FC2ブログ

マゾヒスト・オナニスト

 以前、「ご主人様のお写真を拝見しながらオナニーをしていました」とご本人に打ち明けたところ、ドン引きされてしまった事があります。

 「ゥワッ!これだからオスは…(∋_∈)」

 告白をしたのは、ご主人様と奴隷契約を交わした後の事ですが、オナニーをしていたのはまだSMクラブでストーリープレイをして頂いていた頃の事です。

 プレイの際には毎回シナリオを書いて持参していましたが、ストーリーの設定を考えたり、妄想に浸りながら希望のプレイ内容をパソコンに打ち込んだりしているうちに、堪らなく興奮してきてしまう訳です。

 そういう時は膨らんだ被虐妄想を鎮める為に、パソコンに保存してあるご主人様のお写真を拝見しつつ、自分自身を慰めていました。

 プレイの予約を取ってから妄想に浸っている数日間は、僕にとって性的にかなり興奮している状態なのです。 プレイ後の余韻に浸る数日間も含めると、1回のプレイで10日以上は快楽を享受する事ができます。 当然ながらこの期間はオナニーの頻度も上がります。

 僕はノーマルな男女の性行為にはほとんど関心がないので、これまでご主人様を性的な対象として見た事は一度もありません。 オナニーのネタも幼児期から一貫して被虐的な妄想だけでした。

妄想の中のご主人様は、より残酷で無慈悲美貌の仕置き人です。
僕は実際にはセックスに関心が薄いにもかかわらず、妄想の中では常に凶悪な性犯罪者という設定でした。

 (女の子にワルさをする→チンコにお仕置き)という園児の頃に植え付けられたトラウマが影響しているものと思われますが、女性によるCBT(男性器拷問)が主体の復讐譚が好みなのです。


 ご主人様扮する女性仕置き人は、鎖鞭で僕の身体をズタズタに引き裂き、尿道に真っ赤に焼けた火箸を突っ込みます。 怪鳥の様な悲鳴を上げ、口から泡を吹いてガクガクと痙攣する僕を見て楽しそうに笑う美貌の仕置人。

 女性に悪逆非道の限りを尽くした男が、泣きながら命乞いをしても、仕置き人の嗜虐心を煽るだけです。 彼女は刃物を取り出して躊躇なく僕の男の象徴を削ぎ落とします。 僕は苦痛にのたうち回りながら絶命するという懲悪的内容でした。

 SMクラブでのストーリープレイもこうした妄想がベースになっていますが、実際にはそこまでエキサイティングな事はできませんので、鎖鞭が革鞭に、焼け火箸が線香にと拷問の規模が若干縮小されます(笑)

 ただ、ご主人様の迫真の演技には毎回魅き込まれました。 よどみなく発せられるアドリブのセリフも、時折見せる憑かれた様な厳しい眼差しも、僕のマゾ心を捉えて放しませんでした。 
 ペニスの根元にカッターの刃をあてられた時は、悲鳴とも歓喜ともつかない声をあげて泣き狂ってしまいました。

オナニーはイマジネーションが命です。
 イメージの力があれば絶世の美女の支配下に置かれ、どんな厳しい責め苦を受ける事も可能です。

 ご主人様とのプレイでは、そのイマジネーションを凌駕したSMワールドが実際に繰り広げられるのですから夢中にならないわけがありません。 長年クラブの女王様を渡り歩いていた僕にとって、稀有の出会いであったわけです。

onanie01.jpg


 幼少時よりオナニストだった僕ですが、思春期に女性との初体験を済ませた後もそれは変わりませんでした。 いや、むしろ性交に対する落胆が大きかった分、妄想に耽る時間も、オナニーの回数も増えていったと思います。

 過度のオナニーは遅漏膣内射精不能症に陥るケースが多いそうですが、僕の場合もまさにそれでした。 しかも肉体的な刺激に慣れてしまったことに加え、マゾヒズムが刺激されないと興奮しないのですから厄介です。

 ご主人様にはドン引きされてしまいましたが、ノーマルなオナニーとは違い、対象であるご主人様と性的に絡む要素が一切なかったという事が僕にとっての免罪符でした。

 僕はマゾ男性というのは、誰しもが被虐的なイマジネーションを膨らませて自慰をするものだと疑っていませんでした。 しかし、必ずしもそうとばかりは限らないのかもしれません。

 例えば主従関係にある場合、奴隷が支配者を性的に侵すという事は、たとえオナニー上の妄想だとしてもあってはならない事だと思うのです。

 しかしマゾヒストにも軽度から重度まであり、その性癖も多様ですから、もしかしたら逆レイプという様な形で、支配者との性的な結びつきをイメージしながら果てるM男もいるかもしれません。

 海外のfemdom動画を観ていると、ドミナの側から奴隷を相手にオーラルセックスコイツスを行っているケースをよく見かけます。 

日本でもソフトなマゾ物AVでは最後にドミナとM男が絡んで終わる物が結構あります。  いや、むしろ本格的なマゾ物よりも そちらのパターンの方が圧倒的に多いかもしれません。 これらは一般のAVに若干のM的要素を取り入れただけの物であり、出演されているのも真のドミナではなく、AV女優が演じているケースがほとんどだと思われます。

僕はこういう展開は好きではないので、その場で観るのを止めてしまうのですが、これらには奴隷を性具性奴隷として扱うという発想があるのかも知れません。

それはそれでマゾヒズムには違いないのでしょうが、僕はドミナが奴隷と肉体的に繋がってしまう事にどうしても抵抗を感じます。 せめて、舌奉仕ディルド顔騎程度にとどめておいて欲しい。

以前は、個室ビデオDVD鑑賞店などでMビデオやDVDを鑑賞しながらオナニーに耽った事もありましたが、ご主人と出会ってからはそういう場所へ足を運ぶこともなくなりました。

 ご主人様のお写真でオナニーをしていた当時は、僕とご主人様はまだ主従関係にはありませんでした。 現在なら支配者への冒涜や不敬にあたるのかもしれません。

 ただ、僕はご主人様の女性的な魅力美貌に惹かれ、その美しさゆえに崇拝し、隷従しています。 ですからオナニーをする場合でも その対象がご主人様以外の女性に向く事はあってはならないと思うのです。

onanie2.jpg


 昨年、僕は奴隷契約の締結と同時に貞操帯を装着し、ご主人様に射精管理をして頂く事になりました。

この日から僕は依存症のように行っていたオナニーを禁じられてしまったのです。

 “ご主人様のお写真でオナニーをした罰”を受けているのだと思うととても興奮しますが、実際は日常的にご主人様による支配下に置かれる事が目的です。

 ご主人様の許可なくペニスに触れれば亀頭の串刺し刑に処せられる事になっています。 これはご主人様が決められた奴隷への懲罰です。 最初は「健康な歯を抜歯するのはどう?」などと恐ろしい事も仰っていました(笑)

 刑務所には陰部摩擦罪というのがあり、受刑者のオナニーが発覚すると懲罰房へ入れられると聞いたことがあります。  しかし、蓄奴の場合はそんな生易しいお仕置きでは済まされません。
 ご主人様は僕が禁を破って、亀頭を縦に串刺しする日を待ち焦がれているのです。

 あれから一年以上経ちますが、ご主人様の温情で射精を許して頂いたのは6回です。

 今ではしないことが当たり前になってしまったので、あまり辛いとも思わなくなりました。
これはご主人様に精神的な去勢を施して頂いたと言えるのかもしれません。

 そもそも奴隷の分際でありながらオナニーで快楽を貪ろうとする事が間違いなのでしょう。
奴隷ならご主人様のを頂く事で“ペニスに触れることなく射精する身体”に改造される事を目指さなくてはなりません。

 ご主人様にお話しすると「本当にそうなれたら素敵だね!」と仰って下さいました。

 最近のご調教では、ご主人様の鞭打ちを頂きながら、床に大量のカウパー腺液を垂らす様になりました。 前回のご調教ではcock whippingを受けている際、先走りの飛沫が跳ねてご主人様を汚してしまい、さらに酷いお仕置きを受けました。

 以前は一本鞭の苦痛が先行し、ペニスが萎縮している事も多かったのですが、最近では、興奮状態を維持できる余裕が出てきています。

 明らかにマゾヒストとして成長を遂げている自覚もあり、いずれ本当に鞭打ちだけで絶頂に達する身体になれるかもしれないと大きな期待を抱く様になりました。

オナニーよりもはるかに大きな快楽の境地に近づいている様な気がします。


 ご主人様(ブーツの先端で畜奴のペニスを小突きながら)
「お前は奴隷の分際で、ご主人様のご尊影をこの卑しいチンポの慰み物にしたんですって?」
 mugi「あっ…あぁ…それはまだ私がお客だった遠い昔の事でございます。どうかお許しを…」
 ご主人様(乗馬鞭の先端で亀頭をペチペチ)「昔の事だからって許せる事じゃないでしょ…」
 mugi(涙目)「も、申し訳ございません」
 ご主人様「ペニス鞭200回とペニスにお灸200個、どちらのお仕置きがいいか選ばせてあげるわ。」
 mugi「い、いえどちらも…ゴニョゴニョ…」(口ごもる)
 ご主人様「えっ! ?︎ どちらも欲しいですって? よくってよ。 もぉ、お前は本当に欲張りなんだから…」(ちょっと わざとらしい呆れ顔)
 mugi「ヒイーーィ」(思わず絶望の声を漏らす)

(mugiの妄想日記より抜粋)w

domina.jpg

マゾヒズムを嗤う

 国会で、“宮沢洋一経産相の資金管理団体が、政治資金をSMバーに拠出していた問題”を追求していた民主党の菊田真紀子議員

 くだんのSMバーに対して「口にするのも汚らわしい」と発言し、「セクシャル・マイノリティに対するヘイトスピーチではないのか」とネットで散々叩かれていました。

 そして、ネット民はどこで発掘してきたのか、菊田議員が巨大な男根の御神体に乗り大はしゃぎしている様子を撮った写真を公開し、反撃に出たのです。

 「チンコに跨がった女が法案審議を妨げる。」 民主党議員のお家芸、巨大なブーメランが突き刺さったと言う訳です。

 「口にするのも汚らわしい」との発言は、性的マイノリティに対する差別だけでなく、SMバーで働いている女性達にとっては職業差別でもあります。  確かに国会議員としてはふさわしくない発言だと思いますし、口を滑らせたとはいえ、彼女のSMに対する差別意識が露骨に表れています。

 そして宮沢大臣が「私は行っていない!」と真っ先に弁明するあたり“世間のSM愛好者に対する目"がどの様なものであるのか察することができます。

 オープンになったと言われますが、今だに世間はSMに対して冷ややかな目を向けているという事です。

 一連の騒動を見ていて、当のマゾヒストである僕でさえニヤニヤと嗤ってしまった。

 SMにはどこかコミカルな一面がある様に思います。

 そしてマゾヒストはどこか悲哀に満ちた人種です。

 憧れて恋い焦がれる異性に蔑まれ、虐げられる事に喜びを感じてしまうのですから。

 マゾヒスト達が、真剣に追求している性的官能の深淵も、ノーマルな人から見れば滑稽な道化芝居の様に見えるのでしょう。

 崇拝する女性に対する純愛は、とても美しいものですが、世界の中心で「俺はマゾヒストだ!」と声高に叫ぶことは出来ない。


 友人同士の飲み会の席で、「俺ってもしかしたらチョイMかも」なんて言ったりしているのです。

 実際は激しく痛めつけられる事で性的欲求を解放するバリバリのハードMです(笑)

 終日働きづめの友人が、奥さんに給料を全て押さえられ、小遣いなしで飲み代の捻出に苦労している姿を見て「まるで奴隷の様な生活だな」と揶揄したりします。

 実際は寝ても覚めてもご主人様の事ばかり想い、焼印を頂いて歓喜している奴隷が僕です。

 夫の行動をいちいち詮索する嫉妬深い妻を持った友人に「お前が貞操帯を着ければ奥さんも安心するよ」と言って茶化したりもします。

 実際はご主人様に射精管理をして頂き、股間にガッチリと貞操帯を食い込ませているのが僕です。

 どうです?  マゾヒストの日常ってなんだかペーソスがたっぷり盛り込まれたギャグ漫画の様な趣きがありませんか?


 昔読んだ赤塚不二夫の「天才バカボンのおやじ」「死ぬほどいじめてなのだ」という、マゾヒズムをテーマに描かれた一編がありました。

「天才バカボンのおやじ」は、少年マガジン誌上で息子のバカボンを食って主役の座に着いたバカボンパパの活躍を大人向けのマンガ誌に移植した作品です。 

 大人向けということで多少エロ的な要素が盛り込まれた話も見受けられますが、決してどぎついものではありません。

 「死ぬほどいじめてなのだ」は、超絶ドMのヒゲのお巡りさんの悲哀を笑った作品でした。

 僕はこの作品が収録された文庫を成人になってから古書で入手したので、リアルタイムで読んだわけではありません。 
 
 作品が描かれたのはなんと今から半世紀近くも前の1970年頃。 おそらくSMは変態的な行為として今よりはるかに厳しい目に晒されていた時代だと思われます。

 赤塚不二夫氏は、自らもタモリと絡んでSMショーに興じるなど、マニアの一面もあったのかと思われる方もいるかもしれませんが、実はSMに潜むギャグ的な要素を感じ取って作品中に取り上げていたのだと思います。

 悪ふざけが大好きだった永遠の少年は、自らの体を張って面白い事にはなんでも挑戦していたのです。

 この加虐と被虐というマテリアルは長年、氏のブレーンを務めていた古谷三敏の出世作「ダメおやじ」に継承されていったのでしょう。

 著作権の問題もあるので全ページを掲載する事は出来ませんが、「死ぬほどいじめてなのだ」のSTORYを紹介しますと…

 交番勤務のヒゲのおまわりさんは、ハード嗜好のマゾヒストで、職務中も“誰かにいじめられたい”という思いが頭から離れません。 彼のマゾヒズムの対象は女性ではなく、誰でもいいみたいです。 このヒゲのおまわりさんは、赤塚作品ではオネエキャラとしても定着しています。

 彼は身近にいる同僚の警察官や道を尋ねに来た人に「いじめて欲しい」と頼み込みますが、気味悪がられて相手にしてもらえません。 おまわりさんの被虐願望は膨らんでいくばかりです。


p120.jpg

 ついには捕らえられた泥棒にまで駆け引きを持ちかけます。
「ぼくをしばってなぐっていじめてくれたら…」逃がしてあげるというわけです。
おまわりさんを縛った泥棒は、彼の願望を叶えることなく、何もしないで逃げて行きます。

 泥棒を見失ったおまわりさんは、悔しくて犬を蹴り飛ばし足を噛まれてしまいます。
「ヒー きもちいいーっ!!」
飼い主があわてて飛び出してきて犬を引き離しますが、平謝りの飼い主に「せっかくかんでたのに…きらいっ!!」

そこに例の同僚がやってきて…


p124.jpg
p125.jpg


 願望が実現することなく黄昏ているおまわりさん。
そしていよいよ、あのお方の登場です。


p126.jpg

  「もっともっといじめてください!!」と切望するおまわりさんに「おまわりは人をいじめるのが商売なのだ! !︎」と返すパパのセリフが秀逸過ぎます(笑)

 おまわりさん「いじめられるとゾクーッと感じちゃうの! !︎」
パパ「いい人にあったのだ。」 

 まるでご主人様と僕との運命的な出会いの様です(笑)
 
 パパのお家に誘われて、期待を膨らませてついて行くおまわりさん。
唐辛子入りのお茶や熱湯風呂の洗礼で次第にマゾヒズムがエスカレートしていきます。
作者は、刺激に慣らされてどんどんと深みにはまっていくマゾヒストの性向をよくご存知の様です。

様々なパパの責めの提案もすでに経験済みで飽きてしまっているおまわりさん。

p130.jpg

 パパ特製の特大級お灸責めで歓喜します。

p131.jpg
p132.jpg

 そして…SMがエスカレートしていった末の不幸な事故死
僕も気をつけなくてはいけません( ̄▽ ̄)

 なんとも哀しい結末です。


 実は今回Blogでこの作品を取り上げたのは、先日のご調教でご主人様からお灸責めをされている時にこのお灸のラストシーンを思い出したからです。

 ご主人様にその内容をお聞かせした所、「へぇ〜、バカボンてシュールな漫画なんだね! ?︎」と驚かれていました。 しかし僕は、ご主人様がバカボンの事をあまりよくご存知ないという事の方が驚きでした。

 でも、よく考えて見れば平成のお嬢様育ちだったご主人様が、赤塚漫画をご存じなくても無理もありません。

 確かにご本家の「天才バカボン」の方も回を重ねるごとにシュールを極めていった感じです。  2ちゃんでも度々語られている“ダルマの話”などは、もはやホラーの様相を呈しています。

 “儲かりたい病の男"が、不要と思われる身体のパーツを次々と医者に売っていき、最後はダルマになってしまう。 手がないので売ったお金を受け取ることもできないというブラックな話です。
ラストはパパに髭を描かれて、大衆食堂の店内に飾られてしまうのです。

 ご主人様にこの作品の内容に関してもお話しすると、「ダルマは私もスキー♡」と仰られ、次回の調教で全身拘束具を使ったダルマ状態でペニス拷問を受ける事になりました(笑)

 そんなご主人様は、妖怪ウォッチにはまり、リラックマを愛する可愛らしい現代女子なのであります。

 さて、社会から差別されることを恐れ、生涯、自らの性癖をカミングアウトする事はないであろう僕ではありますが、それでもなお“マゾヒストに生まれてきて本当によかった”と心から思っています。

 たとえ嗤われても「マゾほど素敵な性癖はない!」と心の内で声高に叫ぶことならできるのです。

domina.jpg
プロフィール

mugi

Author:mugi
踏みつけられて、より強く丈夫に
育つムギの様でありなさいと
ご主人様が付けて下さった奴隷
名です。なんという素晴らしい
ネーミングセンス!
しかも音の響きも可愛らしい。
ビールが大好物の僕にピッタリ!
とても気に入っています(*^o^*)
馬派(苦痛)・犬派(奉仕)・豚派
(便器)全てのM性癖を持ち合わ
せたオールラウンダーな変態を
目指しています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR