全く容赦がありません。 男性が苦悶するのを見て、ゲラゲラと大笑いするさまは異様に感じることすらあります。

女性って本当に怖いですねー!

 それでも音を上げることなく何度も立ち上がり、股を開いて女性達の蹴りを受け続けるM男の不屈の精神力も見上げたものです。 ここまでの金蹴りは僕には到底無理ですが、彼らはきっと得も言われぬ快感に浸っているのでしょう。

 海外のFEMDOMにおいて男性器への拷問はCBT(cock and ball torture)という名称でカテゴライズされています。 文字通りペニスと玉の拷問という意味ですが、略してしまうと何とも味気ない呼び方です。 

 ドイツにはcock and ball tortureという名称のバンドが存在しますが、あちらではSMプレイのカテゴリーとして一般的にも良く知られているという事なのでしょうか?  日本でCBTなどと言ってもいま一つピンときませんね。

それとどういうわけか、海外のCBTマニアは自虐が好きな人が多いような気がします。

 ペニスへの鞭打ちローソク責めなどは甘い方で、尿道に爆竹を詰めて火をつけたり、釘を打ち付けたり、とてもハードなセルフSMです。 もっと凄いのになると自分でナイフで切り刻んでいたりとか…せっかくDOMINAやMISTRESSという素晴らしい方々の存在があるのに、もうアホかと!(笑)

 僕も未成年の頃に女性に虐められている事をイメージしながらローソクや線香の火で自虐オナニーをした事はあります。 しかし、彼らの場合は対象を女性に置いているのではなく単に苦痛だけを追い求めているような気がするのです。 これはもう僕の理解を大きく超えています。

 さて究極のペニス責めといえば、これはもう“去勢”に尽きると思います。

 僕には幼児期のトラウマが原因で去勢願望があるのですが、実際にこれをやってしまうと2度とペニス責めが楽しめなくなるというジレンマがあります。

 去勢願望に関してはまたいずれ詳しく触れたいと思いますが、当分はご主人様との妄想の中で楽しみたいと思います。

domina.jpg

はじめてのけいん

 シンガポールやイスラム圏などでは今でも鞭打ちの刑が行われています。
刑罰としての鞭打ちですから、破壊力のある棒鞭で容赦無く尻を打ちすえます。

 熟練の執行人が腰を入れてフルスウィングで打ちつける、その威力は凄まじいものです。 受刑者は一回目で失禁し、2回目で失神するそうです。 数回叩くと皮膚が裂けて白い肉が見え、尻は血まみれです。 昔は死者も出たそうですから、決して侮れない恐ろしい刑だと思います。

 海外の動画サイトで、この鞭打ちの刑を再現したような映像を観た事があります。
処刑場に引っ張ってこられた男性が、裸で鞭打ち台に張り付けられてお尻以外をスポンジ状のカバーで覆われます。 

 ミリタリーファッションの3人の女性が代わる代わる男の臀部めがけてケインを打ちつけるのですが、女性の力とはいえ、まもなく血まみれの凄惨な状態になりました。 しかも、いつまでも執拗に打たれ続け、一向に解放される様子はありません。

 プレイとはいえ、ほとんど刑罰と変わらない様な状況です。 いや、刑罰の方は多くても數十発ですからそれ以上かもしれません。 なまくら刀でなぶり殺しに合っているような感じでしょうか。

 女性は残酷で容赦がないので恐ろしいです。

ただ、こうした女性の残酷性に惹かれるのがマゾの性でもあります。

 昨年の8月26日。
奴隷契約を締結したその日、ご主人様がお楽しみにされていた、ケインの笞打ちを受けることになりました。

 これは以前、ご主人から「ケインが欲しい」とのご要望があり、僕からプレゼントさせて頂いたものです。 ご主人様にはこの日の為に、通販でのご注文とお受け取りをお願いしていました。

 このケインは“軽くてよくしなる籐を厳選して丁寧に研磨し、3度に渡って桐油を浸透させて蜜蝋ワックスで仕上げた”というこだわりの一品です。 注文から納品まで1ヶ月ほどかかりましたが、それも納得がいく素晴らしい品でした。

 ケインがご主人様のお手元に届いてから、暫くの間、僕が多忙だった為にご調教を受ける事ができませんでした。 すぐにでも試し打ちをされたかったと思いますが、入手後20日以上お待たせしてしまいました。

「この日をどれだけ首を長くして待ったと思っているの?」

ほぼ50日ぶりのご調教で、ご主人様は少々オカンムリでした。

ケインで打たれるのは僕もこの日が初めての経験でした。

 僕はM歴が長いので、ご主人様と出会う前にほとんどの調教は経験済みでした。
アナル調教など初心者の頃に苦手意識を持ってしまったものを、ご主人様に再開発して頂く事はありましたが、お互いに初体験というのは、これが初めだったので僕はとても嬉しかったのです。

 まずは床に四つん這いで軽く試し打ちをされます。 
突き出した僕のお尻をめがけて初めてケインを振り下ろされるご主人様。 ピシャッと尻を打つ音が部屋に響きます。

 一撃目で「とても軽くて打ちやすい!」とのご感想。
 
 加減して頂いたものの、打たれた方は痺れるような鋭い痛みを感じていました。

「これがケインの痛みなんだ!!」
 僕はご主人様によって新たな痛みを教えて頂いた事に感動していました。

 直前にご主人様の足元に膝まづいて奴隷契約書を読み上げていた為、自分は“ご主人様の物”であるという自覚が強く芽生えていたのです。 

奴隷に与える苦痛も快楽も全てご主人様の意のままです。

 僕は素直にご主人様のなされるがままに身を任せていました。
ご主人様はしばらく打ち心地や僕の反応を確認され、楽しまれているようなご様子でした。

ヒュッ! ピシッ!! ビュン! ビシッ!!

次第に力を込めて振り下ろされるようになり、僕の悲鳴もそれに合わせて大きくなります。

それを聞いて楽しそうにお笑いになるご主人様。 ご主人様に喜んで頂けると奴隷としても堪え甲斐があるというものです。

バシッ 会心の一撃がヒットしたその瞬間、僕のお尻の肉が変形したのだそうです。

部屋中に響き渡る笑い声。ご主人様は大喜びです。


 その日のご調教はSMの部屋を選んでいたのでベッドには両手足を拘束する枷が設置されていました。 調教の後半はベッドに移動して本格的な笞打ち調教を受けました。

うつ伏せになり、丸めた布団を下腹部に当てて自然と尻を突き出す様な形で手足を拘束されます。

 僕はOWKなどの動画を観て“流血”に憧れていたので、ご主人様に出血するまで打って欲しいとお願いしていました。

試し振りをされるヒュンヒュンと空気を切る音が恐怖心を煽ります。

 足を広げる形で拘束されているので尻の割れ目から陰嚢が覗いているはずでした。 
僕は「睾丸に当たったら悶絶しますね」と言いました。 するとご主人様は「何それ?振り?」とにこやかに仰いました。

「いえ、違いますっ!違いますっ!」僕は慌てて否定しましたが、こんなユーモラスなご主人様が大好きなのです。

cane01.jpg

 後半は、すでに全身を一本鞭で打たれていたこともあって、脳内快楽物質が大量に分泌されていた様です。 ケインで思いきり連打されても、気持ちが良くて喘ぎ声をあげてしまいました。
ご主人様も奴隷を笞で打つ快感に酔いしれていたようです。「気持ちいい!」と連発され「アドレナリンが出てる」と仰って頂けました。

結局、気が遠くなるほど打たれてもこの日は出血しませんでした。

 太ももに当たった時に一撃で皮が削ぎ取られ白い肉が見えたのが、この日一番大きなダメージでした。

「お前はお尻の皮が丈夫だからね」とご主人様。

 実際、今までも乗馬鞭でかなりひどい打ち方をされてもそれほど痕が残ることはありませんでした。他のM男を同様に打てば相当なダメージが残るのだそうです。 僕は仕事でハードなデスクワークを続けてきた結果、尻の皮が厚くなっているのかもしれません。

しかし、ケインの痛みは充分満喫しました。

ご主人様にも「ケイン、楽しかった!」「鞭より軽くて打ち続けても疲れないし、大きなダメージを与えることが出来る」と大変ご満足頂けたことが何よりも奴隷冥利に尽きます。

ケインは血液が付着することがあるので僕専用の物になっています。 ご主人様に喜んで頂くには僕が頑張らないといけません。 僕はご主人様専用の鞭奴隷になりたいのです。

ここ数回はご調教の内容が増えたこともあり、ケインに充てる時間があまり取れませんでした。 次回のご調教では、またご主人様にケインを打つ快感をご堪能頂きたく思っています。


domina.jpg

top of masochist

 先日のご調教でご主人様からTOP MASOの称号を頂きました。

 なんかTOP GUNみたいでカッケー(笑)

muchiato_01.jpg



 3年間の女王様経験を持つご主人様ですが、これまで遭遇した数多のM男の中で、僕が最もハードなマゾだという事です。 
奴隷の中のエリートであることも認定して頂きました(^o^)

 過去にも、有名なベテラン女王様に5指に入るドMだと言われた事がありますし、某クラブでは伝説のハードマゾなどとお褒めに預かる事もありました。しかし、僕にとってはご主人様にNo.1と認めて頂けたのが最高の栄誉です。

 もちろん上には上がいる事は承知しています。

 ハード女王様が多数在籍するような専門のSMクラブには苦痛系マゾがいくらでも群がってくるのでしょう。 そんなところで自分はハードMだなどと豪語しようものなら、トンデモナイ目に合わされるのはわかりきっています。 だからカウンセリングなどでM度を尋ねられると常に“中ハード”程度ですと申告してきました。

 まあ、実際もそんなところだと思います。

 僕は特別に痛みに強いわけではありません。

 美しい女性から与えて頂く苦痛だからこそ、快感に転化する事ができるのです。

 ご主人様は「いい声で鳴いて私を喜ばせてくれるのね」と感激されますが、僕は悲鳴をこらえる事はしません。

 喉が枯れるほど泣き叫ぶことがカタルシスに繋がっていると思うからです。 お陰様でご調教後は憑き物が落ちたようにスッキリとします。

 僕が初めてお会いした時、ご主人様はまだデビュー3ヶ月目の新人さんでした。 出勤日数もその時点では、おそらく20日程度だったと思われます。 

 お可愛らしい容姿に似合わず、最初から素晴らしいドSの素質をお持ちでした。 それまで一本鞭や火責めなどのハードプレイは未経験だったので、最初は戸惑われたそうですが、それでも僕は毎回執拗にプレイに取り入れて頂きました。

 ご主人様には逆調教などと言われた事もありますが、女王様はM男によって経験を積んで成長を遂げるものだと思います。 今ではどちらも大好きで得意な責めとして楽しんで頂いています。

 僕も、これまでM歴だけは長かったものの、ご主人様のご調教を受ける事でマゾとしてまだまだ伸び代がある事を確認できました。これはとても嬉しかったです。

 またご主人様によって主従関係の喜びを教えて頂いた事はとても大きいです。

 ご主人様とは相互に成長し合える、とても良い関係性を築けていると思います。

 生意気ではありますが、僕もご主人様にはTOP MISTRESSの称号を差し上げたいと思います。
 
 美貌もS性も自分が出会った200名以上の女王様の中でダントツのNo.1です。

 ご主人様にはとりあえずTOPと認めては頂きましたが、僕にはまだまだ課題が沢山残されているそうです。
 特にご主人様がお持ちの天の介性ハード鞭は、全然打ち足りていないようでご不満をお持ちです。 

 抜き地獄を羨んだり、アナル調教を要望させて頂いた所、「そんなのは腑抜けのやること」と一蹴されてしまいました(笑) 

 フェチやぬるい調教は飽き飽きしているのでしょう。 僕もご主人様のご期待にお応えできる様、これからも必死で頑張りたいと思います。

 

 ご主人様「お前をこの天の介でリアルにミンチにするのが夢なの♡ 私のトップマゾ・mugi^_−☆

 mugi「……………… T^T」



domina.jpg

リアル「芋虫」

「mugiも乱歩が好きなのね。」

「ハイッ? 」

「乱歩。私も結構好き♡


このBlogの「乱歩体験」のエントリーを読んで下さったご主人様のお言葉です。

 若い女性が、大正末期〜昭和の中期に書かれた江戸川乱歩のグロ小説がお好きだなんて、ちょっと意外でした。 しかし、よく考えると女王様のBlogのプロフには、好きな作家として谷崎潤一郎澁澤龍彦と並んで、江戸川乱歩の名が挙げられていることも珍しくなかった様な気もします。

 ご主人様も、学生時代に澁澤龍彦に興味を持たれて、お読みになっていたと伺いましたので、やはり以前からそうした素養をお持ちだったのでしょう。

 そんな乱歩の小説の話題からご主人様が、昔の思い出話を聞かせて下さいました。

 それは、ご主人様が20歳位の時のこと。
 
 当時、おつき合いをされていた彼が体調を崩し、心臓のカテーテル検査を受ける事になったのだそうです。 

 入院した彼の病室を見舞ったご主人様は、心臓に細い管を注入する為にベッドの上で一切身動きが出来ない状態にされた彼の姿を見つけました。 身体に心電図モニターなどの医療機器が取り付けられ、導尿などの処置も施されていて、自分では全く動けない状況だったそうです。

 それはまるで乱歩の芋虫を彷彿させるような哀れさがありました。 そんな気の毒な状態の彼を一目見た瞬間に、ご主人様はとても衝撃を受けて興奮されたということです。

「この子は動けないんだ! 」

 そして無性に「可愛がりたい!」という衝動に駆られたのです。 「血塗られたリカちゃん人形」の時もそうでしたが、ご主人様は、人が大怪我を負っていたり動けなかったりと、可哀想な状況に置かれている事にとても激しく萌えるということです。

 そうして動けない彼の歯を磨いてあげたり、甲斐甲斐しくお世話を焼いてあげる事でキュンキュンと胸がときめいていたのです。

 ところが、ある日いつものように病室に行くと、無事に検査を終えて医療機器から解放され、自由になった彼の姿がありました。 退院も間近の彼は、憎らしいほど元気そうで、ベッドの上でゲームなんかして遊んでいました。 これを見たご主人様はものすごいショックを受けたそうです。

ずっとあのままでいればよかったのに…

もう一度具合が悪くならないかな… そんなとても残念で寂しい気持ちになりました。

 この思いをお友達に話したところ、まるで乱歩の「芋虫」みたい…リアル芋虫だねと笑っていたそうです。 しかも何か不安がよぎったのでしょうか…「彼のことをそんな風にしちゃダメだよ」と忠告されたとか…

乱歩の「芋虫」をご存知ない方の為に少し解説しますと…


戦争で四肢を失い、無残な肉塊となって帰還した元陸軍の須永中尉。
 彼の妻時子は、聴覚や声帯までも失って不気味な芋虫と化した夫を3年間、献身的に支え介護に努めてきました。 しかしそれは表向きで、女盛りの彼女は、影で無力な夫を自由に弄び陵辱して楽しんでいたのです。 時子の秘められた残虐性は、次第にエスカレートしていきます。 やがて、意思を伝える最後の手段として残されていた夫の両眼までも傷つけてしまうのです。 罪の意識におののく時子。 ラストは、須永が持てる力を振り絞って庭を這いずって行き、古井戸に身を投げるという後味の悪い結末で終わっています。


imomushi.jpg

 乱歩の妻はこの作品を評して「いやらしい」と感想を述べ、親しい芸妓達は「ご飯が食べられなくなる」と嫌ったそうです。

 「芋虫」は反戦的な作品と捉えられ、発表直後に発禁の憂き目に合っています。

 乱歩の本音のところは分かりませんけれど、彼自身は後にイデオロギーとは全く無関係だったと語っています。

 同じような題材を扱った作品に「ジョニーは戦場に行った」がありますが、こちらは明らかに反戦小説で著者自らの脚本・監督で1971年に映画化されています。

 乱歩の陰惨なエログロとは全く趣が違いますので、比較するのもなんですが…やはり乱歩の場合は、異常性欲や変態的嗜好を描く手法の一つとして“意志を持った肉塊”という素材を扱ったに過ぎないのではないかと思います。

 “芋虫"と言えば、SMの全身拘束具にボディサックというのがあります。
 
 これで首から足まですっぽり包み込んでジッパーを上げ、さらに6本のベルトで締め上げると全く身動きの取れない“芋虫”状態になります。性器を露出させる事は可能です。

 これに耳栓をつけてアイマスクペニスギャグが付いた全頭マスクを併用すれば乱歩の"芋虫"気分が味わえますね。

 これならご主人様に少しは萌えて頂けるかもしれません。

 前回のご調教では、上半身だけラップグルグル巻にされて一本鞭で打たれました。 這いずり回ったり転がったりして鞭から逃れようと必死で暴れているうちに緩んできてしまいましたが、被虐的で情けなくて、とてもいい感じでした。

 今度ぜひ乱歩の“芋虫”をご調教に取り入れて頂きたいと思います。


さて、ご主人様はお友達から「彼のことをそんな風(芋虫)にしちゃダメだよ」と忠告されたそうですが、一体どんな人だと思われているのでしょうね…
…怖すぎます(^_^;)


domina.jpg

プロフィール

mugi

Author:mugi
踏みつけられて、より強く丈夫に
育つムギの様でありなさいと
ご主人様が付けて下さった奴隷
名です。なんという素晴らしい
ネーミングセンス!
しかも音の響きも可愛らしい。
ビールが大好物の僕にピッタリ!
とても気に入っています(*^o^*)
馬派(苦痛)・犬派(奉仕)・豚派
(便器)全てのM性癖を持ち合わ
せたオールラウンダーな変態を
目指しています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR