FC2ブログ

羞恥に顔が染まる瞬間(とき)

 このブログをご覧になっているM男性の皆さんは、若い女性から「どれ? おちんちん見せてごらん」と言われた事はありますか?


 僕はあります!(笑


 ドミナが奴隷の前で肌を晒す事は滅多にありませんが、奴隷はドミナの前では常に全裸がデフォです。
ですから、ドミナの前で局部を晒すことなどもう慣れっこになってしまっていて、羞恥を感じることはほとんどありませんでした。

 ところが、その日はちょっと状況が違っていたのです…

 そのSMクラブの受付は、都心の高級マンションの一室にありました。
ソフトにもハードにもしっかりと対応できるベテランのドミナを揃えた有名店でしたが、僕の好みのタイプとは少し異なっていた為、それまで中々足が向く事はありませんでした。

 ところがある時、SM誌の広告でアイドルのようなお顔立ちのキュートなドミナが入店した事を知り、居ても立っても居られなくなりすぐさまお店に電話したのです。

 前回のエントリーを読まれた方は、また嫌な予感がすると思われるでしょうが今回は大丈夫(笑)

 “ほとんどビョーキ”というフレーズでお馴染みだった某映画カントクの、深夜番組の名物コーナーに彼女が出演していたのを観て、その存在もルックスも確認済みだったからです。

 そう、彼女はドミナでもあり、当時売り出し中のAV女優さんでもあったのです。

 女優さんならストーリープレイも期待できそう。 僕はワクテカ気分で指定されたマンションへと向かいました。

 ところが田舎者の僕はまず、そのマンションのゴージャスな外観や広大なエントランスの雰囲気に圧倒されてしまったのです。
池袋駅周辺のSMクラブが入っている、古く寂れたマンションや雑居ビルなどとは比較になりません。

僕は緊張しながらエレベーターのボタンを押し、階上に上がって行きました。
そして指示された部屋のチャイムを鳴らし、ドアを入った瞬間息を呑みました。
玄関に置かれたハイヒールブーツの数が半端ではなかったからです。

靴! 靴! 靴!

 そこには女性の靴が所狭しと並んでいました。

 ドミナのプライベート用か? はたまたプレイ用なのか…おそらくその両方だったのでしょう。

 この鋭利なヒールの先端が奴隷の肉を抉って血祭りに上げたかもしれない…
あるいは乱暴にM男の菊門に突き刺して陵辱し、ズタズタに切り裂いたかもしれない…

 それは決して僕の妄想などではなく、この非日常的な空間では普通にあり得る光景なのです。


“ここは女王の園だ!”

 当時、SMクラブの受付と言えば大抵いかがわしい雰囲気をたたえた男性がやっていたものですが、そのクラブでは美しい女性のかたが担当されていました。

 玄関には僕の履いてきた薄汚れたスニーカー以外、男物の履物は一切見当たりません。
もうそれだけでM男にとってはひれ伏してしまいたくなる衝動に駆られるのです。

 玄関前のスペースにはカウンターチェアーとテーブルが置かれ、パーテーションで仕切られた奥がドミナがたの待機スペースのようでした。

 僕はあらかじめ電話指名していたお目当のドミナ以外に、当日出勤されているかたの中からもう1人指名してダブルコースに入るつもりでした。

受付の女性にその事を伝えると、在籍されているドミナのプロフィールが記載されたアルバムを示しながら、本日出勤のドミナを教えてくれました。

 僕はその中から少しクールなタイプの新人ドミナを選びました。
お目当のドミナがややふっくらとした感じのかたでしたので、対象的にややスレンダーなタイプを指名したのです。

 受付の女性は入会金とプレイ代を受け取ると、用意していたカウンセリングシートに記入するように指示し、電話のコールに応対する為、奥へと去っていってしまいました。



 パーテーションの向こう側から数名の女性達の賑やかな歓談の声が聞こえてきます。
今、僕は間違いなく華やかな女性だけの空間の中に男一人でいるのです。


 僕はカウンターの上でカウンセリングシートに記入しながら、ドミナがたの会話を聞くとはなしに聞いていました。

 すると何やらとても恐ろしげな事を仰っているかたがいます。

  「奴隷は私の所有物なんだから身体に焼印で飼い主の名前を施すのは当然だと思うの…」
 
  「彼もそれを望んでいたんだから他人にとやかく言われる筋合いはないでしょ?」 

 なんという非日常的な会話でしょうか!?
 
 (こ、…怖い…)

 この場にはいないどなたかに、奴隷の焼印について何か意見でもされたのでしょうか? 大きなお世話!…と言った感じの口調です。 ドミナがたは皆さん彼女の考え方に同調されているようでした。

 その後は女子らしいスイーツのお店の話題に切り変わり盛り上がっていたようでしたが、僕はすっかりビビって怖気づいてしまいました。 この時は自分がのちに女性の所有物となり、身体に奴隷の証しを刻まれる事になろうとは夢にも思っていなかったのです。

 小心者の僕はすっかり女王の園の雰囲気に飲まれてしまい、緊張がピークに達していました。 手には汗をかき、ペンを持つ指先が小刻みに震えてカウンセリングシートの記入が中々進みませんでした。

(軽くアルコールでも引っ掛けてから来ればよかった…)

 いつもとは勝手が違う様子に戸惑っていると、奥から受付の女性とは別の女性が声をかけてきました。

 「カウンセリングシートは書けたかしら?」
 
  「あっ…すみません。も、もう少しです…」

 よく見るとその女性は先ほど僕がアルバム指名したもう1人のドミナでした。

 「ご指名ありがとう。ダブル女王様なんて贅沢だわね!」

 彼女はプロフ写真通りのクールな感じの女性でしたが、実物の方がやや幼く見える印象でした。
 小顔で若干頬がこけている感じが少し気になりましたが、間違いなく美人です。

  「〇〇ちゃん(お目当のAV嬢王様)は今プレイ中だから…あと30分位したら始められる感じかな」

 そう言うと僕の横に立ってシートの記入が終わるのを待っています。

 そばでジッと見ていられると余計にペンが進まないので、僕はあらかじめ用意してきた「希望プレイ」を書いた紙を彼女に渡して、それを読んでいてもらう事にしました。

 彼女は手渡された紙に目を通しながら、「ふ~ん、 こんな事もOKなんだぁ…」とか「大丈夫なの?こんな事書いて? 後悔しても知らないわよ」などと一々興味深げに僕の顔を覗き込んできます。

 そのいたずらっぽい眼差しに僕はドギマギしてしまいました。  彼女はいかにもM男らしい僕の反応に満足したのか、再び紙に視線を落とすとしばらく真剣に読み耽っています。

 僕は毎回事前に、希望プレイやストーリープレイのシナリオをドミナに読んで頂くのが慣例になっていたのですが、自分の変態願望に触れた彼女達がどう思うのかが、いつも気になっていました。

 目の前の女性が百戦錬磨のドミナだとはわかっていながらも、自己の醜い願望を晒す恥ずかしさや、若くて美しい女性にそんな事をお願いする後ろめたさが常に頭をよぎっていたのです。

 いざプレイに入ってしまえばそんな思いはすっかり吹き飛んでしまい快楽に没頭できるのですが、それも彼女達ドミナの懐の深さがなせる技だったのでしょう。

 僕はようやくカウンセリングシートを書き終えて彼女に手渡すと、そこに書いた内容について細かい質問を受けていました。

 「ヘェ~、ペニスに鞭を当てたり煙草の火を押し付けて平気なの?」 「意外と根性座ってるわね」

  「火をギュッと押し当てるのではなくて軽く触れる感じでお願いします。」

 「火脹れや火傷痕とか残らない?」

 「多少は残りますけど時間が経てば綺麗に消えますね。」

 すると彼女は小声で「どれ? 見せて」と短く一言だけ言いました。

 ぼくはとっさのことで言葉の意味が理解できずポカンとしていましたが、彼女は再度、今度ははっきりと聞き取れるように命令口調で繰り返しました。

  「おちんちん見せてごらん。私がチェックしてあげるから…」 「ほら、グズグズしてないで立って!」

 カウンターチェアーに腰掛けていた僕は促されるまま立ち上がりましたが、まだ事態がよく飲み込めていませんでした。

 すると次の瞬間、彼女は僕の前にしゃがみ込んでズボンのジッパーを引き下げると、パンツの中に手を突っ込んで僕のペニスを引きずり出したのです。

 これにはさすがに僕も驚き「アッ」と小さな声を上げてしまいました。

 戦前の軍隊や学校において俗にM検(マラ検査)と呼ばれる男性器の露出検査が行われていたそうですが、これはまさにそのM検(マゾ検査)でした。

 都会の高級マンションの一室で、直立不動のM男の前にかがみ込んだ若い女性が、ペニスを様々な角度から検査している様子を想像してみて下さい。 なんと非日常的な光景でしょうか!

 僕は自分でもみるみる顔が紅潮していくのが分かりました。

 は…恥ずかしいのです。

 普段はドミナの前で一糸まとわぬ惨めな姿を晒しても何も感じないマゾヒストが、恥ずかしさに消え入りたい気持ちになっていました。

cfnm02.jpg

 そんな僕の気持ちを察しているのか、いないのか、クールな新人ドミナは「ホントだ! 傷痕はわからないね。 じゃあ、今日は私達が消えないようにしっかりと傷痕を刻んであげるから」とか「オナニーばかりしてるからメラニン色素が沈着してるじゃない、あとでお仕置きするわよ」などと言葉責めを繰り出されます。

 いくらここがドミナの牙城だとは言え、まだプレイに入る前で心の準備もできていませんし、奥にはたくさんの女性達が控えているのです。 しかも先ほど受付の女性が電話で、僕と同様初めてのM客らしい相手にマンションまでの道筋を説明していたのでそろそろ到着する頃かもしれません。

 彼女はそんな僕の心配をよそにペニスを隅々までくまなくチェックしています。 僕は段々と被虐心が鎌首をもたげてきて息遣いも荒くなってきました。 と、すぐに彼女から「なに反応してるのよ、嫌らしい!」と叱責されます。

 その時でした。

 奥から一段と女王様オーラを放った華麗な女性が颯爽と現れて、情けない僕の姿を見ながら笑顔で「いらっしゃいませ!」と挨拶をされたのです。

 その声の主は先ほど焼印の事を話していた女性に間違いありません!

 実は僕はこの時初めてお会いしましたが、彼女はM専門誌やマゾビデオでもつとに有名な、このお店の女性オーナーだったのです。
そして玄関先の靴を見て「靴が乱雑に散らかり過ぎ! お客様が来られる時間だからもう少し整頓して!」と奥に声をかけ、そのままドアを出て行かれました。

 女性オーナーが部屋を出て行くとクールなドミナはようやく僕のペニスから手を離し「もうしまっていいわよ」と解放してくれました。


 後から考えるとこの時点で僕はすっかり彼女のペースにはまってしまっていたようです。

 ボクサーが試合の主導権争いで初回に後手に回ると、相手のペースに引きずられたまま最終回のゴングを聞いてしまうことがよくありますが、まさにそんな感じでした。 

 いざプレイが始まってみると僕は一番のお目当てだったAV嬢王様よりも、むしろクールな彼女の方に惹かれてしまっていたのです。

 AV嬢王様はテレビで確認した通り、アイドル級の可憐でキュートな女性でしたが、ご主人様と初めてお会いした時ほどの衝撃は受けませんでした。 僕の期待が大きすぎたのか、演技力も言葉責めもいま一つぎこちない感じがして、がっかりさせられました。
 
 唯一、柔らかくてキメの細かい美形の素尻で顔面騎乗して頂き、その体制のままパイパンの局部にご奉仕させて頂いたことが印象に残っているくらいです。

 プレイの方は終始クールなドミナが先導し、AV嬢はマスコット的な役回りで終えました。

 これまでも何度か経験した事ですが、やはり可愛いだけではヌケないというか…ドミナはS的な資質が重要なのだという事を思い知らされました。 

 一対一のプレイではなんとなく心許ないような、そんな予感があったのでしょう。 クールなドミナを指名し、ダブルコースで入って正解でした。

 彼女が意図してやった事かどうかはわかりませんが、プレイ前の意表をついた先制攻撃は、忘れかけていた僕の羞恥心を呼び覚ましてくれました。

あの日、僕がマンションの前に立った時から始まっていた、SMクラブが一丸となって演出された見事なMプレイは、今でも僕の記憶の中に鮮烈に残っているのです。


domina.jpg

哀愁の放置マゾ

 僕は奉仕プレイは大好きですが、放置プレイは大の苦手です(笑)

 昔、“追加料金なしで複数の女王様にプレイして貰える”と謳っていた鶯谷の某SMクラブで、90分コースのうち40分ほどをプレイルームに一人放置され、騙されたような気分になった覚えがあります。 どうやら人手不足で、その間に女王様がたは同じ時間帯に入った別のM客の相手をしたり、遅い昼休憩を取ったりしていたようなのです。

 薄いカーテン越しに、女王様がたが待機室で談笑しながらお食事をしている様子が伝わってきます。 プレイ中にテレビの音声や女王様がたの世間話が聞こえてきては一気に興醒めです。 僕は素っ裸に手足を縛られた格好で長時間床の上に転がされ、少しイライラしながら天井を眺めていました。 望んだわけでもないのに、こんな目にあわされるのではたまったものではありません。

 最初にそのSMクラブへ行った時は、三人の女王様が付きっきりでお相手をして下さり、とてもお得感があったのです。
ところが何度かリピートするうちに、三人揃うのはお店が暇な時だけで、他の客とバッティングしたりすると途端に悲惨な状況に陥いる事がわかってきました。 そのクラブが持つアットホームな雰囲気も悪くはなかったのですが、放置が2回、3回と続いた所で足が遠のきました。

 最初から一対一で客の相手をすればいいのにと思いましたが、複数プレイが売りのクラブだったのでそうもいかなかったのでしょう。 なんだかとてもトンチンカンな対応をされていた気がしました。

 同じような事は六本木の某老舗SMクラブでも起こりました。

 その日、出勤予定だった女王様が来られなかったようで、ママ女王様と新人と思しき女王様が慌ただしくプレイルームを出たり入ったりしていました。 若い女王様は一人ではまだ何もわからないようで、いちいちママ女王様の指示を仰ぎにいきます。 

 それだけでもかなりシラけますが、プレイが始まって暫くするとママ女王様がやってきて僕の股間をむんずと掴むと、「いいかい?少しの間おとなしく待っているんだよ。あとでお前のここを私達がたっぷりとお仕置きしてあげるからね!」と言い残して二人で部屋を出て行ってしまいました。

「……。」

 僕はほんの少しだけ期待して、自分の股間を弄りながら一生懸命プレイに入り込もうと妄想していました。
ところが女王様がたは僕を放置したまま、中々戻ってきません。 
女王様がたの会話から察すると、どうやら他にもお客が何人かいて、二人でプレイルームを順番に回っている様子でした。

(女王様が足りないならお客さんを断ればいいのに…)

 時間がどんどん経過するにつれて(僕は一分間につき300円近い金額の料金を支払っているのに…)と、さもしい考えが頭に浮かんできました。 当時は若かったので、懐にも気持ちにも余裕がなかったのです。

 ようやく女王様に戻ってきてもらえてホッと胸を撫で下ろしたのもつかの間、今度はひっきりなしにかかってくる電話の応対で何度も中断しながらのプレイです。  他のお客さんも僕と同じ目にあっていたのでしょうが、とてもSMに集中できるような状況ではなく、一度行ったきりで懲りてしまいました。

houchi_p01.jpg

 また、とあるSMクラブの広告で超タイプの女王様の写真を見つけ、彼女を指名した時の事です。 そのSMクラブは“K”と言い、所在地は新宿と書かれていました。 僕はそれまで一度もそのお店の名前を聞いた覚えがなく、当然ながら利用するのも初めてでした。 

 その超タイプの女王様はお店の看板嬢らしく、写真の扱いもとても大きかったのです。
 これだけの美人だし、おそらく予約が殺到しているに違いない…当日は無理かな…

 ところが僕がお店に電話して彼女の出勤を確認すると、僕の心配をよそに意外にもあっさりと予約を取ることが出来たのです。 

 僕は、はやる気持ちを抑え、予約の30分前に歌舞伎町の公衆電話からお店に確認の電話を入れました。

 当時のSMクラブは、事務所に出向いて好みの女王様をアルバムで指名し、料金の支払いを済ませてからホテルに向かうのが一般的でした。 ところが、そのクラブの受付からは「移転してきたばかりで事務所では応対できないので、直接ホテルに入ってからもう一度電話して下さい。」と言われました。

 その後、支持通りに指定されたホテルから再度電話をかけて部屋番号を伝えると、受付の男性から10分位で伺えます。」との返事が返ってきました。

 先方に指定されたホテルは鄙びた連れ込み旅館風で、案内された部屋もなんとも貧乏くさい和風の部屋でした。
部屋の片隅にあるテーブルの上には、ポットとお茶のセットが置いてあり、中央にはせんべい布団が敷かれていました。 M女性を縛るならともかく、女王様とプレイするのにこれではムードも何もありません。

 僕は、この時点でかなり意気消沈していましたが、超タイプの女王様のお顔を思い起こし自らを奮い立たせました。 しかし30分以上経っても彼女は一向にやって来る気配がありません。

 プレイが始まる前からすでに放置プレイ状態です。

 待ちかねて事務所に電話すると「今出たところだから、もうまもなく到着するのでホテルからは絶対出ないで下さい!」と念を押されました。

 そりゃぁこっちだってホテル代先払いしてますからね、まもなく来るというのなら待ちますよ。

 しかし相変わらず20分待っても30分待っても女性は来ません。
「一体どうなってるんだ!」と癇癪を起こしそうになった時、ようやく部屋のドアがノックされました。

 ところが…

 目の前に立っていた女性はどう見ても広告の写真の子とは全くの別人でした。

 絶句‼︎ なにかの間違いであってほしい…
 
 しかし、お店に到着を知らせる電話で、彼女は間違いなく広告の女王様の名前を名乗っています。

そして電話を切ると、キツネにつままれたような顔をしているであろう僕に向かってとんでもないことを言いました。

 「お客さん、G(お店の名前)は初めてですか?」

 それは池袋にあった別のSMクラブの名前でした。

(G !? GじゃなくてKだろ?)という疑問を飲み込んで、僕は「初めてです。」と作り笑顔で答えました。 そして「だいぶ待ったんですけど、どうしてこんなに遅れたんですか?」と別の疑問を投げかけてみたのです。

すると彼女は悪びれることなく「電車が止まっちゃって…」とか「歌舞伎町の道がよく分からなくて…」などと返答しました。

 (電車? 道がわからないって…歌舞伎町に事務所があるんじゃないのか?)
 (僕がホテルに入ってから1時間半位は経っているぞ。いくらなんでも遅すぎないか !?)

 
 「!!」

 その時僕はようやく事態が飲み込めました。

 おそらく新宿K池袋Gは同じ店舗で、新宿には事務所なんて存在してなくて、彼女は池袋から電車に乗ってここまでやって来たのであろう事を。

 そして広告写真の超タイプの女王様は単なるサクラで、クラブには在籍していないであろう事も。

 彼女は直前まで池袋Gで別の客の相手をしていて、それが終えると急遽、超タイプの女王様に成りすまし今僕の目の前にいるのであろう事を。

 たぶん他に待機している女性がいなくて、彼女が最も早く僕の元にたどり着く事が出来た女王様だったのだと思います。

 そう考えると全ての辻褄が合うのです。

 しかし、広告写真とは似ても似つかないルックスで、よくも本人だと偽ってやって来れたものだと呆れてしまいました。

 (ああ…僕はまた騙されたのか !?)

 実は彼女が口にした池袋GというSMクラブを、僕は過去2度利用した経験があり、2回とも地雷を踏まされた苦い思い出があったのです。 Gには2度と行くまいと心に誓っていたのに、美形女王様のサクラに騙されてまたまた地雷を踏まされる結果になってしまいました。

 気が強ければブチ切れて女性を追い返すか部屋を立ち去ることもできたのでしょうが、いかんせん僕は小心者でした。 女性にはどんな目にあわされても何も言えない哀れなマゾヒストなのです。

 それに、彼女は店に支持されてやってきただけで、悪いのは店の方なのです。 

 僕は顔写真と違う事には一切触れず、目の前のニセモノに高額を支払い、プレイには全く乗れず、ただただ苦痛だけを味わいながら早く終了する事だけを念じていました。

結局あの日、広告で見た超タイプの女王様に会う事は叶わず、今も放置されたままなのです…

houchi_p02.jpg

僕は奉仕プレイは大好きですが、放置プレイは大の苦手です(怒)

 縄でギチギチに拘束された上で目隠し、口には女王様の使用済みナプキン等を押し込まれ、3日履きの下着やパンストを被らされて呼吸制御、アナルバイブや電マで股間を責め立てられながら放置されるというのでしたら納得いきます。

 女王様は外出され、ホテルの従業員に見つからないかハラハラしながらお帰りを待ち望むのはさぞかし刺激的なプレイでしょう。

 しかし手抜きをごまかすための放置は嫌なのじゃぁーーo(`ω´ )o

 そんなかまってちゃんの僕ですが、マゾのくせにmy blog「Mステ(※注1)」を度々放置するのはどうした事でしょうか?

年初に「今年は月2回以上の更新、自作の漫画やイラストなども公開しエンタメ色を強めていこう!」と(心の中で)誓ったばかりなのに…

 ありがたい事に来訪される方が少しずつ増えていくと共に、このblogは僕の生活に欠かせないものになってきました。
普段は決して人には明かせない自分の特殊な性癖マゾの遍歴をblog上でカミングアウトし、公開する事はカタルシスにもなっています。 また敬愛するご主人様の魅力を再確認し、共に過ごした大切な時間を記憶に留めていくための重要なツールでもあるのです。

 最近では色々な方からコメントを頂くようになり、blogを通してお知り合いになった方も増えました。 blogを続けていく為のモチベーションも向上してきたところです。

 確かに仕事やプライベートが忙しいと言うのはありますが、月に1、2回更新する余裕もないのか?


 あの人気blog「マゾヒズムに花束を!」を見よ! 僕がサボっている間にも3回、4回と更新しているではないか⁉︎
例えネタに窮しようとも何かしら捻り出すhomerさんの才能には敬服します。

 マゾネタだけで毎月何度も更新を繰り返し、10数年間続けてこられたのは並大抵の事ではありません。 時には写真だけであったり短文であったりする事もありますが、長い間放置することはほとんどありません。 

 来訪者はいつ来ても裏切られることなくhomerワールドを堪能する事ができる。 これが人気blogの秘訣なのでしょう。

 僕もマゾ花を見習ってなんとかもっと人気blogとしてのし上がりたい!!

 そんな訳で1ヶ月更新なしの広告が表示される前に、滑り込みで更新しようと思いましたが、2月は29日までだという事を忘れていましたorz


 来訪者のみなさまゴメンナサイ>_<
今年はできるだけ放置しないで頑張って更新しますので見捨てないで下さいね!



注1)blogタイトル「マゾほど素敵な性癖はない‼︎」の略称。
すでに世間に浸透している人気歌番組「ミュージック・ステーション」の略称と同じくする事で
「マゾ花(マゾヒズムに花束を!)」同様、SM愛好家の間に広く浸透する事を願って付けられた。

domina.jpg

プロフィール

mugi

Author:mugi
踏みつけられて、より強く丈夫に
育つムギの様でありなさいと
ご主人様が付けて下さった奴隷
名です。なんという素晴らしい
ネーミングセンス!
しかも音の響きも可愛らしい。
ビールが大好物の僕にピッタリ!
とても気に入っています(*^o^*)
馬派(苦痛)・犬派(奉仕)・豚派
(便器)全てのM性癖を持ち合わ
せたオールラウンダーな変態を
目指しています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR