FC2ブログ

cock whippingに陶酔する

 cock whippingと言うのは文字通り、男性の“ペニス”を鞭で打つプレイの事です。

 美しい女性の手によって男性の象徴であるペニスを鞭打たれ、屈服を強いられる。
cock whippingがもたらす肉体的苦痛と精神的恥辱は単なる鞭打ちを凌駕し、男性マゾヒズムの極致ではないかとさえ思えます。

 ところがこのcock whipping、男の沽券やプライドに執着する日本人男性には馴染まないとみえて、Googleで“男性器” “ペニス” “鞭打ち”などの検索ワードを並べてみても全くと言っていいほどヒットしません。

 そもそも“cock whipping”なる英語をどう日本語に訳したらいいのかすら判然としないのです。

 cock whippingはいわゆるCBT(cock&ball torture)のカテゴリに属していますが、海外でもその愛好者はかなり少数派だと思われます。 CBTマニアは睾丸責めを好むM男性の方が圧倒的に多く、ペニスへの加虐は極端に少ないように感じます。

 膨大な数のfemdomサイトの中にあっても真性のcock whipping映像を見つけ出すのは、困難を極めます。
中にはペラペラの房鞭やチアリーダーのポンポンみたいな鞭?で股間を軽く撫でる程度の、とてもwhippingとは呼べない代物まで含まれていました。

 “性器鞭打ち”のワードでヒットするのは、どちらかと言えばM女性の画像や映像が目立ちます。 海外では“pussy whipping”“cunt whipping”という呼称で、こちらは容赦なく女性の白い下腹部に幾条もの赤い鞭痕を浮き上がらせています。 マゾ男性にとっての聖域を冒涜する不遜なS男性の所業に怒りがこみ上げてくるほどです。

 男性器の方こそ突出して硬直し、鞭を受け易い仕様にできているのです。 僕はS女性が狙いを定めやすいように神様がそのような構造にお造りになったのだと考えています。

 僕の知る限り、日本のcock whipping映像は本当に数えるほどしかありません。 

 中でも最もそれらしいシーンは、北川プロ「SM地獄門 針・玉責め地獄」というCBTをテーマに扱った作品に収録されています。 この作品に登場する氷室イヴ女王様は、仰向けになって脚を広げた若いM男性の天をも衝きそうな股間を執拗に一本鞭で打ち据えています。

 cock_whip02.jpg

 さすが、女王様の映像なら焼印、睾丸摘出、去勢となんでも揃う男性マゾヒズムの総合商社・北川プロの作品です。 ただし日本ではモザイクが不可欠な為、局部責めの映像はどうしても迫力が充分に伝わってきません。 またタイトルからも連想される通り、鞭の先端がcockよりballの方をより多く捕らえているように見えるのも残念な点です。

 他にもmistress landの映像作品に「金の玉拷問官」というCBT作品があります。
これも作品タイトルからわかるとおりどちらかと言えば睾丸への責めが主体ですが、鉄柵の間から突き出させたM男の陰茎を乗馬鞭で連続して打ちすえるシーンには興奮させられます。 AV女優の東尾真子さんの容赦ないCBTは一見の価値ありです。

 また海外モノで僕が一押ししたいのはmistress nikacock whipping映像です。 こちらは鞭先がいきり勃つ奴隷の肉棒を的確に捕らえている様子がはっきりと確認できます。 チャーミングなmistress nikaの見事なサディスティンぶり、M男性の苦痛や陶酔がビンビンと股間に伝わってきます。 これこそが真のcock whippingと誰しもが納得できる素晴らしい作品です。

 cock_whip03.jpg

 海外にはmistress cheyennemistress dometria等、CBTを得意とされるドミナの存在があります。 このお二人のcock whippingはとても無慈悲で、破壊的な勢いで奴隷のペニスに炸裂しています。

しかし、今のところ、僕が気になる映像作品は和洋合わせてもほぼそれらで全てというお寒い状況です。 それだけcock whippingはポピュラーな責めではないということなのでしょう。

 ご主人様のお客さんでも一本鞭の好きなM男はいても、局部だけは避けていたそうです。
お店でcock whippingを所望された事は過去に一度もなかったと仰っていました。

 ペニスは動脈と静脈が絡み合った血管組織で構成され、神経終末が密集した男性の身体の中で最もデリケートで敏感な器官です。 そこを鞭で打つというのは大変危険な行為でもありますし、敬遠するのが普通だと思います。 しかし、そんな繊細な部分であるからこそ味わえる“禁断の快楽”が潜んでいる事もまた事実なのです。

 僕はまだ初心者だった頃、新宿にあった「R」というSMクラブのママさんにcock whippingの洗礼を受けました。

 SMクラブ「R」は、JR新宿駅から少し歩いた所に建つ古びた雑居ビルの地階で営業していました。 白昼、ビルの片隅にある狭い階段を降りて行くと、まだ営業前のバーやスナックがひっそりと並ぶ、薄暗くじめっとした通路へと続いていました。 先ほどまで目の前に広がっていた大通りの喧騒が嘘のように、ひと気がなく静まり返った異空間の奥、非日常への扉はありました。 そんなうら寂しい光景が「R」の醸し出す、秘匿的で背徳的なムードを演出していたのかもしれません。

 ダークグリーンの重厚な扉は、滑車の音やM男の悲鳴が外に漏れない為の配慮でしょうか。 重々しく、中途半端なマゾヒストを拒絶しているかのようでした。 扉を入ると右手にプレイルームに通じるもう一つの扉、奥にはカーテンで仕切られた2畳ほどの待機スペースがあるだけでした。 

 プレイルームはいかにも拷問部屋といった雰囲気で、空調や換気がうまく行われていないのか、寒々しい室内にはいつも独特の異臭がこもっていました。
十字架や磔台、吊責め具等が淡い照明に照らし出され、カーペットには得体のしれない無数のシミやロウソクの痕跡が残っていました。 壁にはマゾヒストを処刑するための禍々しい小道具たちが整然と並べられています。

 ママは当時30代前半位だったでしょうか。 若い頃の多岐川裕美を彷彿とさせる美人で、真っ赤なルージュを引いた唇が艶かしくとてもエロティックでした。 仄かに香る香水の香り。 品格のある落ち着いた佇まい。 僕は大人の女性の色香にクラクラと眩暈がしました。

  「わたくしがお相手でよろしかったかしら?」

 もちろん不服などあろうはずもありません。

 僕の緊張を察したのか、ママは優しく微笑みかけて紅茶をすすめて下さいました。

 この美貌の拷問官の手によって、まもなく自分の処刑が執行される。 そう考えただけで全身が小刻みに震え、股間が熱く脈打ち始めます。

 プレイルームの天井から下がる滑車に両手を吊られて爪先立ちの不安定な状態にされると、若かった僕の分身はこれ以上はないというくらい上々の反応を示していました。

 ペニスへの鞭打ちは決して僕が望んだわけではありません。

 しかし若い屹立が、ママ女王様の嗜虐心を擽ったのかもしれません。 

全身にひとしきり鞭をくれた後、彼女は舌舐めずりしながらその一点を凝視しています。 そして、僕の左側に立ち、よくしなる細い一本鞭を手に取ると狙いを定めてピシッピシッと怒張を打ち据え始めました。 僕はあまりの痛さに跳び上がり、両の太股で必死に股間を庇おうとしましたが、その瞬間思い切り尻を打たれ、アウッと叫ぶと、再び股間を前に突き出すような格好になりました。

 ママ女王様の目は真剣でした。 一打一打的確に竿の部分に赤黒い印を刻み付けていきます。
くるりと巻きついた鞭の先端を軽く手前に引くと、ペニスが縦横に踊り狂います。 僕は歓喜の汁を跳ね散らしながら、獣のような鳴き声を上げていました。

 ママ女王様はいかにも楽しそうに真っ赤な唇の端を歪めると、嗜虐の手をさらに強め僕の分身を打ち続けました。

 僕は最初こそ泣き喚いていましたが、次第に悦虐の海に呑み込まれ、快楽の波間をたゆたい始めました。

 鞭打ちに熟練した女王様にペニスを打たれると、この世のものとは思えない快感に浸ることができるのです。 それはダイレクトに脳を刺激し、延々とエクスタシーが続くかのような凄まじさでした。

 僕の視界には、鞭を振るうママ女王様の高貴なお姿だけがくっきりと浮かび上がり、周りの光景は目に入らなくなりました。 僕と女王様以外何ものも存在しない世界にトリップしたかのようです。

 全身を弛緩させ、わずか10数センチの肉の棒に全ての意識を集中し、極上の淫楽を貪りました。

 この幸せな瞬間が永遠に続いて欲しい…

 どれくらい経ったのでしょうか…僕は時間的感覚を全く失っていました。
プレイ終了10分前と知らされると、僕はくったりとのびてしまいました。 ママ女王様も神経をお使いになって、さすがにお疲れのようでした。

 「よく頑張ったわね」と僕の頬に軽く唇を当て、僕の分身を案じるよう鞭痕を優しく擦って下さいました。 その瞬間、若かった僕は不覚にもママ女王様のお手の中に白濁を放出してしまったのでした。

cock_whipping01.jpg


 性交などとは比べるべくもない至高の快感は、その時以来ずっと僕の脳裏から離れませんでした。

 あの快感をもう一度再び味わってみたい。

 しかしその後、巡り会った女王様がたは、皆お世辞にも鞭の達人と呼べるようなレベルにはなく、cock whippingの真似事をして貰っても、ただただ苦痛のみしか味わう事ができませんでした。

 僕にとってcock whippingにおける至高の快楽はただ一度のみで、その後永遠の幻となってしまったかのようでした。

 時は流れて、ご主人様との奇跡的な出会いが、僕に一縷の希望を抱かせました。 
あの時の快感の記憶を忘れる事ができず、僕はご主人様の鞭打ちのスキルにかけてみることにしたのです。

 鞭の先端を自らの身体の一部のように同化し、狙った獲物を的確に捕らえつつ打撃の強弱を自在にコントロールする。
苦痛の中から快楽を引き出すにはドミナの鞭打ちのスキルに加え、相互の信頼関係も不可欠でした。

 そしてご主人様は見事な鞭さばきで鮮やかに、あの日の甘美な快感を再現して下さいました。

 おそらく鞭の性質も全く違い、打ち方も「R」のママ女王様に比べるとややマイルドでしたが、百発百中に獲物のポイントを捕らえ、変幻自在の力加減で僕を陶酔へと導いて下さったのです。

 僕の分身はあれから30年近くもの歳を経た事をすっかり忘れ、打たれれば打たれるほどいやらしく硬度を増し快感の嵐に狂喜していったのでした。

 ご主人様にとっても、男性の象徴を鞭打つ感覚はまた特別なもののようでした。 加減せずに打てば天国から地獄へ引きずり下ろす事も容易にできます。 狙ったターゲットに的中させる快感に加え、生殺与奪も自在の征服感は格別なのでしょう。

 それ以来、cock whippingはご主人様のご調教には欠かせないメニューの一つとなりました。
調教後のボコボコに腫れ上がったペニスは、CBTマニアの僕にとって勲章でした。

考えてみれば、cock whippingを愛好するマゾ男性が少ない事と、cock whippingで快楽を引き出せる女王様が少ない事は密接な関係があるのかもしれません。

 あの日、「R」のママ女王様が僕の屹立を鞭打って下さらなければ、僕はこの秘密の快楽を生涯知る事はなかったのです。

僕は、cock whippingが喚び起すこの麻薬のような快楽を2度と手放したくないと、今は心からそう思っているところです。

domina.jpg

奴隷の味

 お正月にWOWOWで、映画「娚(おとこ)の一生」を放送していたので観てみました。
昨年のバレンタインデーに劇場公開され、豊川悦司足キスシーンで話題になったあの作品です。

 累計150万部を売り上げた人気コミックの実写化という事ですが、僕は原作を読んだ事はありません。 この作品はあの足キスのスチール写真やポスターによって初めて知りました。

 主演の榮倉奈々さんに関しては「セブンティーン」のモデル時代から知っていましたが、これまで特に興味はありませんでした。 しかしこの映画を観て、魅力的でいい女優さんだったんだなと改めて気づかされました。

 不倫の恋や都会の喧騒に疲れ果てたキャリアウーマンのつぐみ(榮倉奈々)は、田舎の祖母の家で長期休暇を過ごしていました。 入院中だった祖母が突然亡くなって、慌ただしく葬儀を終えた翌日、離れに見知らぬ中年男性が移り住んできます。 つぐみに好意を持ったという彼は、かつての祖母の教え子で独身の大学教授海江田(豊川悦司)という男でした。 彼は祖母に想いを寄せ、生前 離れの鍵を貰っていたと言うのです。 在宅勤務に切り替えたつぐみは、そのまま海江田と奇妙な同居生活を始めます。 つぐみは最初、無遠慮で厚かましい中年男に戸惑いを抱いていましたが、次第に彼に心を開き始めます。
 

 そして例の足キスシーンへと繋がっていくわけです。
時間にして1分半程でしたが、海江田はつぐみの足指を一本ずつ口に含み、丁寧に舐めあげていきます。
その様子を直視しながら黙って身を任せているつぐみ。 しだいに彼女は目を閉じ、愉悦の表情を浮かべるようになります。

 やがて場面が変わり、陽が落ちた窓外を眺めながらタバコをくゆらせる海江田、ベッドの上で全裸でうつ伏せているつぐみ。 すでに2人の間に濃厚な時間が流れたことが分かります。

 ここはつぐみが初めて海江田の愛を受け入れた重要なシーンですが、ある意味ベッドシーンを描くよりもずっと官能的で、耽美的な文学のような味わいがありました。

otokonoissyo.jpg

 
 ネットで拾った原作の足キスと比べるとかなり印象が異なり、映画の方は足舐めと言った方がピッタリくる感じです。 監督曰く「普通はやらない。海江田は不器用なゆえに、そういう行為に出ちゃった…」との事でしたので、これが海江田にとって必然的な愛情表現だったのでしょう。

 公開時の舞台挨拶では足を模った巨大なバレンタインチョコを用意するなど、製作サイドは明らかに話題性を狙っていた事が分かります。

 榮倉奈々は「恥ずかしくて試写ではそのシーンは目を逸らしてしまって観てないです」と振り返り、トヨエツは「僕自身はノーマルな方なので撮影はドキドキしました」と語っていましたが、やはり一般的に足舐めはいまだアブノーマルであり、だからこそこれだけ話題になったのでしょう。

 この作品自体は大人向けのラブストーリーで、観賞後も爽やかな余韻が残る悪くない映画でした。

 50代の中年男性が若い女性との恋愛を成就させる。 今は枯れ専女子という言葉もあるくらいなので枯れ始めたオヤジ達にも希望を与えてくれます。

 ただ、マゾヒスト的に観るべきシーンは話題になった足舐めシーンと、つぐみが海江田の背後から思い切り足蹴りを食らわせ、彼がもんどり打って床を転げるシーンの2カ所くらいでしょうか。  また全編に渡って精神的なマゾヒズム要素は全くありませんので、そういったものを期待して観るとガッカリすると思います。


 僕はマゾヒストのご多聞に漏れず、女性の足を舐めるのが好きです。 いや、舐めさせられるのが好きと言ったほうがいいかもしれません。 そこには女性側の強制的な意思が働いていて欲しいという願望があります。

 「跪いて足をお舐め!」…というドミナのご命令のもと、隷従の証として足を舐めたいのです。
両手でおみ足をうやうやしく支え、指先を口に含み、指股に舌を挿し入れる様子を冷ややかな視線で見下ろしていて欲しい。

 もちろん足を舐めるというマゾヒズム的な行為に興奮するわけですが、同時にフェティシズムの五感をも刺激されるのです。

 女性の足の美しい形状に見惚れ、体温や湿度を感じ、芳醇な香りを嗅ぎ、程良い酸味と塩気を味わい、舌を這わせる際の淫音に興奮するのです。

 僕は、実際には足舐めを好んでいますのでそこに屈辱感は存在しません。
しかし例え形式的なものであったとしても、ドミナに対して服従を誓うための儀式として必要だと考えています。

 僕は沼正三氏が、著書「女性上位願望」で論じたスクビズムに共感しています。
昔から足にはネガティブなイメージがつきまとっています。
僕自身はけっして女性のおみ足を不浄な物と捉えたりはしていませんし、むしろ神々しいとさえ思っていますが、足下に跪いて足を舐めるという行為は下降願望の表出だと理解しています。


 若い頃はドミナへの土下座ご挨拶等は芝居じみていて好きになれず、疎かにしてきました。 足舐めは好きでしたが、それが服従の証であるという捉え方はしていませんでした。
しかし、今は女性支配における重要な要素としてこれらを受け入れる事が出来るようになりました。
なによりこうした行為だけで性的興奮を喚起できるようになった事は、マゾヒストとして大いなる成長だと思っています。

 ところが残念な事に、ご主人様は、奴隷に足を舐めさせる事があまりお好きではないようです。
口舌奉仕全般がNGなのですが、これまで足舐めだけはかろうじてお許し頂いていました。
しかし、足舐めの終了後はすぐに洗面所に洗浄しに行かれますし、舐めている時も心ここに在らずといった感じです。 とても潔癖な方なので奴隷の舌の感触や唾液がつくのが不快なのだと思います。

 また、SMクラブにいらっしゃった時のコラムには「みんなガツガツして舐めるからくすぐったいだけで全然気持ちよくない」と書かれた事もあり、M男の舐め方もお気に召さないようでした。

 僕は今はご主人様の奴隷であって、お客さんではないのでご主人様がお嫌な事はなるべくしたくありません。

 そこでご主人様が代替案として考えて下さったのが、おみ足を洗浄したお水を飲ませて頂くという行為でした。 僕はこれが主従の盃を交わす儀式のようで、とても気に入っていました。

 ご主人様専用の洗面器に適温の水を張り、自らの手の汚れが混じらないようにゴム手袋を着けて、小さく切ったボディタオルでおみ足の隅々まで丁寧に洗い清めていきます。 

 洗浄後の水にはお履きになっていた靴下の繊維や皮脂、細かい砂粒状の汚れなどが浮遊したり沈殿しています。 
 
 僕はおみ足の洗浄が終わるとこの洗面器を両手で持ち、大盃でお神酒を頂くように一気に飲み干します。 これは視覚的にも味覚的にも大変興奮しました。

 そのうちに僕は洗浄以外にも、ご主人様のおみ足のケアをさせて頂けないだろうかと考えるようになりました。
そしてご主人様にお願いして、指股を洗浄するブラシや角質を削るヤスリなどを使わせて頂く事をお許し頂いたのです。

 僕は、敬愛するご主人様の大切なおみ足のお手入れをさせて頂く事に奴隷の喜びを感じていました。
ところがこれが思わぬ事態を招いてしまう結果になるのです。

 ケアを始めて2回目の時だったでしょうか、足裏の角質をヤスリで削り過ぎてしまい微量の出血をさせてしまいました。
その時はお許し頂きましたが、2ヶ月後位にその部分に炎症が生じて皮膚科に通院する事になってしまったのです。

 僕が余計な事をしたばかりに、ご主人様の玉体の一部を傷つけてしまい大変落ち込みました。 奴隷の卑しい身体では到底償いきれない大失態です。 当然ご主人様はご立腹で、当分おみ足に触れることを禁じられてしまいました。

 僕はもう二度とご主人様のおみ足には触れさせて頂けないかもしれない…それも自らの不注意が招いた結果なので仕方ありません。

 ところが意外にもこの失態が、僕をマゾヒストとして新たなステージへと導く事になるのです。

 次のご調教の時、ご主人様はベッドに腰掛けて目の前に跪いている奴隷に向かってこう仰いました。

「今日はお前の舐めるものがなくて口寂しいね。 それなら私の靴の裏でも舐めたらどう?」

 それは少し突き放したような響きを持って僕の耳に届きました。


 僕は予期せぬお言葉を頂いて、少し狼狽えていました。

 しかし鼻先にお脚が突き出されるとそれを大切に抱え、靴裏にゆっくりと舌先を這わせ始めたのでした。

 それは室内で履くプレイ用の靴などではなく、普段からご主人様がご愛用されている外履きの靴でした。 僕が嫌悪する男性が吐いた痰や、犬猫のふん尿が落ちていた路面を踏みつけたかもしれません。 ご主人様の靴裏は、普段僕が喜んで舐めているおみ足のように甘美な味わいは一切なく、ジャリジャリと舌に逆らう屈辱の味がしました。

blackboot.jpg

 ところがどうした事か、靴舐めの最中、僕はいつも以上に興奮している自分を感じていたのです。

 目は虚ろで呼吸が荒くなり、股間がいつも以上に反応していました。

 もしかしたらこれこそが真に隷従する者の姿ではないのか⁉︎
この被虐感こそがマゾヒズムの本質ではないのか?

 それはけっして喜んで舐められる性質の物ではなく、できることなら拒絶したい行為です。 しかし、奴隷の分際でご主人様のご命令に逆らうことは許されない。

 ご主人様の大切なおみ足を傷つけた罰を与えられているのかもしれない…

 その絶対服従の脅迫感に否応なく従う自分自身の惨めな姿が僕を興奮させたのだと思います。

 これは僕自身にとっても新しい発見でした。

 ドミナがお履きになっている靴の裏ならば、なんの抵抗もなく舐められるというマゾヒストは大勢いるでしょう。 たとえ他の奴隷が舐めたハイヒールであってもドミナが“舐めろ”と仰るなら喜んで従うと。 

 しかし歓喜して舐めるのではダメなのです。 拒絶感に抗いながら舐める事がより興奮を誘ったのだと思います。

 ですから2回3回と繰り返すうちに拒絶感が薄れ、靴裏を喜んで舐めるようになったらこの興奮は陽炎のように霧消してしまうことでしょう。

 人は慣れる動物なので、常に新しい刺激を求め続けます。

 しかしあの時、僕の脳裏にはヤラセでも演技でもない自分自身の“真の奴隷の姿”が映し出された事は間違いありません。

 僕はあの日、舌先に感じ取った“奴隷の味”を生涯忘れることはないと思うのです。

domina.jpg

プロフィール

mugi

Author:mugi
踏みつけられて、より強く丈夫に
育つムギの様でありなさいと
ご主人様が付けて下さった奴隷
名です。なんという素晴らしい
ネーミングセンス!
しかも音の響きも可愛らしい。
ビールが大好物の僕にピッタリ!
とても気に入っています(*^o^*)
馬派(苦痛)・犬派(奉仕)・豚派
(便器)全てのM性癖を持ち合わ
せたオールラウンダーな変態を
目指しています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR