FC2ブログ

おみ足奴隷

 ご主人様のご命令で、初めておみ足の爪にペディキュアを塗らせて頂きました。

 ささやかながらもご主人様のご美貌に貢献できる事に、奴隷の歓びを感じます。

 ベッドに腰掛けて寛がれているご主人様の前に跪いてお履物をお脱がせし、まずは両手でおみ足を恭しくお抱えします。

 美しく並んだ指先に映えるピンク色の爪の眩しいこと!

 神の作りたもうた珠玉の造形物にあえて人工的な美しさを施す必要はないとは思うのですが、これも美に対して貪欲な若い女性のおしゃれの一環なのでしょう。


foot slave04

 
 左手でご主人様のおみ足を支え、右手に刷毛を持ってはみ出さないよう、ムラにならないようにと気遣いながら一本ずつ丁寧にペディキュアを施していきました。

 細かい作業は割と得意な方ですが、刷毛をつまむ指先が緊張で微かに震えます。

 なにぶんにも女性のおみ足の爪にペディキュアを塗るなどという甘美な行為は、生まれて初めての経験ですから中々上手く塗れません。

 「大丈夫。 乾けばムラは目立たなくなるから…」とご主人様が優しいお言葉をかけて下さいます。


 “ああ、これってなんだか谷崎潤一郎の描く世界観みたいだな…”

 そんな事を考えながら、かつて肉体的受苦しか受け付けなかった己の偏狭なマゾヒズムに思いを巡らせます。

 ハードマゾを気取り、毎回自分が望むプレイばかりを女王様に事細かく指示し、肉体的苦痛を与えられる事のみがマゾヒズムの醍醐味だと思い込んでいたあの頃。

 ご主人様と巡り会わなかったら、こんな甘美な味わいは露ほども知らず、偏ったマゾヒズム観を持ったままで生涯を終えていた事でしょう。

 最近の僕はご主人様のおみ足を洗浄させて頂いたり、マッサージを施させて頂いたり、種々の貢物や贈答品を献上させて頂いたり、お食事やショッピングのお供をさせて頂いたり、ささやかながらもご主人様に尽くす事に無上の幸福感を感じているのです。


foot slave01


foot slave02


 ああ!この美しいお方の為に、微力ながらもお役に立てる奴隷になりたい!

 大切な方に尽くす歓びを知ると、自己のちっぽけな欲望なんて消し飛んでしまう。

 心から崇拝できる女王様が目の前に現れて下されば、マゾヒストは“変わる”事ができるのです。

 いや、実はこれこそが女性支配の真髄であり、僕が無意識のうちに探し求めていた理想の主従関係なのかもしれません。


 「おみ足って可愛い言い方だよね」とご主人様。

 確かに情緒ある日本語独特の敬語表現ですが、ご主人様のような可憐な女性の足にこそふさわしい呼び方だと思います。

 
 僕はご主人様のおみ足が大好きです。

 清潔感があって無味無臭に近いので、フェティシズム的には物足りない感もありますが、その上品な形状や触れさせて頂いた時の温かく柔らかな感触は絶品です。

 目の前にあるとそっと口づけたい誘惑に駆られますが、奴隷の唾液で穢すのは畏れ多い高貴な存在です。

 ましてそのおみ足先で顔面やペニスを弄って欲しいだなんて口が裂けても言えません。

 ただただひれ伏して、芸術品のように鑑賞させて頂くだけで幸せなのです。


 foot slave03


 女性の足を愛でるという行為には、なぜだか変態っぽい響きがあるようです。

 人体の中でも不浄とされている部位に愛情を感じる事は、禁忌で堕落した行為なのでしょうか?

 
 ならば僕にとって最もふさわしいのは、ご主人様のおみ足の奴隷としてお仕えする事でしょう。

 以前、おみ足裏のケアをさせて頂いた際にヤスリで角質を削り過ぎてしまい、お怪我を負わせてしまった事がありました。 罰としてジャリジャリとしたお靴の裏を舐めさせられて、それはそれでやたらと興奮してしまいましたが、おみ足には二度と触れさせて頂けないかもしれないと絶望的な気分に陥った事を思い出します。

 幸いその後はお許しを頂き、今では再びおみ足のケアを仰せつかっております。

 ご主人様のおみ足を隅々まで洗浄し、タップリとクリームを擦り込ませて頂き、ペディキュアまで塗らせて頂けるという栄誉を授かっているのです。

 こんな幸せな事があるでしょうか⁉︎

 
 一本鞭で打ちのめされる歓び、男性機能を管理される歓び、全てを捧げ奴隷契約を締結する歓び、お名前を刻まれて所有物となる歓び、これらは全てご主人様が僕に教えて下さった事です。

 そして今また、主の為に尽くす歓び

 
 僕は半年ほど前に、ご調教時における男性としての性的快楽は一切放棄しました。

 奴隷が主人に性的なサービスを求める事は、リアルな主従関係にはそぐわないと判断したからです。


 「SMが好きであればあるほど接客業としてのSMに悩む…」と、ご主人様は仰いました。

 悩みに悩んだ末、SMクラブをお辞めになられたのだと思います。

 
 その事が何を意味するのか、僕なりの答えを出した時、僕とご主人様の関係は劇的に変わりました。

 
 僕は自らの下半身の奴隷ではなく、これからもご主人様の奴隷であり続けたいと切に願っています。

 神のように崇める女性をお支えし、尽くす事は奴隷として最大の歓びです。

 しかし僕の奴隷修行はまだ始まったばかり。

 これからもご主人様を仰ぎ見ながら、長い道のりを歩んでいきたいと思います。


domina_001.jpg

トト子様の奴隷

 僕のご主人様は今、 「おそ松さん」にハマっています。

 「おそ松さん」というのは、言わずと知れた赤塚不二夫の「おそ松くん」を原作に、作者の生誕80周年を記念して製作されたTVアニメの事です。

 2015年の10月から翌年3月までテレビ東京で放映され、初回放送後から若い女性達の間で爆発的なブームが起こりました。


 日本が高度経済成長期真っ只中の頃に流行った古めかしい作品が、なぜ今若い女性達にもてはやされるのか?

 それは、原作では小学5年生だった六つ子達を成人させ、一人一人にイメージカラーを設定し、性格に個性を持たせた事。 オリジナルでは全員同じだった6人の顔に少しずつアレンジを加え、区別がつくようにした事。 作品全体をポップで可愛い現代風のイメージに一新した事。 それぞれの声に人気声優を起用した事などが要因と考えられます。

 人気がうなぎ登りに上昇すると同時に様々な六つ子グッズが販売され、各種企業とのコラボ企画なども頻繁に展開されるようになりました。

 番組が終了してすでに1年が経ちますが、その人気は衰えるどころか益々過熱しているようです。


 六つ子に個性が与えられた事で、ファン達の間にもアイドルグループさながらの推しメンが生まれました。 彼女達はそれを「推し松」と呼ぶようです。

 ご主人様は、六つ子の中でもクールでナルシストの「カラ松」推しで、カラ松girlsを自認しています。

osomatsusan.jpg

 元々可愛い系のキャラクターグッズなどを収集するのがご趣味だったご主人様ですから、もちろんカラ松グッズのコレクションにも熱を入れられています。

 「生まれて初めてアニメイトに並んだの♡」とか「お姉ちゃんを誘っておそ松さんカフェに行ったの♡」などと、かなりご執心のご様子です。 その白魚のような美しい指先には、カラ松柄の痛ネイルが光っています。

 さらには、配下のM松達に協力を仰ぎ、限定コラボグッズを入手させているというお話も伺っていました。

 大の大人が、おそ松さんグッズを入手する為にコラボ牛丼を食べたり、コラボ菓子を買ったり、コラボドリンクを飲んだりして、その戦利品をご主人様に献上する姿ははたから見れば滑稽に映るかもしれません。 しかし、これぞ女王様に忠誠を誓う奴隷の正しいあり方だと思うのです。

 かくいう僕もご主人様との待ち合わせ場所に、某デパートのおそ松さんグッズ販売スペースを指定され、高度な羞恥プレイを味わわせて頂きました。

 場違いなオッさんが顔を赤らめながらご主人様のお姿を探し求め、若い女性たちの冷たい視線に晒されつつ、トレーディングスペースを行ったり来たりしている姿はさながら公開調教。 これではまるで変態です!

いや確かに僕は本物の変態ですが(^^;;

 ご主人様は少し遅れていらっしゃいましたが、奴隷の事など眼中に無く、キラキラと輝くその美しい眼差しはカラ松グッズに釘付けです。 嬉々としてキャラクターのパネルを写メに収められるお姿はとても微笑ましい。

 僕もご機嫌うかがいにその場でカラ松キーホルダー二種を献上させて頂いたのは言うまでもありません。 主への貢ぎ物は奴隷の勤めであります。

 商品を見ながら無邪気にはしゃぐご様子は、獲物を狩るような厳しい眼差しで僕に鞭を振られる時のご主人様とはまるで別人のようです。

 先日もご主人様のアニメイト巡りのお供をさせて頂き、バレンタインのお返しにキャラグッズをプレゼントさせて頂きました。

 開封するまで中身の分からないトレーディンググッズが二個含まれていたので、店頭でご主人様の推し松が当たるよう念を込めてパワーを送りました。

 グッズ売り場で5千円分位のグッズを買って差し上げて、その後おそ松さんコミックスの新刊を購入されるというご主人様と一緒に売り場を移動しました。

 お目当ての商品を手にお財布を出してレジに並ばれているご主人様に「小銭ありますよ」と500円玉を差し出したところ「えー、いいの?」ととても嬉しそうになさいました。

 ご主人様は僕のこの何気ない行動に痛く感動して下さったようで、「もう充分に買ってもらったのに、その一品にまで気の行き届く男性って他にいないよ」と、とても褒めて頂きました。 わずか400円くらいの商品ですが、金額じゃなくて心づかいが嬉しいのだそうです。

 その後、お食事をご一緒させて頂いた際、トレーディンググッズの中身が気になって仕方ないご主人様は、席に着くとすぐさま箱を開封されました。

 すると、僕の送ったパワー効果ではないでしょうが、それがご主人様の二大推し松だったのです!

「十四松きたーーーー‼︎」 「カラ松もきたーーーー‼︎」 嬉しい~!!(≧∇≦)キャハハハハァ

 ご主人様のその時のお喜びようときたら本当に純粋無垢な少女のようで、こちらまでホッコリと癒され幸福感に包み込まれました。

 まさにご主人様の歓びは奴隷の歓びと再確認した瞬間です。

 奴隷を自認するならば、お仕えする女王様がご興味を持たれている事がらを理解するように努め、最大限に尊重すべきだと思います。

 幸い僕は漫画アニメ関連は好きですし、昔からコレクター気質もあり色々集めていましたので、ご主人様のお気持ちは充分に理解できるのです。



 昭和40年代に、第一次ブームとなった原作版の「おそ松くん」は、僕も随分と夢中になって読んだものです。

 大流行した“シェー”のポーズを撮った写真の、1枚や2枚は必ずアルバムにあると言われている世代です。

 皇太子殿下からゴジラまで、みんな流行に乗ってシェーのポーズをした時代。


 後に赤塚氏は「おそ松くん」はまだ貧しかった世相を反映し、「食べ物」をテーマにして描いたと回想していました。 確かに原作は貧乏くさいエピソードが満載で、現代の若い女性が夢中になるような内容ではありません。

 しかし、キモ可愛くて生き生きとしたキャラクター群は赤塚漫画最大の魅力ですから、アレンジ次第で女性達のハートを射止めるのも理解できます。

 以前ご主人様に、「天才バカボンのオヤジ」の中のお灸責めが好きなお巡りさんのエピソードをお話しした事がありました。

 その時は、同じ作者が描いた「天才バカボン」をほとんどご存じなくてジェネレーションギャップを感じたものですが、「おそ松さん」では世代を超えて話題を共有できる事が何よりも嬉しかったです。

 僕も当時、曙出版から刊行されていたおそ松くん全集をわずかな小遣いをやりくりしながら夢中で買い集め、今でも大切に所有しています。


  実は何を隠そう、僕は幼年期に、おそ松くんに登場するトト子ちゃんのサディステックな魅力に心を奪われていた事があるのです。

 まだマゾヒズムという言葉も、女王様の存在も知らなかったはるか昔のおもひで。

 トト子ちゃんは顔立ちが整った美少女で六つ子のアイドル的存在ですが、意外にもその性格は男勝りで勝気なのです。 家業が魚屋さんなのでトト子。 彼女にはファイティング弱井というボクサーの兄がいます。

 そんな兄の影響か、作品中には癇癪を起こしたトト子ちゃんが、六つ子に強烈なボディブロー蹴りを見舞うシーンや六つ子達を全員木に吊るすシーンなどもありました。

 さらに自分の“美貌”を武器に六つ子達を操り、兄弟同士で争わせたり、最後に勝ち残ったおそ松にグーパンを食らわせたりとその女王様気質を発揮する事もしばしばです。

totoko02.jpg


totoko01.jpg
totoko03.jpg
 男が女性の暴力に屈するシーンに触れたのはこれが最初で、僕は幼い胸をときめかせ、その絵をおかずに小さなペニスを弄ったものでした。

 今回のアニメ化ではその勝気な性格や、ボディブローの得意技もパワーアップしているようなので嬉しい限りです。

おそ松さんsm

 ご主人様は最近、ご自分の事をやや自嘲気味に「カラ松の奴隷」と仰っています。

 カラ松に心を奪われ、グッズ収集に随分とお金と時間をかけているからだと思われます。

 そして僕はそのご主人様の奴隷

 「トト子に貢ぎ隊」というネーミングのゲームもあるくらいですから、当然六つ子達はトト子ちゃんの可愛さの前に跪く奴隷でしょう。

 つまりご主人様の奴隷である僕は、六つ子達の頭上に君臨するトト子ちゃんの奴隷でもあるわけです。

 彼女は僕の幼き日のマゾヒズムの芽を育ててくれた女性キャラクターですから、あながち間違いではないかも鴨川。

 今回の記事のタイトルの由来はそんなところからきています。

 大変おそまつ様でした。 チャンチャン。


domina_001.jpg





プロフィール

mugi

Author:mugi
踏みつけられて、より強く丈夫に
育つムギの様でありなさいと
ご主人様が付けて下さった奴隷
名です。なんという素晴らしい
ネーミングセンス!
しかも音の響きも可愛らしい。
ビールが大好物の僕にピッタリ!
とても気に入っています(*^o^*)
馬派(苦痛)・犬派(奉仕)・豚派
(便器)全てのM性癖を持ち合わ
せたオールラウンダーな変態を
目指しています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR