FC2ブログ

マゾヒズムの終焉

syuen.jpg

 僕の人生は、そのほとんどを自己のマゾヒズムに支配されてきました。
その歳月は幸福であり、しかし不幸でもありました。

 僕は今、同世代の男性達が当たり前に持っているものを何一つ持っていません。
育ってきた境遇も複雑でした。

  積み上げてきたものを全て失った時、僕はご主人様と巡り会いました。

 僕が非日常へと傾倒していったのは、現実があまりにも辛く苦しかったから。
現実逃避としてのSMは僕の心の拠り所でした。







だから、ご主人様の存在には本当に感謝しています。







 マゾヒズムの快楽はノーマルなSEXでは決して味わうことができない“至高の快楽”だと思っています。
ですから僕はこれまで自己の性癖に関して悩んだり苦しんだりした事はありませんでした。
親の深い愛情は知りませんが、唯一マゾヒストに生んでくれた事だけは感謝していました。

 しかし、今自分の人生を振り返ってみて、マゾヒズムによって救われてきた部分も多かったけれど、マゾヒズムによって失ってきたものも沢山ある事に気がつきました。



 僕は奴隷年は2歳ですが、もう実年齢的にはだいぶ枯れてきてしまいました。
最近「僕のマゾヒズムはこのまま性欲の減退と共に消滅していくのだろうか?」とふと考えたりします。

 
 そうだとしたら、僕のアイデンティティは一体どうなってしまうのだろう。

 
 僕は性欲が芽生えるだいぶ以前、物心がついた頃からハッキリとした形でマゾヒズムを自覚していました。 
幼児期から被虐妄想に耽りながらペニスに触れていたので、親に何度も叱られていました。
精通はなくてもエクスタシーはあるのです。

 今の僕にとって“マゾヒズム”は単なる性癖を超えて、生きる意味の全てと言ってもいいかもしれません。
ご主人様との月一回のご調教だけが、仕事を続けるモチベーションになっています。

 
 そんな僕のマゾヒズムが本当に終焉を迎える時が来るのだろうか?


 以前は全くなかったのですが、ここ最近、ご主人様との関係性について悩む事が多くなってきました。


 そして、一人でいると堪らなく寂しい思いに苛まれ涙が止まらなくなる事があります。
やはり異端者は孤独な運命なのでしょう。

 このブログには、その時々の僕の想いを正直に書き綴ってきました。
ですからタイトルを含め、その内容に嘘偽りはありません。

 ご主人様の奴隷としての生活がこれまでのM人生で最も充実している事は間違いありませんが、それはとても不安定な状況の上に成り立っている幸福だという事も事実なのです。

 でも今の僕にはそこにすがって生き続ける以外に道はありません。

 ですから、ある日突然自分の中のマゾヒズムが消滅したとしたら、逆に少しは楽になれるかもしれない…
最近ふとそんなふうに思う事があるのです。

女性への過剰な崇拝心や被虐願望、奴隷としての心の葛藤や、複雑な感情が全て消えたとしたら…新たな自己発見があるのか、それとも心にポッカリ穴が空いてしまうのか…

幼児期からずっとマゾヒストだった僕にはどちらなのかわかりません。

もしかしたら「瘋癲老人日記」の督助のように、このままマゾヒズムを墓場まで持っていくのかもしれません。


12月13日でこのブログを開設して2年が経ちます。
こんなブログでも愛読して下さっている方がいるので、少しでも長く書き続ける事ができればいいなと思っています。

 今後もどうぞよろしくお願い致します。

domina.jpg


道になりたかった男


 女性のスカートの中を覗き見る目的で側溝に潜った28歳の男が逮捕されました。

 彼には過去にも同様の逮捕歴があり「生まれ変わったら道になりたい」と供述していた事で、世間から好奇の目を向けられています。

 “生まれ変わったら道になりたい”

 
 この言葉を聞くと、なんとなく谷崎潤一郎「瘋癲老人日記」を思い起こします。

 齢77の老人督助は、息子の嫁・颯子の足を型取った仏足石を自らの墓石とする事で、死後も永遠に女性に踏まれ続けていたいと願います。

 かようにマゾヒストロマンチストなのであります。

 しかし、28歳の側溝男の場合は“女性に踏みつけられたい”というマゾヒズム的な願望ではなく“女性のスカートの中を誰にも咎められることなく心おきなく覗ける”という意味において「道になりたい」と願ったのでしょう。

 これも確かにフェティシズムには違いありませんが“女性のスカートの中を覗きたい”というノーマルな願望の比重が大半を占めているため、督助のようなロマンチシズムを感じません。

 「道になりたい」という願望には共感できますが、僕はスカートの中身よりも女性の美脚に踏み続けられることの方によりロマンを感じるのです。


road.jpg


ちなみに、僕にも“なりたいもの”は沢山あります。


 園の先生(女性) 「ムギくん、大きくなったら何になりたいの? 先生にムギくんの夢を教えてくれるかな?」

 ムギ 「うん、になりたい」

 園の先生 「え?…もっと他になりたいものがあるでしょう?…」

 ムギ 「うん」

  園の先生 「それを先生に教えて」

 ムギ 「女の子が使う椅子になりたい。 座布団になりたい。 テーブルになりたい。 灰皿になりたい。 足拭きマットになりたい。 布団になりたい。 になりたい。 大切な所を覆う薄布になりたい。 生理ナプキンになりたい。 タンポンになりたい。 ティッシュペーパーになりたい。 ビデになりたい。 靴底になりたい。 インソールになりたい。 ストッキングになりたい。 便器になりたい。 汚物入れになりたい。 痰壺になりたい。 大人のおもちゃになりたい…」

 園の先生 「……物じゃなくて人間としてなりたいものはないのかなぁ?」

 ムギ 「女の子のパシリになりたい。 貢くんになりたい。 召使いになりたい。 舐め犬になりたい。 奴隷になりたい…」

 園の先生「そう。ムギくんは一杯なりたいものがあるのね^_^」


 
 

 こうした畜化願望家具化願望はマゾヒスト男性特有のもので、M女性にはあまりないような気がします。

 “男たちの肉便器になりたい”というM女性や“ご主人様のペットになりたい”というM女性はいるかもしれませんが、それとはちょっと趣が違うと思うのです。

 僕が思うに“異性に対する憧れの度合い”がM女性よりM男性の方が圧倒的に大きいのではないでしょうか。
 
 マゾ男性は、僕のように対象の神格化にまで至るケースも珍しくありません。

 僕は、わが女神様に“快適にご使用頂ける品物”や“使える奴隷”になりたいのです。


 上記のマゾヒズムにおけるフェチ願望SMクラブに足を運べば、お好みの女王様に大抵の希望は叶えて頂けると思います。

 現代はマゾ男性にとって幸福な時代です。

 ですから、女性がたにご迷惑をおかけすることのないよう、罪を犯すことなく、健全なマゾヒズムを堪能致しましょう。


domina.jpg

femdom的結婚生活について考えてみる

 
ネット上で公開されている「亭主元気でマゾがいい!」という漫画が話題になっています。 

 この作品は“M男性と結婚して自分好みに飼いならし、快適な結婚生活を送ろう”という若い女性に向けた提言がコンセプトになっています。

 作者の六反りょうさんは、元女王様という異色の経歴を持つ女流漫画家さんです。
SMバーに勤めていた時にお店で出会ったM男性に見初められ、その後結婚。 従順なマゾ夫を日々調教しながら幸せな結婚生活を送っているのです。

 作品ではご自身の体験に基づいて、マゾ夫を持つ利点から調教(躾)のコツまで、femdom的結婚生活の理想形をコミカルなタッチで赤裸々に描いています。
teisyumazo_1.jpg

 “性の不一致”が原因で離婚に至るケースが増えている中、夫婦の性癖が合致しているのはとても幸福な事だと思います。 ほとんどのM男性が恋人や奥様に自らの性癖をカミングアウトできず、SMクラブで欲求を満たしているのが現状でしょう。

 たとえカミングアウトしたとしても、その特異な性癖が受け入れられるのは稀有な例です。 ノーマル寄りでフェティシュな願望ならまだしも、ハードな鞭打ちや便器願望まで理解してくださる女性は極々少数派ではないでしょうか。

 ですからマゾヒズムが肥大しすぎて恋愛結婚不適合者となった者にとって、コアなM性癖を受け入れてくださる女性との出会いは“奇跡的”な事と言えます。 もしそんな理想のお相手と巡り会えたのなら、すぐにでも告白して結婚に踏み切るべきかもしれません。

 しかし、僕のようにドミナ神格化に近い形で崇拝しているようなケースでは、少し事情が違ってきます。
 ドミナとの埋められない距離感こそがマゾヒズムの根底をなしていることが多いからです。
“支配者と奴隷の身分差”が大きければ大きいほど萌えるわけです。

 そうなると基本的には対等な人間関係にある“結婚”という形式は、お互いの距離が近づきすぎてしまって、崇拝の妨げになると思うのです。

 またドミナもS性癖を持っている以外、普段はごく普通の女性ですから、生活を共にすれば様々な面が見えてくると思います。 非日常的な妄想が強いマゾほど、ドミナの日常的な部分は目にしたくないという思いもあります。
悪く言えばメッキが剥がれて幻滅するというような事態も考えられるわけです。

 奴隷がドミナに幻滅するなどあってはならない事です。

 これはドミナに対して、過剰な思いを抱いている奴隷の側に問題があります。
ドミナが自然に振る舞うのは当然の事で、奴隷の偶像視に付き合って自分を作っていてはお疲れになってしまいますし、それでは主客転倒です。

 ですから僕の女性支配の理念はあくまでも一定の距離を置いた片想いが基本です。

 報われる事がなくても愛情を注ぎ続ける純愛です。 僕は“純愛マゾヒズム”に強く憧れているのだと思います。

 しかし、この作品で描かれているようにライトな主従関係を目指すなら、女王様との結婚もアリかなとも思います。 少なくともノーマルな女性と結婚して、満たされない思いを抱いて悶々と暮らすよりは幸福な人生と言えそうです。

 結婚生活における主従関係はSEXのスパイス的な意味合いとして考えるならば、十分夫婦間の潤滑油になり得るのでしょう。
 
 teisyumazo_2.jpg

 ところで、この作品タイトルに物言いをつけるわけではありませんが、マゾを一括りにしているのは少々気になります。
M男の性格も個性も多種多様だという事は注意したいところです。

 果たしてマゾ男性は女性に対して従順なのでしょうか?

 僕は、男性マゾヒズムは単なる性的嗜好であって、その人の人間性とは無関係だと考えています。
このブログをご覧頂いているマゾ男性には申し訳ありませんが、M男ほど自己本位でわがままな人種はいないのではないかとさえ思っているくらいです。

 ピンクちゃんねるのSM板やホスラブ等の掲示板に書き込まれる女王様がたに対する悪口雑言の数々。 そこには女性崇拝の精神の欠片もありません。 それらを読んでいるだけでもM男が女性に従順だなどとは到底思えないのです。


 自らの性的嗜好に固執するあまり、女性の気持ちまで思いが至らないエゴマゾたち。
 SMクラブの女王様に過剰なサービスを要求し、叶えられないと不満を爆発させるお客様マゾ
日常では女性蔑視や差別傾向が強い逆転マゾ等々。一癖も二癖もありそうな人種がM男ではないでしょうか?

 かくいう僕も自分の中に燻り続けるエゴマゾ面といまだに格闘し続けているのです。

 六反りょうさんの旦那さんは、たまたま“性格の優しい、女性に従順なマゾ”だった。 あるいは“マゾヒスト且つ女性崇拝者”だったのではないかと思います。

 ただ、この女性崇拝者というのも全ての女性を対象に崇拝しているとは限りません。
美人だけを崇拝している者もいれば、知的な女性や若い女性限定で崇拝している者もいるかもしれません。
大抵は自分が女性と認識できる範囲の中で崇拝しているのだと思いますが、それも裏返せば女性差別や女性蔑視と言えなくもありません。

従順なマゾ亭主を持ちたいと望んでも事はそう簡単ではありません。
M男は掃いて捨てるほどいますが、実際に六反さんのご亭主のような誠実なM男性を見つけるのは至難の業かもしれません。

作中では若い女性は皆、S男性の方を支持していますが、M男が不遇の時代から抜け出して
女性から愛されるようになるためには大きな意識改革が必要だと思います。

M男性の皆さん、S女性様に愛して頂けるようなるべく自我は抑えて、日々奴隷の精神で女性に尽くしましょう!

“ドミナのお喜びは奴隷の喜び!”
この精神があればS女性様とのfemdom的結婚も成就し、幸せな奴隷人生を歩めるかもしれません。


 亭主元気でマゾがいい! 〈クリックすると掲載ページに飛びます〉


domina.jpg

続きを読む

プロフィール

mugi

Author:mugi
踏みつけられて、より強く丈夫に
育つムギの様でありなさいと
ご主人様が付けて下さった奴隷
名です。なんという素晴らしい
ネーミングセンス!
しかも音の響きも可愛らしい。
ビールが大好物の僕にピッタリ!
とても気に入っています(*^o^*)
馬派(苦痛)・犬派(奉仕)・豚派
(便器)全てのM性癖を持ち合わ
せたオールラウンダーな変態を
目指しています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR