FC2ブログ

お印を戴く

 皇族の方々は、所有される身の周りの品々に、それぞれご自身のご徽章を付ける慣わしがあり、これをお印と呼びます。 多くは植物をデザインしたシンボルマークで、これを名前代りに持ち物に刻むのです。

 私たち下々の者も園児や小学校低学年の頃、持ち物の一つ一つに自分の名前を書き込んだ記憶があるかと思います。 当たり前の事ながら、所有物にお印や名前を入れるのは、他人の物と区別し自分の私物である事を明確にする為です。

 
 この度、僕は改めてご主人様の所有物である事を承認して頂き、身体にそのお印を戴く事となりました。 これは僕が、ご主人様に対して“生涯に渡って隷属を誓う証し”でもあります。

 身体に烙印を頂く事は、ご主人様と奴隷契約を締結した時からの念願でした。 ご主人様からはご快諾を頂いていましたが、具体的に実行に移す計画に関しては、ずっと白紙のままだったのです。

 長年、自己の被虐願望を満たす為にSMクラブに通いつめ、SMにドップリ浸かった生活を送っては来ましたが、元来エゴマゾだった僕は、正直言って自分がここまで思いつめるとは考えてもみませんでした。

 ご主人様と奴隷契約を締結してから、この一年あまりで僕のマゾヒズムはどんどん進化を遂げていったのです。 マゾヒズムを精神的疾患と定義するなら、どんどん重症化したと言ってもいいでしょう。

 それまでは、ストーリープレイを中心とした妄想的SMが主体で、現実とは明確に切り離されていました。

 しかし、この1年の間、僕は美しきドミナに身も心も支配され、隷従の喜びに魅了され、さらにリアルな主従関係を極めたいと願うようになりました。

剃毛、貞操帯、奴隷の烙印…。

 これらは多くの奴隷志願者たちが憧れてはいても、社会的な制約や様々な事情で、中々踏み出す事ができない領域です。

 逆に、いくら奴隷がそれらを望んだとしても、ドミナが受け入れて下さらなければ、独りよがりに過ぎません。

 僕が隷従のステップを着実に上がって来られたのは、全てご主人様のおかげです。

 お印を戴く覚悟が決まってからは、一日も早く実現したくて、調教の度にご主人様とお話し合いを重ねてきました。

 そして、本年の8月26日、ご主人様と奴隷契約を締結して一周年となる、その記念すべき日についに実現する運びとなったのです。

 刻印の方法は、ヤプーズマーケットのVIDEO等でお馴染みの焼印に決定しました。
 そして印面にはご主人様のご本名を刻んで頂くことになりました。
イニシャルやシンボルマークなどよりも、支配者のお名前をはっきりと刻んで頂ける方が、奴隷にとっては嬉しく、光栄でもあります。

 焼きゴテを使って身体にお名前を焼き付けて頂くという行為は、被虐的レベルとしてもMAXでしょう。 ご主人様の支配欲加虐欲も充分に満たして頂けるものと思います。

yakiin01

 「私の名前を身体に刻むなんて、完全に私物化されるね♩  お前はもう他の誰の物にもなれないわよ」とご主人様は仰います。 もちろん僕は「ご主人様以外の誰の物にもなるつもりはございません」とお誓い申し上げました。

 ヤプーズマーケットの場合は「犬」と言う一文字を押印するのが恒例で、所有者を特定する為のものではありません。 あれは、奴隷に家畜である事を認識させる為の“高度な恥辱プレイ”だと思います。

 ドミナのお名前を奴隷の身体に刻み込んだものとしては、局部周辺への刺青や胸部への焼け火箸による署名を見たことがあります。 ラ・シオラのプロデューサー、朝霧リエ女王様がどちらの方法も実践されており、その様子は北川プロの女王様VIDEOに収録されていたと思います。

 鉄の火箸をバーナーで炙っては、何度も何度も奴隷の胸部に押し付けて、お名前を刻み込んでいきます。 奴隷の悲鳴と肉を焦がす臭気。 立ち上る煙があまりにもリアルで目を背けたくなる様な映像でしたが、僕は背筋を凍らせながらも画面に釘付けにされていました。 胸部に押し付ける前に、真っ赤に焼けた火箸の先端を奴隷の髪に近づけていくリエ女王様。 一瞬で髪の先端が燃え、シュッと煙が立ち込めます。 この時の奴隷の恐怖はいかほどのものだったのでしょうか。

 以前、プライベートのS女性、四季女王様のサイトでも、奴隷のペニスに焼印を入れている映像を観た事があります。 一瞬で終わりましたが、最も敏感な男性の象徴に焼印を押すという行為には戦慄を覚えました。
ただ、男性器というのは治癒能力が高いので、苦しみの割りには焼印はあまり永くは残らなかったかもしれません。

yakiin2.jpg


「熱いんだろうなー。肉の焼ける匂いがするかなぁ…ウフッ、楽しみ〜♩」ご主人様は本当に嬉しそうです。 僕は今まで、こんなにも可愛いらしくて、無邪気なS女性に出会った事がありません。 でも、ご主人様が、その時をこんなにも楽しみにして下さっているという事は、奴隷冥利に尽きるというものです。

 映像で観た“奴隷達の絶叫”や“皮膚を焦がす焼き痕のシーン”を思い起こすと恐ろしくなりますが、その苦しみを乗り越えた先に無上の喜びが待っているのです。

 焼印はご主人様にご準備頂ける事になっていますが、ご主人様のご提案で電気ゴテを使用する事になりました。  あまりに高温だと周囲の肉も焼けてしまい、烙印が綺麗に残らない可能性があるからだそうです。  電気ゴテなら温度も安定しているので、文字が潰れにくいという利点があります。 ホテルの一室でガスバーナーを使うのも火災の危険が伴いますし、ビジュアル的には若干物足りませんが僕もその方が無難だと思います。

 さて、次に印面をローマ字、ひらがな、漢字のいずれで作るかという問題があります。
 ローマ字では文字数が少し多すぎます。 ひらがなやカタカナは単純で綺麗に刻印できそうですが、ここは、より所有者が特定される漢字にして頂きました。
文字数も画数もヤプーズの「犬」よりはるかに多いので、おそらく熱さも倍増でしょう。

 当日は動いて失敗する事がない様に四肢をガッチリと拘束し、口枷で悲鳴を封じた上でご主人様に馬乗りになって頂き、確実に烙印を押して頂きたい。 想像するだけでカウパー腺液が滲んできます。

 感染症などの危険もありますので、抗生物質を用意し、傷口のケアなどは万全を期したいと思います。

 密室で行われるドミナと奴隷の神聖なる儀式。

 いよいよ1ヶ月後に迫ってまいりました。

 カウントダウンの、始まりです

domina.jpg

ウォールステッカーの誘惑

ネットでウォールステッカーを探していたら…

こんな素敵なデザインのアイテムを見つけました。

sticker.jpg

僕には、このポーズはどうみても“奴隷に聖水を与えるドミナ”にしか見えません(@_@)

聖水拝受に不慣れだった初心者の頃、バスタブに横たわらされて、よくこうして女王様から聖水を頂いたものです。

「ほら、お口を大きく開けてしっかりと受け止めなさい。 いいこと?一滴でもこぼしたりしたら、ひどいお仕置きが待っているわよ!」

…なんてお声が聞こえてきそうです。

(本当はお口を付けて直接飲みたいですぅ…(>_<)とエゴマゾの心の声も…(笑)

このステッカーは女性のシルエットもチャーミングだし、横顔もどことなくご主人様に似ている気がする♡

ほ、欲しい!!

でも、うちは残念ながらバスタブ側が出窓になっているんだよなぁ…

それにこれを貼ったらお客さんが来てもシャワーを使わせてあげられなくなるなぁ…

ポチりたい 誘惑払う 夏の夜

domina.jpg


剃毛の恥辱感

かつて僕が思春期だった頃、全国の中高生男子を恐怖のどん底に陥れていた病がありました。 
俗に言う盲腸炎、いわゆる急性虫垂炎と言うやつです。

男子生徒A 「知っとうや?
       盲腸ん手術ばしゅる時は、若いナースにチンコん毛ばじぇんぶ剃られるんばい。

       邪魔なチンコん先ば摘まんで、隅々まで剃るったい。」

男子生徒B 「うわぁ! ?︎ そげな事ばされたらチンコば、ギンギンになってしまうったい!」

男子生徒A 「よかよか。しょしょり立った患者んチンコば、ナースのカミソリん柄でピシッち叩くんばい。

       そーしゅるっち、みるみるうちに縮んでシュンっちなるげな。」

男子生徒B 「うわあ!恐ろしかぁ!! 」

(なぜか博多っ子・笑)

 全国の中高生男子達は、「そんな辱めは受けたくない」と恐怖におののき、右下腹部が痛み出すと毎回絶望的な不安に陥りました。 その痛みがストレス等によるもので、程なくして治まるとホッと安堵の胸を撫で下ろしたものです。

 “スイカの種を飲み込むと盲腸炎を引き起こす”という俗説が信じられ、スイカを食べる時は慎重の上に慎重を重ね、小さな種も見落とすことなく取り除きました。

 “我慢していると腹膜炎を起こし重篤な症状に陥ることもある”とか“手術以外に薬で散らす方法もあるが、再発率が高い”とか、なぜか全国の中高生男子は、おバカからエリートまで盲腸炎の事に関しては、皆が詳しかったものです(笑)
 
  もし、担当のナースがとても可愛い女性だったとしたら…彼女は、はしたなく勃起させた自分を軽蔑するだろう。 万が一、処置されている間に射精してしまったりしたら…

  性欲盛んで感じやすい年頃の男子にとっては、ただただこの一点が恐ろしかったのであり、実はSMの剃毛とは、羞恥のポイントが全く異なっていました。

  本来、剃毛の恥辱というのは、いい歳をした成人男性が、子供のようにツルツルの無毛状態にされ、性器全体を不恰好に露出させられるという点にあります。

 加えて、その屈辱的な処置を美しい女性の手によって施されるという所がポイントです。 ただ、数年前まで毛も生え揃っていなかった中高生達の事ですから、毛を剃られる方にあまり抵抗がない事は、理解して頂けるでしょう。

teimouplay.jpg


 昨年の夏。 僕はご主人様の専属奴隷として認めて頂いた折に、局部の剃毛貞操帯の装着を義務付けて頂きました。 それ以来、僕は下腹部に毛を生やす事も、勝手に射精する事も許されていません。

  これらを強制される事で、奴隷はより明確な主従関係を認識します。 日常においても常にドミナの支配下に置かれているという、ハッキリとした自覚が持てる様になります。 

 また、射精管理によって、調教日に被虐的欲求のピークを合わせる事も容易になるのです。 

 一方で、ドミナの奴隷に対する支配欲も満たし、自己の所有物であるという認識を強く持って頂く事ができます。

 剃毛や貞操帯は、妻帯者である奴隷に施す事は困難ですし、独身であっても相応の覚悟がない者には出来ませんので、それが許される奴隷は、ドミナにとっても特別の存在である様です。

 僕の場合、月一回ご調教の前に、ご主人様のお手で局部とアナル周辺の毛を綺麗に剃り上げて頂く事が、恒例となっています。

  1ヶ月ぶりに貞操帯が外され、前回のご調教時に負った局部の傷の治癒具合や、陰毛の伸び具合などをチェックされます。 1ヶ月で約1センチ程度でしょうか。 ハサミを使って大まかに切った後、ローションを塗ってカミソリで仕上げていきます。

  剃毛中は、ご主人様と雑談を交わさせて頂いていますが、美しいお手に寄って辱めを受けている事を意識し始めると、次第に呼吸が荒くなり思わず声が出てしまう様になります。

  四つん這いになり、アナル周辺まで綺麗に剃り上げられた後はシャワーで流します。

  そこには、生まれたままの無様な局部をご主人様の前に晒した、惨めな畜奴の姿があります。
 
  仮面を剥がされ、飾ることを一切許されず、ありのままの醜い自分の姿を“敬愛する美しきドミナ”の前に晒させられる。

  羞恥心全開の僕のペニスの先端に嫌らしい汁が滲み始めています。
 
  こうして剃毛の儀式を終えて、奴隷にふさわしい姿になった後、ご主人様による厳しいご調教の数々を受けるのです。


  海外では、男女共に、アンダーヘアのケアは当たり前に行われます。 むしろ伸ばしていると、衛生上の問題から不潔な人と見なされ、マナー違反と捉えられてしまうのだそうです。 アンダーヘアの処理をする習慣がない日本人は、外国人から奇異な目で見られている様です。

  確かに僕も、ここ1年ほど剃毛生活を送ってきましたが、蒸れや痒みもなくとても快適です。 毛の伸び始めがチクチクして煩わしいと聞いていましたが、僕の場合は、特に問題ありませんでした。 貞操帯装着時はヒンジが陰毛を巻き込むので、剃毛とセットで行われるのが理想的だと思います。

  最近、ネットの記事で見たのですが、サッカーの香川真司選手が「アンダーヘアのケアをしている」と発言して話題になった事に触れながら、ブラジリアンワックス脱毛を紹介していました。 日本でもこの脱毛法を取り入れているメンズエステ店がオープンし、男性の注目を集めているとの事でした。

  局部に塗ったワックスの上にシートを乗せて、固まったら一気に剥がすやり方らしいのですが、体験者の話では「袋が引きちぎられんばかりの激痛で、施術後はヒリヒリ感が1日中続いた」のだそうです。 マゾヒストなら羞恥と苦痛のダブル責めで歓喜する施術法ですね!

  このお店のサイトを見ると、かなり美人のエステティシャンを揃えている様ですし、これなら剃毛に興味のないマゾの食指も動きそうです。

  ブラジリアンワックス脱毛は永久脱毛ではないのですが、繰り返し行うことで毛が細くなっていき、ボリュームも徐々に減っていくのだとか。  この記事では、ペニスが大きく見える効果もあり、脱毛なのでチクチクしない為か女性の評判も上々、今後は日本でも普及していく可能性があるかもしれないと結んでいました。

  日本でも剃毛の快適さが周知され、男性の間でオシャレとして浸透していってしまったらパイパンマゾの恥辱の快感は、どこかへ消し飛んでしまいますね。

  流行の最先端をいくおしゃれマゾ!! そんなの嫌ですぅ(>_<)

  そうならない様に、僕は日本のアンダーヘア事情は今のまま、ずっとガラパゴス状態が続く事を願っているのです。

domina.jpg




世界中の女王様に花束を!

 女王様という ご職業は、現在、性風俗産業にカテゴライズされています。 
 
 SMは性的倒錯であり、Mプレイのメニューにヌキのサービスが含まれている事からも、この分類は、ある程度は正しいと言えるかもしれません。 
 
 しかし、真性マゾヒストである僕にとって、SMクラブはソープやヘルスなどとは明らかに一線を画す、ある種聖域にも近い思いがあります。

 マゾヒズムは性嗜好異常の一種で、重度の場合は、精神医学において精神疾患と定義されています。
 そう考えるとマゾヒストにとって女王様は、心理セラピストの様な役割を担った職業と言えるのではないでしょうか。

 ご主人様から伺ったお話では、M客の大半はプレイ中には射精に至らず、ペニスに触れる事すら望まない客も多いのだそうです。 マゾヒストがSMクラブへ足を運ぶ目的は、自己の被虐願望を満たす為であって、射精は二の次なのだと思います。
 
 射精後に性欲の萎縮をもたらす賢者タイムは、マゾヒストにとっては疎ましい瞬間です。 人によっては、逝った途端、自らのM行為に対して自己嫌悪や後悔の念に陥る事すらあるのです。 

 また、たとえ短時間であったとしても、女性に冷めるという現象は、女性崇拝の理念に反しています。
 
 マゾヒスト達は、射精に至らなくてもリビドーを昇華出来ることを体感しています。 性的なエネルギーを発散する場ではあるけれど、必ずしも射精を必要とはしない。 SMクラブが、風俗業という括りに馴染まないと思う理由は、この辺りにあるのかもしれません。

2ちゃんねるのSM板を見ると、女王様に対する心ない書き込みが数多く見受けられ、とても驚かされます。
それらは侮蔑や差別に満ちていて、女性崇拝の精神のカケラもありません。
マゾ男性の書き込みとは到底信じがたい内容ですが、おそらくは比較的軽度なマゾヒストによるものだと推測します。

  僕は幼少時からマゾヒズムに目覚め、特に悩むことなく自らの性癖として受け入れてきました。 ブログのタイトルに込めた思いに偽りはありません。 

 もしも生まれ変わることがあるなら、再びマゾヒストとして生まれてきたい。 来世もまた、ご主人様と巡り合い、その支配下に置いて頂きたい。
 
 マゾヒズムは僕のアイデンティティとして確立しています。

 しかし、その性癖を他人にカミングアウトする事は生涯ないと思います。
 SMがオープンになったという風潮がありますが、マゾヒズムが本当の意味で社会的に受け入れられる可能性は、この先も皆無でしょう。
 
 身体が裂けるまで鞭打たれ、皮膚を焼かれ、女性の排泄物を食す事で性的快感を得るなど、常人が理解できる範疇をはるかに超えています。

 マゾヒズムの根幹にある自己犠牲的で献身的な思想は、美しい愛の形であるとは思いますが、社会的には差別を受け嫌忌されているのが現実です。

 この多くの迷えるマゾヒスト達を大いなる愛で救済して下さっているのが、プロの女王様がたなのではないでしょうか?
 
 社会から差別されているマゾヒストが唯一の理解者である女王様を蔑み、心無い書き込みを行う…たとえ一部のマゾヒストの仕業であったとしても、その事に大きな違和感を覚えます。

 hanataba.jpg


もし、この世に女王様という存在がなかったとしたら…そう考えると本当にゾッとします。
僕は、やり場のない被虐願望に押し潰されて、廃人になっていたかもしれません。

今の時代はドMなどと言う言葉が浸透していますが、一般の女性が、真性マゾヒストを理解し、その全ての願望を受け入れるのはとても困難な事です。

今はベテランとして活躍されている女王様方も、新人だった頃はマゾヒストの百種百様の変態願望や、その心の闇に衝撃を受けた事と思います。 

軽い気持ちで業界に飛び込んだとしても、適性が無ければ長く続けられるお仕事ではありません。 女王様が楽な仕事だと勘違いしている人も多いですが、精神疾患とまでみなされる変態の相手が楽なはずはありません。 変態を理解し、長く従事して頂ける女王様はマゾヒストにとって、とても貴重で大切な存在です。


 天野哲夫氏は「ある異端者の随想録」の中で“女子寮に侵入したコソ泥が、若い女性達から散々暴行を受けた挙句、警察に引き渡された”という新聞記事を紹介していました。 
 天野氏は、コソ泥が、金目の物など一切無いと思われる女子寮に侵入した真の目的は、若い女性に捕えられる事ではなかったのかと推測しています。
 
 また、ノゾキ目的で汲み取り式トイレの便槽に忍び込んだ男の話にも触れていました。 しかし、これも真の目的はノゾキではなく、女性の糞尿を浴びるためではなかったかというのが氏の見解です。

 確かに変態願望を受け入れてくれる場所がなかった時代には、マゾヒストフェチストが、こうした犯罪に走るケースも少なくなかったのではないかと思われます。

  抑えきれなくなった衝動は、いつかは爆発するものです。

 M男の多種多様の性癖を全て受け止めて下さる女王様がたは、心の広い慈愛に満ちた女性達だと思います。
自己の変態願望を臆面もなく吐露できるのは、相手がプロフェッショナルの女王様だからこそです。

僕は、世界中の女王様の存在に心から感謝しています。

 そして多くの真性マゾヒスト達は、同様の思いを抱いていると信じます。
 僕らの心を救う事が出来るのは、敬愛し、お慕いし、お仕えする女王様しかいないのです。

世界中の女王様を職業とされている女性達に心から感謝を込めて、花束を捧げたいと思います。

domina.jpg





ブログ再開のお知らせ

 ブログを再開します。
多忙な事もあり、中々更新も出来ないとは思いますが、マイペースで続けていこうと思います。

 昨年の夏、ご主人様の専属奴隷として認めて頂いた直後から「ご主人様のご調教によって奴隷として成長を遂げていく自分の姿を記録しておきたい」、「多くのMの方にご主人様の魅力をお伝えしたい」、そんな思いを強く抱く様になりました。

 そして昨年末から、このブログを書き始めました。 当初は来訪される方もほとんどなく、ご主人様に宛てた私信の様なつもりで書いていました。 ところが、来訪される方が少しずつ増えてきて、嬉しく思う反面、困った問題も起きてきました。

 ご主人様は、今も業界でお仕事をされている現役の女王様です。 記事の内容によっては、最愛のご主人様にご迷惑をおかけしてしまう可能性が、出てきてしまったのです。 ご主人様のお仕事に支障が出ることは、絶対にあってはなりません。

 実際に僕のBlogが原因でご迷惑をおかけしそうになった為に、何度か非公開に設定しました。
悩んだ末に閉鎖する事も考えましたが、このBlogは今では僕の生き甲斐の一つなっている為、内容をシフトして続けさせて頂こうと思います。

 過去記事は一部を除いて当分の間、封印します。 また、今後、更新する記事も内容によっては非公開とさせて頂きます。
これらに関しては、僕自身の調教の備忘録とご主人様への私信という扱いです。
調教日記などは時間が経ってからでは、記憶が曖昧になってしまうので、リアルタイムで書き綴っていこうと思います。

 こうして書き溜めたものは、いずれご主人様が現役の女王様をご引退された時に、過去記事と合わせて公開させて頂きたいと思っています。

 これらの事をご理解いただいた上で、今後も拙Blogをお楽しみ頂ければ幸いです。
プロフィール

mugi

Author:mugi
踏みつけられて、より強く丈夫に
育つムギの様でありなさいと
ご主人様が付けて下さった奴隷
名です。なんという素晴らしい
ネーミングセンス!
しかも音の響きも可愛らしい。
ビールが大好物の僕にピッタリ!
とても気に入っています(*^o^*)
馬派(苦痛)・犬派(奉仕)・豚派
(便器)全てのM性癖を持ち合わ
せたオールラウンダーな変態を
目指しています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR