FC2ブログ

本当はフェチなお伽話

 「蛤(はまぐり)女房」と言う昔話をご存知でしょうか?

 「鶴女房」のパロディかと思えるほどその内容は酷似していますが、主に西南日本で昔から語り伝えらているお伽話の一編です。

 「鶴の恩返し」「浦島太郎」などと同様、民話では「禁室型」と呼ばれるカテゴリーに属するもので“課せられたタブーを犯してしまったが為に悲劇的な結末を迎える”という内容のお話です。

 人間以外のものが美しい娘の姿となって、恩返しに現れるという「異類婚姻譚」と呼ばれるストーリーも昔話ではお馴染みのスタイルですね。


 昔むかし、海辺の貧しい漁村に茂吉という若い漁師が住んでいました。

 ある日茂吉は漁に出て、たいそう大きな蛤を捕らえましたが、貝柱が傷ついていた事を可哀想に思い海に逃がしてやることにしました。

 すると、しばらくして茂吉のもとにお浜と言う美しい娘が現れ「自分と結婚して欲しい」と懇願します。 茂吉は喜んでお浜の申し出を受け入れ、二人の幸せな結婚生活が始まりました。

 お浜はこの世の者とは思えないほどの美貌を持ち、気立てもよく茂吉にとても尽くしてくれました。 料理の腕前も素晴らしく、特に朝飯の時に出される味噌汁絶品でした。

 この味噌汁があまりにも美味なので、茂吉はお浜にその出汁や作り方を尋ねます。 しかし彼女はそれには答えず、自分が料理を作る所は決して見ない様、茂吉に約束をさせたのでした。

 しかしどうしても気になった茂吉は、禁じられていたにも関わらず、ある日お浜が味噌汁を作っている過程を覗き見てしまいます。

 するとあろうことかお浜は味噌汁の鍋に向かって放尿しているではありませんか!

 なんと、極上の味噌汁はお浜の小水で味付けされていたのです。

 これを見た茂吉は激怒し、お浜を怒鳴りつけて家から追い出してしまいました。

 お浜はしばらくの間、海辺で泣きじゃくっていましたが、やがて大きな蛤にその姿を変えて海へと帰って行きました。

 後に茂吉はこの事をとても後悔し、お浜の面影を想い 涙しますが、彼女が戻って来ることは二度となかったという事です。


hamaguri.jpg

 男尊女卑で封建的な思想が色濃く残っていたであろう時代に、女性に関するこんなフェティッシュなエピソードが語られていたというのも面白いですね。
また、そんな時代ゆえに茂吉がお浜に抱いた怒りも相当なものであっただろう事も推察できます。

 マゾヒストにとっては美しい女性の排泄物唾液等の分泌物は崇拝の対象ですから、茂吉がM男であったならこうした悲劇は起こらなかった訳です。

 何しろ、女性の咀嚼物に聖水をかけた物や、黄金をトッピングした物至上のメニューとされるのが、マゾヒストの価値観なのです。

 僕もこれらのご馳走をご主人様から頂く事がありますが、その際は床にしっかりと頭を擦り付けてお礼を申し上げてから、四つん這いになって口だけを使って頂きます。

 茂吉は最終的にお浜を追い出した事をとても後悔するのですが、なんとも残念な話ですね。

 実はこの話には、子供に語る際に脚色されたと思われる別のバージョンが存在していて、そちらではお浜が鍋に身を浸したお湯で味噌汁を作った事になっています。
 
 しかしこれでは、たとえノーマル潔癖症な夫であったとしても、彼を激昂させる程の仕打ちではない様に思えます。 現代の子供達に語り聴かせた場合に、今ひとつ説得力に欠ける内容に改変されていると思うのは、単に僕が重度のフェチだからでしょうか?

 かつて宮沢りえが全盛期の頃、ドラマのNGシーンばかりを集めた番組で紹介された楽屋裏での一コマを思い出します。

 入浴シーンの撮影後にバスタブに浸かりながら、彼女は近づいてきた男性ADに向かって笑顔で「あとでこのお湯を飲むんでしょ?」と発言したのです。 男のフェティッシュな願望を女性は全てお見通しなのですね。

前回、ご主人様にご調教頂いた時の事です。
ご主人様はホテルのお部屋に入られるなり、お湯を張った洗面器ボディタオルを用意され、僕におみ足を洗う様にお命じになられました。

 猛暑で汗ばんだおみ足がとても不快だったのだと思います。

 僕は跪き、ご主人様の両の足裏や指の股など隅々まで丁寧に洗浄させて頂くという光栄に浴しました。

 そして洗浄を終えるとご主人様から「いいわよ、お飲みなさい」と一言。とても嬉しいご褒美を賜りました。

 僕はご主人様のおみ足の汗や皮脂が溶け込み、細かい砂粒等が沈殿している洗面器一杯のお湯を有難く全て飲み干させて頂きました。 こうした事に陶酔するのが、マゾヒストです。

美しき女性の全身を巡った朝一番の濃厚な聖水。 その貴重な原材料で作られた味噌汁が極上の味わいであったと語られている事実。 そしてご存知の通り、アワビなどの貝類はその形状から女性器の象徴として扱われる事が多い海産物です。 特に蛤は隙間なく重なる貝殻のイメージから「処女性」や「純潔」を表しているのだそうです。  女性との約束を破り、真実を覗き見た為に全てを失う事になった男の愚かさ。 禁忌を犯さず女性の全てを受容していれば男は幸せな一生を送れた筈でした。

僕にはこの「蛤女房」マゾヒズムを推奨している教訓話の様に聞こえるのですが、この解釈は間違っていますでしょうか?(笑

domina.jpg

トップとボトムの理想の関係

 
 「私達がもし出会っていなかったとしたら、今頃はお互いどうやって生きていたんだろう…」

 ベッドの上で、横たわった僕の鞭痕を観察しながら、ご主人様がポツリと呟かれました。

「意外と普通に生活していたのかなぁ。 私はぬるいSMで満足して…」

 その時、僕は言葉を飲み込んでいたけれど… “もしこの出会いが無かったら、今頃自分はメンタル面で通院する様な事になっていたかもしれないなぁ”と考えていました。

 ご主人様は、SMに関して仰られたのだと思いますが、それ以前にご主人様と出会った頃の僕は、精神面、体調面、仕事面、人間関係、生活環境の著しい変化等々…色々な意味でどん底でした。

 SMのブランクに入っていた5年間は、僕の人生で最も低迷していた時期だったと思います。
元来、おおらかな性格でメンタルは強い方だと思いますが、それでも当時はかなり参っていました。

 僕はご主人様と出会い、ご主人様を崇拝し、ご主人様の奴隷として歩み始めることで新たに生きる希望を見出したのです。

 だから、この出会いにはとても感謝しています。

 僕が想像していた通り、ご主人様はとても素晴らしい女性でした。
奴隷として残りの人生を捧げても悔いはないと思わせて頂ける、僕にとっては完璧なドミナです。

 主従関係に興味を持てなかった僕に、初めて女性に隷従する喜びを教えて下さいました。

 それまでSMクラブでのストーリープレイだけで満足していた僕は、ずっとSMの本質を知らずに生きてきたのです。

 ご主人様が“ぬるいSMで満足していた”のだとしたら、僕は相変わらず“上辺だけのSMで満足していた”のだろうと思います。

 いや、そもそもご主人様にお会いしていなければ、SMに復帰していたかどうかすら疑わしい…

femdom.jpg


 「私達、もうどちらも一人では生きていけないね。」
 
 前回のご調教で、ご主人様は僕に微笑みかけながら、こんな事を仰られました。
僕は思わず「本当ですか!?」と聞き返してしまいました。

 もちろん、僕にとってご主人様はかけがえのない存在であり、僕はご主人様がいなければ生きていけない畜奴です。 でも、ご主人様からそんなお言葉を頂けるなんて思ってもみませんでした。
何気無く仰った一言だろうとは思いますが、僕は涙が出そうなくらい嬉しかった。

 ご主人様が、こんな自分を必要としてくれている…

 僕自身は最近特に、ご主人様のSの感性と僕のMの感性が、ピッタリとはまっているという事を強く感じていました。 進化したご主人様のS性を受け止められるMは自分以外にはいない。 そんな自負もありました。

 「一本鞭を振り切るようになってからは、バラ鞭では全然 物足りなくてつまらない。」
 「身体に直接火を押し当てていると、ローソク程度じゃ本気で熱がっているように思えなくなった。」

他のM男性とのプレイと比較されて、そんな感想を漏らされる様になりました。

 しばしば“ヌルい”という表現をお使いになられ、急激にハード嗜好に傾倒されている様に感じられました。

 僕との出会いでご主人様のS性大きく開花されたという事はあるかもしれません。 しかし、最初にお会いした時、すでにその片鱗は見えていました。 だからこそ、僕は初対面でご主人様の虜になったのです。

 ご主人様は、最初の出会いから、僕が完成形のハードマゾだったと思われていた様ですが、それは違います。 ご主人様と出会うまでは、ハードに踏み込めず、入り口辺りでウロウロしていたヘタレマゾでした。

 マゾヒストがどんどん深みにはまっていくのは、敬愛する美しき支配者の存在があるからです。
 
 僕はご主人様がお相手でなければ、肌を切り裂くほど厳しい鞭には耐えられませんし、もちろん身体に焼印を頂きたいという思いも起こらなかったと思います。

 そんな事をお話しすると「じゃあ相乗効果だね」と笑って仰います。

 無邪気で屈託無く、裏表のない性格で、おそらく実社会でも人からとても好かれるタイプの女性なんだろうなぁと思いながら、僕はその優しげな笑顔に見惚れていました。

femdom02.jpg


 何より、ご主人様に必要とされている存在でいられる事が奴隷としてとても嬉しい。

 トップとボトムの相性はとても良好で、お互いに成長しあえる理想の関係を築けているのではないかと思っています。

 僕は調教の内容に関して、パートナーに全権を委ねるのは初めての経験でした。
“今はご主人様の色に染められたい”とひたすら願っているのですから、エゴマゾだった僕も随分と成長を遂げたものです。

 ご主人様は厳しい鞭打ちで僕が泣き喚いていると、本当にコロコロと楽しそうに笑われます。

 「人が苦しんでいるのってなんでこんなに楽しいんだろう!」
 
 「それもよく知らない人じゃダメ。好きな人が辛そうにしている方が断然萌える!!」

(えっ!?好きな人?…ポアァ…♡(*゚▽゚*)♡←勘違い畜奴

 (この方になら責め殺されてもいい♡)

 大好きなご主人様にもっともっと喜んで頂きたくて、マゾは歯を食いしばって必死に頑張るのです。

 早いものでもうすぐ奴隷契約一周年を迎えます。

 次回の調教では身体にご主人様のお印を刻んで頂き、引き返すことのない専属奴隷への道を歩み始める事になります。

 人生のどん底から救い上げて頂き、一気に高みへと上昇するのですから、絶対に後悔することはありません。

 本日は、ご主人様と初めてお目にかかってから、ちょうど3年目の記念すべき日です。

ちょっとセンチメンタルなマゾヒストmugiでした。


お印を頂くまであと21日

domina.jpg

格闘系マニアの情熱

 テレビ東京の深夜番組「給与明細2」で、格闘系Mの“クラブQ”が取り上げられていました。

 「給与明細2」は、テリー伊藤氏の企画による深夜バラエティで、世間的にはあまり知られていない個性的な職業に、グラビアアイドルを調査員として派遣し、その仕事内容や体を張って稼いだ“給与明細”を公開するというものです。

 今回は“クラブQ”製作のオリジナルDVDに出演する“ぶっとばしモデル”にスポットを当て、2週に渡って紹介していました。

 男性をぶっ飛ばして日給十万円。

 このマニアックで怪しげなバイトにチャレンジしたのは、グラビアアイドルの“川奈ゆう”さん30歳。
なんとなくおっとりした雰囲気で、攻撃的な所は全く感じられない。優しげな顔立ちの癒し系美人です。

kawana.jpg

 ご存知の通り、クラブQの格闘系DVDは、女性たちが本気で男を殺しにかかってくるマジもんです。 男は一切手出しする事はできず、ただひたすら女性の攻撃に耐えるのみ。

 女性の攻撃力VS男性の耐久力。

 以前DVDを何本か観た事がありますが、僕なんかがたとえ本気で対戦したとしても到底歯が立ちそうにない、若くて強靭な肉体と有り余る体力を持った女性達真剣勝負を挑んでくる作品です。

 この「本気で男ボコします」シリーズは現在までに218巻も出ている人気作なのです。

 “クラブQ”では男優さんにもきちんと相応のギャラを支払っている様です。
男優は交通費が出ればまだマシ、ノーギャラが当たり前のMビデオの世界にあって、よりよい作品を作りたいと願うスタッフの熱意が伝わってきます。 ギャラが出るという事は、男優にもしっかりと仕事をこなさなければならないというプレッシャーがかかります。

 この“女と男”の真剣勝負の世界で、果たしてこの癒し系美女がどこまで通用するのだろうか?

 しかし考えてみたら、僕のご主人様も一見癒し系女子ではあるけれど、毎回の調教時には、冷酷残忍、無慈悲な本気の責めで、僕をヒーヒー泣かせて下さいます(*^o^*)  これは、ちょと期待できるかも…

 ギャップ萌えの僕は興味津々で番組を観ていました。

 不安げな表情で“クラブQ”の事務所へと面接に向かう調査員・川奈ゆう。 格闘経験ありと言う40代男性の担当者が出迎えます。

 彼女は応対した担当者の話に、真剣に聞き入っている様子。

 ビンタ、蹴り、踏みつけ、噛みつき、絞め技…あらゆる攻撃でひたすら男をぶっとばす。

 「男優の限界を超えるところまでやる」、「1番のポリシーはどこまで本気で出来るかという事」、「大げさに言えば殺す位のつもりで…」担当者の作品に対する熱い思いが語られます。

 そして面接をクリアし、いよいよ撮影体験。
 
 撮影現場は、部屋いっぱいにリングが設置されていて他には何もない空間です。
担当者に促され早速、リング上でミット打ちを試してみる調査員・川奈。 これが意外にもいい感じで決まり、結構いけそうな雰囲気です。

 続けて男性スタッフを相手に実践練習へと移ります。 ところが相手が生身の人間だと遠慮が出てしまい、途端に勢いがなくなってしまいました。 まあ、普通はこんなものでしょう。

 そこで待機していた女性スタッフが、蹴りのお手本を披露。 ビシバシとボディに強烈な蹴りの連打を見舞われ、蹲ってしまう男性スタッフ。

 断然、迫力が違う…

 続けてビンタの練習。 調査員・川奈も健闘はしたものの、やはり躊躇なく引っ叩く女性スタッフの迫力には及びません。

 ここで番組は翌週へと続く。

 余談ですが、僕のご主人様が撃ち抜く本気ビンタは、僕が経験した中では、最強でした。 口中を切って大出血したり、脳震盪を起こしかけたり、鼓膜が破れそうになったり…  ついには飛蚊症になってしまい、僕とのプレイでは、ビンタは封印して頂きました。

 他にも多数のビンタ志願者に甚大な被害が出ている模様です(笑)

 先日のご調教で頂いたペニスビンタはかなり手加減して頂いたにもかかわらず、蛇腹のようにボコボコに腫れ上がってしまいました。 そこにとどめのお灸無制限ですT_T

 最後は「キャ〜ッ!ボロボロ〜ww♩」とはしゃいでいらっしゃいました( ̄▽ ̄)

 
 さて、翌週の放映では女性スタッフの見本を参考に、冒頭から重めのビンタを食らわせる調査員・川奈ゆう。

 いよいよ撮影本番を迎え、マスクを付けた男優さんのお出ましとなりました。 リハーサルでの蹴りが見事に決まり、ついつい謝ってしまう調査員・川奈。 すぐさま担当者の叱責が飛びます。

 「絶対に謝るな、マニアの世界では暴力こそが愛!!謝ったら男優にも失礼だ」
 中々深いお言葉です。


kakutoum.jpg


 これをきっかけに、動きにぎこちなさは残るものの、彼女も徐々に思い切ったキックやビンタを見舞い始めます。 だんだん乗ってきたところで、ついには馬乗りで連続ビンタを食らわせる事になりました。
担当者からは合間に言葉責めを入れていくように指示が入ります。

 笑ったのは、「こいつ昼に牛丼の特盛を食ってるんで、それを吐き出させましょう」と言う担当者の一言です。

 腹にかかと落とし、飛び乗り、みぞおちキックと続き、「牛丼吐けよ!!」の初言葉責め。

 男優は結構苦しみもがいています。 しかし、ここまではまだリハーサル。

 いよいよこの後、本番に突入です。

 休憩時には男優にもインタビュー。 この世界に魅せられたきっかけは、なんと子供の頃の戦隊ヒーロー物だったそうです。 女性戦闘員モモレンジャーの蹴りを受けてみたい!

 勧善懲悪の健全な子供向け特撮番組が、彼の変態の扉をこじ開けたのです。

 さて本番では、男優が耐えきれずにタップするまで追い詰める事になりました。 全ては主演女優のアドリブで決まるようです。

 いざ本番が始まると中々の責めで魅せてくれる調査員・川奈。
これまで出てこなかった言葉責めも交えてどんどんエスカレートしていきます。 無我夢中で責め続け、男優のギブアップの声も耳に入らないようでした。

 最後は絞め技でフィニッシュ。開始から15分、撮影は終了しました。

 「予想以上にいい物が撮れた」とのスタッフのお褒めの言葉と共に給料が手渡されます。

 撮影後、彼女は「殴って申し訳ないなという気持ちと男をいじめて楽しいかも…という複雑な気持ちが交錯していた」と感想をもらしていました。

 10万円の給料は結構な高額ではありますが、本来Sではない女性にとって人を殴ると言う精神的な負担はかなりのものだったようです。

 しかし、パンチやキックが決まる際の爽快感、スタッフの「いいぞ!」という歓声等が、癒し系美女の内なる加虐性を少なからず刺激したのは間違いなさそうでした。

 さて、この番組を観て、どんなに優しくておとなしそうな女性でも内面に暴力的な衝動が、どす黒く渦巻いている事が分かりました。 いや、マゾヒスト男性なら、それくらい嫌というほど承知していますね(笑

 僕の印象では、番組はあくまでテレビ放映を意識した内容で、過激さをかなり抑えていた様な感じを受けました。

 以前観たぼこビデオの映像は、どれもがもっと凄惨な修羅場でしたから。 ただ撮影の現場では、意外と和気あいあいと進行しているものかもしれません。

 僕は、格闘系はあまりやったことがありませんが、女性の内面に潜む過激で暴力的な部分には惹かれるところがある。 ただし若い女性のオラオラ系の言葉使いが苦手なので、それが出ると冷めてしまうんですね。

 でも、ご主人様に優しい言葉責めで追い込まれながらだったらいけるかも!

 「ご主人様、格闘系Mを開始5分で屠った強烈なボディブローを僕にも見舞って下さい。」

 いや、やっぱりウソですぅ( ̄▽ ̄) ウソですからね…

domina.jpg
プロフィール

mugi

Author:mugi
踏みつけられて、より強く丈夫に
育つムギの様でありなさいと
ご主人様が付けて下さった奴隷
名です。なんという素晴らしい
ネーミングセンス!
しかも音の響きも可愛らしい。
ビールが大好物の僕にピッタリ!
とても気に入っています(*^o^*)
馬派(苦痛)・犬派(奉仕)・豚派
(便器)全てのM性癖を持ち合わ
せたオールラウンダーな変態を
目指しています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR