FC2ブログ

寝盗られマゾの悲哀

 二股不倫が発覚し、世間を騒がせているNHK「ニュース7」のアイドル気象予報士・岡村真美子さん。

 スクープした週刊文春の記事によると、そのお相手の一人TBS「ひるおび」の気象予報士、佐藤大介氏は実は寝盗られフェチだったのだそうです。

 佐藤氏は、岡村真美子さんともう一方の不倫相手、気象庁関係者A氏との関係を承知した上で2人のセックスを鑑賞したいと切望し、それを実行したのだそうです。 A氏の方は当初、岡村真美子さんと佐藤氏の関係を知らなかった様ですが、なぜ他人にセックスを観せる事に同意したのでしょうか…

 岡村さんは二人の既婚男性とのW不倫に加え、同時期に別の音楽教師ともホテルデートをフライデーされていたため、実際は三股ではなかったのかとの憶測を呼んでいます。

mamiko01.jpg

“最愛の女性を他の男に寝盗られる”

 最近ではアダルトゲーム等でNTRなどと略されブームになっているようですが、cuckoldは作家ザッヘル・マゾッホが好んだ三者関係であり、マゾヒズムの1カテゴリーでもあります。 本来は合意なき女性の背信にこそマゾヒズムの要素を見出すことができるわけですが、これも一種のファンタジーなのでしょう。

 ところが真実か釣りか、DNA鑑定が容易になった事も影響してか、2ちゃんねる等で妻に“托卵”された夫の告白などをよく見かけるようになりました。 某芸能人夫婦の托卵疑惑がワイドショーを賑わせたのも記憶に新しいところです。

 最近では“托卵女子”などと言うネットスラングもあるようですが、溺愛していた我が子が他人の種だと知らされた時の夫の気持ちを考えると、ファンタジーなどと言っていられない深刻さがあります。

 不貞というと一般的には嫌悪されるインモラルな行為ですが、その奔放さや男の心を虫けらの様に弄ぶ残虐性などはいかにもドミナ的で「痴人の愛」のナオミの様な女性を彷彿とさせます。

 寝盗られは、女性の裏切りからもたらされる屈辱や嫉妬などの精神的な苦痛が、マゾヒズムを刺激するのでしょうが、どちらかと言えば肉体的苦痛に傾倒している僕にとって、自らパートナーの不貞を望んで、その行為を覗き見ることで興奮するという性癖は、理解の範疇を超えています。

cuckold-1.jpg

“妻や恋人を他の男に寝盗られ、二人の奴隷に堕とされて結合部や男性への奉仕をも強要される”

 M作家・阿部譲二氏の転落シリーズにありそうなシチュエーションですが、この絶望的な屈辱的状況に堕とされてなおドミナに忠誠を誓えてこそ真のマゾヒストと言えるのかもしれません。

 しかし、僕の場合何よりSMにおいてはドミナとの2者関係を望み、同性が介入する事を受け入れられません。 5~6人の女性と集団プレイをした経験は何度かありますが、男性を含めたプレイは全く経験がありませんし、したいとも思いません。

 以前、調教時にご主人様から使い捨てビデを使用した後の洗浄水を頂いた事があります。 やや白濁した液体を口にしているとご主人様から「私が中出しされていても飲める?」と笑顔で訊かれドギマギした事を思い出します。

 まだSMクラブに通っていた頃、ご主人様から放置プレイを好む若いM男性との3Pを持ちかけられて困惑した事がありました。
 
 拘束して部屋の片隅に転がしておき、僕とのハードなプレイを鑑賞させれば彼もMに目覚めるかもしれないと期待を持たれていた様です。 これは空気の様な存在として扱われる彼の方がより屈辱的な状況であり、もしかしたらそれが彼の希望だったのかもしれません。
 
 しかし幸いにもその後、そのM男性はご主人様に見放され、3Pが実現する事はありませんでした。

 女性崇拝の裏返しでしょうか、性的な事象に関して僕はどこか男性の存在自体を嫌悪している様なところがあります。
 ノーマルなセックスにおいても他人の性行為を鑑賞したいとは思わないですし、スワップパーティーなどにも全く興味がありません。

 Mビデオを観ていても個性の強いM男は嫌いです。 M男の苦痛にゆがんだ顔や陶酔した顔を延々と観せられると不快になり興醒めします。 全頭マスクを装着して悲鳴以外の言葉はあまり発せず、個性を消してもらった方が感情移入できるのです。

 ご主人様から伺ったお話では、同様の理由からレズSM物を好むM男が多いそうですが、僕の場合はやはりドミナがM男を完膚なきまで痛めつけている構図の方が好きなので複雑です。

 寝盗られの話に戻りますと、僕も何度か過去に交際していた女性達に浮気をされた経験があります。

 ただし僕の場合は、自身のマゾヒズムの性癖が強過ぎてノーマルなセックスで女性を満足させてあげる事ができないという事もあり、相手を責める気になれませんでした。 また、隠れて頻繁にSMクラブに通っていたという負い目もあったので容認していました。

 嫉妬の感情も希薄でしたし、交際した女性にドミナ的な要素を求める事もなかったのでマゾヒズムを刺激される事もありませんでした。

 僕にとってドミナとの二者関係は日常から乖離した、他人には踏み込まれたくない絶対的聖域なのです。 ドミナとの関係も一定の距離感が不可欠で恋人の前に跪きたいと思った事は一度もありませんでした。

 さて「痴人の愛」ナオミはどちらかと言えば知性に欠ける女性として描かれていましたが、気象予報士の岡村真美子さんは才色兼備で、これまではネット民の評判も上々でした。 今回の件は、ロリ顔で一見清楚風な彼女の容姿からはとても想像できないスキャンダルです。

彼女はすでに担当の「ニュース7」を降板し、NHKの番組サイトからもプロフが消えています。 そしてお相手の佐藤大介氏もまた番組を降ろされた格好です。

耽美主義的女性崇拝者にとって“美しい女性”は何をやっても許される絶対的な存在でありますが、世間的にはそうもいきません。

特に有名人の場合は過剰なバッシングの対象になり、今後、“不貞”や“変態不倫”のイメージを払拭するのは困難でしょう。

自業自得とはいえ岡村真美子さんが、これから歩んでいくであろうハードモードな人生を憂えるばかりです。


domina.jpg
プロフィール

mugi

Author:mugi
踏みつけられて、より強く丈夫に
育つムギの様でありなさいと
ご主人様が付けて下さった奴隷
名です。なんという素晴らしい
ネーミングセンス!
しかも音の響きも可愛らしい。
ビールが大好物の僕にピッタリ!
とても気に入っています(*^o^*)
馬派(苦痛)・犬派(奉仕)・豚派
(便器)全てのM性癖を持ち合わ
せたオールラウンダーな変態を
目指しています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR