FC2ブログ

真夏のフェチごと

 僕は四季の中では、が最も好きです。

 ゆらゆらと立ち昇る陽炎の揺らめきの向こう側に、たまらなくノスタルジーを掻き立てる情景がある…

 眩い日差し。

 校庭に響き渡る生徒達の掛け声。 教室内の喧騒。
 それすらもかき消す、けたたましい蝉の鳴き声。

 陽光に映える真っ白なブラウス越しに、女子生徒達の身体のラインや下着が透けて見える。

 薄っすらと生えた若い産毛を押しのけるように、毛穴から噴き出す汗、汗、汗…
 汗染みが拡がった半袖の奥にちらりと覗く、無造作な腋毛の処理に、彼女達の蒼さが眩しく光る。

jyosikousei_01.jpg

 窓を開け放った教室の中。
 パタパタと下敷きで扇ぐ隣の席の子の首筋辺りから、仄かに鼻孔を擽る女の香りが漂ってきた。

 僕は彼女に気取られないように、静かに、ゆっくりと肺いっぱいに、それを吸い込んでみる。
 彼女の横顔がとても美しい事にその時、初めて気がついた。

 素足に突っかける上履き。 
 踵は潰れ、皮脂の汚れで黒光りするインソール。

 いつも膝小僧にカサブタを作っていた脚が、いつの間にか美しいラインを描き、つややかに輝いている。

 心と身体のアンバランスさが心地よい。

 放課後、あの校内一の美少女が、外履きに履き替える刹那、子犬となった僕はそれを奪い取り、咥えたままでグラウンドをかけ去ろう…

 思考回路が停止するような猛暑の中、僕の心はそんな妄想でウキウキと弾んでいたのだ。

 夏が来るたびにそんな甘酸っぱい情景が思い起こされる…

domina_001.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mugi

Author:mugi
踏みつけられて、より強く丈夫に
育つムギの様でありなさいと
ご主人様が付けて下さった奴隷
名です。なんという素晴らしい
ネーミングセンス!
しかも音の響きも可愛らしい。
ビールが大好物の僕にピッタリ!
とても気に入っています(*^o^*)
馬派(苦痛)・犬派(奉仕)・豚派
(便器)全てのM性癖を持ち合わ
せたオールラウンダーな変態を
目指しています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR