FC2ブログ

ありがとうって伝えたくて…

reikosama.jpg

 写真の女性は、うら若き頃の立花冷子女王様です。

 40代のM男性なら、そのお名前ぐらいは耳にした覚えがあるかも知れません。 あるいは50代以上のベテランM男性の方でしたら、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 日本におけるSMの黎明期を牽引してきた特殊性風俗探求サークル・美芸会
その顔として多くのM男性を魅了し、長きに渡り彼らの頭上に君臨し続けた伝説の女王様です。

 ご主人様が僕にとってマゾヒズムの終着点だとするならば、冷子女王様は僕のマゾヒズムの出発点でした。


 美芸会は1966年に大阪府寝屋川市で松田富治男会長のもと産声を上げ、その後、1971年に静岡県清水市に移転。 さらに1980年頃東京へと進出します。 西新宿の雑居ビルに本部を構え、美芸会、姉妹会の松田企画、立花プロモートなる直営の芸能プロダクションも有していました。 池袋にも事務所とプレイルームがあり、主にそちらを拠点にしていたようです。

 マスコミ効果か、この頃会員はうなぎ登りに増え、各地に支部を置いて冷子女王様や女性役員も日本全国を忙しく飛び回っていました。

bigeikai.jpg

  松田会長ご自身はS性癖を持ったかたで、美芸会はS、Mの両方の愛好者を対象にしていました。
会長とは池袋の事務所近くの喫茶店で一度お会いした事がありますが、スラリと背の高いダンディな印象の紳士でした。

 その松田会長の奥様が立花冷子女王様でした。
確か松田会長が新幹線の車中で、強烈な女王様オーラを発していた冷子女王様を見初め、会にスカウトされたのがお二人の馴れ初めだったと記憶しています。

吸い込まれるような大きく澄んだ瞳とエキゾチックなお顔立ち。 高音でよく通るソプラノボイス。
よどみなく口を突いて出る言葉責めは、素晴らしい!の一言でした。

美芸会は、清水市にあった頃から女性誌や総合週刊誌、テレビの深夜番組等で取り上げられ話題になっていました。 僕がその存在を知ったのは確か高校生の頃だったと思います。

 11PMなる深夜のお色気番組で、カルーセル麻紀が美芸会に潜入ルポを行った回を偶然観たのでした。 カルーセル麻紀は番組の前半では奴隷として冷子女王様に責められ、後半は女王様として会員のM男性を調教していました。

 美芸会はS性癖を持った人にもMの心理を理解させる為に最初の数回はMの体験をさせますので、これはその会則にのっとったものだと思います。

「どうするの?飲むの?飲まないの⁉︎」

 鞭を片手に、聖水を完飲するよう迫る冷子女王様のお声が今も耳もとで鮮やかに蘇ります。

 奴隷がやっと一人入れる位の狭くて頑丈な鉄の檻。 壁にディスプレイされたおぞましい拷問具の数々。 エロティックな黒い下着姿で笑いながら鞭を振るう美貌の女性…

 当時の僕は自分のマゾヒズムを持て余して悶々としていましたが、初めて映像でその甘美な世界に触れて、その後しばらくは興奮が収まりませんでした。

 何しろSMの情報自体が、とても少なかった時代です。 自分が長年夢想していた世界が実在していた事に感動すら覚えました。
そしてその後 自慰の時に思い描く光景は、あの拷問部屋で来る日も来る日も美しい女性達に肉体を責め苛まれ、歓喜の悲鳴をあげる己が姿でした。

 その後、5年ほど経ってからでしょうか。
すでに成人していた僕は、古書店でSM雑誌を漁る日々を送っていました。

 新刊書店のアダルトコーナーは明る過ぎて抵抗がありましたが、古書店の仄暗い棚の下にカビ臭い本が雑然と積み上げられているさまは、まさにその背徳的で淫靡な世界を象徴しているかのようでした。

 そのお宝の山から、女王様のPhotoやイラスト、男性Mの記事ができるだけ多く掲載されている本を探し出すのが僕の目的でした。 悲しいかな、まだマゾ男性の専門誌など存在しない時代でした。

 本が透明の袋に密封されている店では勘だけが頼りでした。 家に持ち帰って封印を解き、男性Mの記事が一本も載っていないと知った時などは、この世の終わりのように落胆しました。
そのうち「SMコレクター」「SM奇譚」あたりなら、少なくとも1〜2本はM記事が保証されている事が分かり、その2誌を集中して買うようになりました。

 新刊書店のレジに立つ若い女性店員にSM誌を手渡すのはかなり勇気がいりましたが、古書店の年老いた店主の前にはなんら抵抗なく差し出すことができました。

 老店主は眼鏡の奥からチラリと僕を一瞥し、一瞬「またお前か…」とでも言いたげな顔をして視線をそらし、本を紙袋に投入しました。

 性的な雑誌はできれば新本で買いたいところでしたが、月刊ペースの刊行では到底僕の渇望を癒せるはずもありませんでした。 さらにこの山積みされた雑誌群は、同じ性癖を持つ誰かが一度手にしたという安心感がありました。

 これだけ店頭に並べるという事は、自分の住む街にもこうした特殊な性に興味を持つ同志が少なからず潜んでいる事を証明しています。  僕は長い間、自分だけが“変態”なのだと思い込んできたので、多少なりとも孤独感を埋められるような気がしました。

 古書店でめぼしい本を入手してしまうと、次に大量入荷するまで新刊書店を探求する事もありました。

 まだ未成年に見えるであろう童顔の僕は、その日、店員にとがめられないよう恐る恐るアダルトコーナーに近づいて、レジの目を盗みながらパラパラとSM誌のページを繰っていました。 すると、とある広告記事が目に止まったのです。

  『あの有名な立花冷子女王様率いる美芸会の姉妹会・松田企画が、新規会員を若干名募集します!』

 
 おそらくそんな文面だったと思います。 すぐさまあの時の潜入ルポの映像が蘇りました。

 僕は矢も盾もたまらずその本を購入すると、大急ぎで帰宅の途に就きました。 そして件の広告記事を何度も読み返し、あの美貌の女王に鞭打たれ女性の様な鳴き声を上げている自分の姿を想像し、自慰に耽りました。

 目の前に狂おしいほどの巨大なエロスの誘惑がパックリと口を開き、淫らな蜜を溢れさせて僕を誘い込もうとしていました。 
ひとたび足を踏み入れようものならばその蜜に足を捕られ、食虫花に呑み込まれた哀れな虫のように全身を溶かされてしまうかもしれない。 しかしそれは抗いがたい誘惑でした。

 僕はとりあえず資料を請求する事にして、自分の気持ちを落ち着かせました。
しかし、家に郵送されてくると母親に開封される危険があったので、友人数名と趣味のために借りていたアパートの方に送付してもらいました。

 1週間ほどするとアパートの自分の机の上に一通の封書が置かれていました。

 僕は差出人が松田企画である事を確認すると、はやる気持ちを抑えてそれをカバンにしまい、すぐさま家に引き返しました。
そして自室にこもり、震える指先でそれを開封したのです…

その光景が、まるで昨日の出来事のように思い起されます。

 僕はその時の入会案内書を今も大切に保管しています。 それは僕をマゾヒズムの世界へといざなう“禁断のチケット”でした。

nyukaiannai.jpg

 表紙の裏には冒頭で紹介した立花冷子女王様のお写真と、複数女性から調教を受けている男性会員の写真が貼り付けられています。 おそらくネガをベタ焼きし、一枚ずつカッターで裁断して貼り付けたものでしょう。 

 謄写版で印刷しホッチキスで閉じただけの簡素な案内書を見ると、あれから長い長い歳月が流れた事を実感します。

 松田企画は適性を測るためのカウセリング、実際の調教、審査を経て入会が許可されました。
会員資格の取得はさほど難しいことではなかったと思いますが、入会時に住所や電話番号等個人情報の提示を求められたので、それなりの覚悟は必要でした。

 そして今よりも敷居が高かった分、その秘匿性背徳感も何倍も大きかったと思われます。

 僕は散々悩みましたが、立花冷子女王様にお目にかかりたくて、松田企画に入会申込書を送付しました。

 当時はまだSMクラブなるものは少なく、今のように気軽にプレイを楽しめるような環境は整っていませんでした。
当然マゾヒズムを理解し、マゾヒストに対応できる女性も少なかったのです。 プレイ料金も高額に設定され、SMは一部のお金持ちだけが享受できる高級な遊びでした。

 松田企画が謳っていたのは、経済的余裕の少ないものや学生でも平等にSMの趣味や性癖を楽しめる事を目的にした会だという事です。

 今、手元にある入会案内書の必要会費の欄を見ると入会金5千円、維持会費が月額650円で1年分前納とあります。
それとは別にプレイ代として毎回60分2万円が必要でした。
物価の変動を考えてみると、現在の方が相当安い価格でSMを楽しむ事ができますが、当時はこれでもかなり安価な方だったようです。

 女王様の絶対数が少なかった為、SMは売り手市場でした。
SMクラブには指名システムなどもまだ無く、待機している女王様も1〜2名で、空いているかたがお相手をして下さるといった感じでした。

 池袋の事務所で初めてお会いした冷子女王様は僕よりもだいぶ年長な印象で、その頃すでにアラフォーといったふうでした。
しかし間違いなく類い稀なる美貌と、サディスティックなオーラを持った一流の女王様でした。

 冷子女王様のもとで、現在の僕のマゾヒズムの基礎はほぼ完成したと言ってもいいと思います。
SMプレイのメニューとされるものは、黄金プレイ以外はほとんど体験させて頂きました。

 当時はあまりお金を持っていませんでしたが、それでも年に7〜8回位は通ったと思います。
プレイの間が空くと、冷子女王様自ら直接家に電話を下さることもあり、母親が応対した時もありました。

 僕は居間にいる母親の面前で顔を赤らめ、話の内容がわからないように小声でハイ…ハイと相槌を打つのがせい一杯でした。
ガールフレンドにしては落ちつき過ぎていて、どんな関係の女性なのか母は訝しんでいたようですが、特に問いただされる事もなかったのが救いでした。

冷子女王様はお金がない時でも、後払いでプレイをして下さる事もありました。
そして未熟な奴隷がどんなに粗相をしても、プレイが終わると暖かく接して下さいました。
慈愛に満ちた菩薩のような懐の深さを持った女性でした。

 それまで僕が、誰にも言えず一人で抱え込んでいた心の闇を解放して下さり、どれだけ救われたことかわかりません。

 その後 時は流れてインターネット全盛の時代となり、ネット上で見つけた冷子女王様の娘さんを名乗る女性の手記を読んだ事がありました。

 その内容は立花冷子女王様を知る僕にとって、にわかには信じがたいショッキングなものでした。
しかし、そこに書かれた詳細な記述が、おそらく全て真実であろう事を物語っていました。


 それは娘さんが小学4年生の頃、偶然母親の職業を知った衝撃から始まります。
母親を軽蔑し憎むようになった少女は、その反抗心から非行に走り、次々と転落していくのです。
非行、売春、暴力団関係者との交際、覚醒剤、さらに多重人格障害を発症し、その後逮捕、少年院に収監と、これまで彼女が歩んできた壮絶な人生を総括し、赤裸々に綴った告白手記でした。

 その長い長い苦悩の日々は、娘さんご本人と彼女を傍で支えて見守ってきた冷子女王様にしか分からないものだと思います。 僕はその手記を読んで涙が溢れ、止みませんでした。

 僕を含め数多くの悩めるM男性が救済された陰で、娘さんや冷子女王様ご本人がこんなにも苦しまれていた事が、切なくやりきれませんでした。

 そして、今、僕は自らのマゾヒスト人生を振り返ってみて、ここまでSMを続けてこられたのはひとえに冷子女王様が出発点になって下さったからだと感謝しているのです。

 
 立花冷子女王様が今どこでどうしていらっしゃるのかは分かりませんが、感謝の言葉を伝えたいと思いました。

 
 立花冷子女王様。

 僕はまだまだ元気で、今も奴隷として娘のように若いご主人様の足下に平伏しています。

 こんなにも幸福なマゾヒスト人生を歩んでこられたのは、初めてのSMを冷子女王様にご教示頂いたおかげだと感謝しております。

 SM界の legend として語り継がれる、立花冷子女王様のご調教を受けられた事は今も僕の誇りです。

 その節は本当に、本当にありがとうございました!

 いつまでもお元気でいて、貴女がご調教されたM男達の行く末を見守っていて下さい。


domina.jpg


妖怪博士のfemdom観

 気持ちが沈んでいる時に、さらに気が滅入る訃報が飛び込んできました。
日本を代表する漫画家・水木しげる大先生が11月30日に享年93歳でお亡くなりになられた…

 短命を宿命づけられた漫画家の中にあって、確かに長寿を全うされた部類に入るかもしれません。
しかし先の大戦で最前線に送られ、戦闘で片腕を無くし、地獄をくぐって奇跡的に生還された方だという事を考えれば、まだまだ長生きをしてご活躍頂きたかったです。

 僕は水木先生の、固定観念にとらわれない自由奔放な作風を愛していました。
鬼太郎と妖怪の重要な格闘シーンを絵ではなく文章で解説したり、長台詞の途中でコマを割ってしまったり、ラストシーンが小さな一コマで終了していたりと独自な漫画作法をお持ちの方でした。
些細な事にはこだわらない大らかさが、作品の持ち味にもなっていたように思います。

 “妖怪”という異形のもの達を日本の文化として根づかせ、ユーモラスで愛される存在へと昇華させた功績は計り知れません。 また自らの戦争体験を絵筆に込め、戦争を知らない世代にその悲惨さを訴え続けてきた貴重な生き証人でもありました。

 折しも講談社から「水木しげる漫画大全集」が、第2期まで刊行されている最中でした。
画業66周年の偉業を全て網羅する漫画大全集は、2年半かかってようやく半分ほど刊行されたところでしょうか。 漫画家・水木しげるをメジャーに押し上げた古巣の講談社から、全集が刊行される事を先生は大変お喜びだったそうです。
その完結を見る事なく亡くなられたのは、さぞかし無念であったでしょう。

 代表作「ゲゲゲの鬼太郎」は世代を超えて万人に愛されていますが、僕は水木先生はどちらかと言えば大人向けの作家だったと思います。 競争社会や世知辛い世相をユーモアとペーソスで風刺して、奇妙で味付けした珠玉の短編群は水木ブランドの真骨頂でした。

 水木作品の短編には、サラリーマン山田に代表される“うだつの上がらない亭主"が、その無能さを古女房にネチネチといびられているシーンが度々登場します。 男性は女性に捕まったが最後、生涯 女性の奴隷として身を粉にして働く運命にあるのだとでも言いたげです。 職場では奴隷同士の生き残りをかけた熾烈な出世競争にも打ち勝たなければなりません。
美貌とは程遠い悪妻に尻を叩かれ、絶望の淵で「フハッ」とため息をつく男達の悲哀溢れる姿は、マゾヒストの僕ですらしんみりと考えさせられてしまうものでした。

 また、あくせく働く人間を冷めた目で見つめている傍観者として、作中によくネコを登場させていました。 ご自身もネコはお気に入りのようで、ねこ忍や猫楠、猫娘、猫仙人等々…猫をモチーフにした作品やキャラクターが沢山描かれています。

 愛らしい姿で人間を魅了し、自ら働かなくとものんびりと気楽に生活していけるというネコのライフスタイルに、水木先生は羨望の眼差しを向けていたようです。 しかし、猫社会でもオスは縄張りやメス猫を巡って、優勝劣敗の厳しい闘いを繰り広げているのが実情であります。

 水木先生は美女がとてもお好きだったそうです。
水木漫画に描かれる美女は、人物の作画を担当したアシスタントの交代によって画風の変遷があります。 それは「赤い花」のつげ義春であったり「男組」の池上遼一であったり、大先生に画力を認められた者たちの仕事でした。 大先生がペン入れを終えた画稿には、ただ鉛筆で丸に美女とだけ指示が書かれていたそうです。

 水木作品に描かれる美女たちは、男を翻弄し男を食い尽くす魔性を持った女性達が多いような気がします。 それは魔女や妖怪や幽霊など、この世のものではないもの達の仮の姿でした。

 水木作品の中で最もfemdomっぽいものを挙げるとするならば、それは「魔女モンロー」だと思います。

 劇画家・水木しげるのプロダクションにアシスタントとして雇われたマリリン・モンローそっくりの金髪美女。 彼女は夜な夜なサパタを開き、日本のトップレベルの有力者達を暗殺しようと企む魔女だったのです。 水木は魔術による殺人に加担させられて警察に逮捕されてしまいます。 そこで彼は罪を不問にしてもらう代わりに、魔女退治に協力する事になるのでした。 魔術研究科・小西の協力を得て就寝中の魔女の身体を切り刻み、霊力を封印しようとしますが、あっけなく返り討ちにされてしまいます。 妖しいエロスと圧倒的な霊力で男たちを支配し、女王として君臨する魔女モンロー。 男達は生殺与奪の権を握られているために誰も逆らえません。

 彼女を女王様と呼び、美と権力の前に跪く男達の姿を描いたこの作品には、間違いなくfemdomの精神が宿っていたと思います。

mizuki01.jpg
「魔女モンロー」©水木プロダクション

 水木先生が女性美を魔性と捉え、その裏側に潜む暗黒面を描くのはなぜだろうと考えた時、氏が語る戦時中のエピソードが思い当たります。

 水木先生は激戦の地・ラバウルに派遣された際に、エプぺという原住民の美女と知り合い、やがて彼女に惹かれていくようになります。 ご本人が仰るには、エプぺはそんじょそこらにいるような生半可な美女ではなく、絶世の美女だったそうです。彼女は病身で寝たきりの夫を支えながらも水木先生に好意を示し、よく果物や芋などを振舞ってくれました。  やがて終戦を迎え日本へと帰還する際に、親切にしてくれた原住民達に別れを告げようと水木先生がジャングルへと入っていくと…

 滝の前で水浴びをするエプぺに遭遇しました。

 裸身のまま、ニッコリと微笑みかけるエプぺの“この世のものとは思えぬ妖しい美しさ“に水木先生は息を飲みます。 現地の人たちは、聖域であるジャングルで男女の営みをするのが習わしでした。
その笑みは、別れを前にしたエプぺのOKのサインだったのです。

 しかし、水木先生はエプぺの誘いには乗りませんでした。
若くて性欲を持て余した兵隊達には、あらかじめ“原住民の女性達”とは性行為をしないように上官から布告が出ていたのです。 現地の女性達の間で男性器が溶けてなくなる“ローソク病”という性病が流行っているので、注意するようにとのお達しでした。 後に水木先生は、彼女の誘いを受けなかった事について「ローソク病が怖かった」とハッキリと証言されています。

 水木先生は原住民達にこの地に留まるよう熱心に勧められましたが、後ろ髪を引かれる思いで帰還します。 やがて仕事に忙殺されるようになると、当時を振り返って「もしあの時エプぺの誘いに乗っていたら今もラバウルで暮らし、漫画家・水木しげるは存在しなかったかもしれない」と運命の不思議さに思いを馳せていました。

 水木作品における美女の、魔性の裏に潜む“美しいバラにはトゲがある”的な女性観はそんな体験が影響を与えてるのかなとふと思いました。


 生還後は妻・布枝さんと見合い結婚をし、二人三脚で長い長い漫画道を歩んでこられました。
晩年、自分の仕事を陰で支えてくれた妻の功績を讃えながら「家内は私にとって空気のような存在。目に見えなくても大変な努力をしているんでしょうね。」と語っていたのがとても印象的でした。

 マゾヒズムはいわば転落下降願望であります。 戦中も戦後も毎日、生きるか死ぬかのギリギリのところで生きてきた水木先生には、マゾヒズムは芽生えなかったのではないかと思います。

 マゾヒズムは平和で豊かな時代であるからこそ享受できる快楽ではないでしょうか。

 晩年の水木先生は「水木サンの幸福論」を上梓されるなど、ご自分の幸福を実感されていたのだと思います。
この本の中で紹介された「幸福の七カ条」は世界中の幸福な人々・不幸な人々を観察してきた水木先生の体験から生み出された幸せになるための知恵だそうです。

 幸福の七カ条

第一条  成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。

第二条 しないではいられないことをし続けなさい。

第三条 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。

第四条 好きの力を信じる。

第五条 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。

第六条 怠け者になりなさい。

第七条 目に見えない世界を信じる。



今の僕にとって第三条「他人との比較ではない、あくまでも自分の楽しさを追求すべし。」という条項が深く心に沁みます。



水木しげる大先生のご冥福を心からお祈りしてこの項を終えたいと思います。


domina.jpg
プロフィール

mugi

Author:mugi
踏みつけられて、より強く丈夫に
育つムギの様でありなさいと
ご主人様が付けて下さった奴隷
名です。なんという素晴らしい
ネーミングセンス!
しかも音の響きも可愛らしい。
ビールが大好物の僕にピッタリ!
とても気に入っています(*^o^*)
馬派(苦痛)・犬派(奉仕)・豚派
(便器)全てのM性癖を持ち合わ
せたオールラウンダーな変態を
目指しています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR