奴隷契約書

2014年01月05日18:57  調教日記 写真あり

セヴェリーンが美しき未亡人ワンダとの間に取り交わした、彼女の奴隷となる為の契約書。

 それまで主従関係にはほとんど無関心だった僕でしたが、ご主人様の足元に跪き奴隷になることを許された瞬間から、この「毛皮を着たヴィーナス」の主人公に倣って、奴隷契約書を取り交わしたいと思うようになりました。 これまで200名以上のS女性とプレイを重ねてきて、ここまで思いつめたのは初めてでした。 また、かつてこれほど真摯な気持ちで女性と向かい合った事もありませんでした。

 もちろん現実社会において法的な有効性はありませんが、僕の奴隷としての決意とご主人様への絶対服従を誓い、二人の間で取り交わす約束事として書面にしたためておきたいと思ったのです。 SMクラブの客から真の奴隷へと堕ちて行くことを望んだ僕を、特別のものとして受け入れて下さったご主人様には感謝に堪えません。

 最初、ご主人様に何気ないそぶりで奴隷契約書についての提案をメールした時は、特に反応は頂けませんでした。 ところが次の調教時に用意しないで行くと、ご主人様から「今日は奴隷契約書は持ってきたの?」と聞かれたのです。 「用意してきませんでした」とお答えすると「どんな内容かとても楽しみにしていたのに…」と残念そうなお顔をされました。

(しまった!!ご主人様の方は受け入れて下さる準備が出来ていたのに…)
もう、こんなところからダメダメ奴隷な僕なのです。


 帰宅すると僕は早速、次回の調教に間に合うように奴隷契約書の草案を練り始めました。
 
 特殊な契約書なのですぐに使えるようなテンプレートやフォーマットの類はありません。
 僕はマゾッホと夫人の奴隷契約書や、ネット上で公開されている数少ないサンプルを参考にして、試行錯誤しながらも出来るだけオリジナルの条文を考えました。
 ご主人様の不利益になる事だけは一切書かない様に、この一点だけは特に配慮しました。
 
 草案が出来上がり、何度か修正や加筆を加えた上で、パソコンに条文を打ち込んでいく作業はとても興奮しました。
股間に手をやり、何度も作業を中断しつつ……僕の思いを込めた奴隷契約書が完成を見たのは次の調教日の前日でした。

 こうして全3枚 、全23条からなる奴隷契約書を2通分用意して僕は翌日のご調教に臨んだのです。

2013年8月26日、準備を整え調教場所のホテルへと向かう僕。
前夜も興奮して寝付かれなかった上、朝からソワソワしっぱなしで落ち着きません。 駅のトイレで、すでに、はしたなくもカウパー腺液が滲んでいることを確認しました。

どんだけ興奮してるんだよ!?俺

 ホテルでご主人様のご到着をお待ちしている間も、興奮と緊張で心臓は早鐘のように鳴っていました。 全裸で平伏している玄関先の床には、汚汁がポタポタと垂れています。

いや、受験や面接の時ですらこんなに緊張したことはありませんでした。

 程なくご主人様がご到着され、緊張でしどろもどろのご挨拶を済ませてお着替えを待つ僕。
ご主人様はこの日、新調したばかりのケインの試し打ちをとてもお楽しみにされているご様子です。

そして準備が整い、いよいよ奴隷契約を締結する瞬間が来ました。

「今日はいつもよりずっと興奮してるのね…おまえが私の物になる日だものね」
「さあ、おまえの契約書を私の前で読み上げなさい!」

 僕はベッドに腰掛けるご主人様の足下で正座し、契約書のもう一通を手渡してからゆっくりと条文を読み上げていきました。 緊張とは裏腹に一度もつっかえることもなく、意外なくらい滑らかに読み上げていくことが出来ました。
 自分の真剣な思いと願いがご主人様に伝わるように、ひたすら気持ちを込めて読み上げました。 また、今後の奴隷としての生活に思いを巡らせながら、言葉の重さを一つ一つ噛み締めていました。

 お手元の契約書をご覧になりながら、ひとつずつ条項を確認し頷かれるご主人様。
ご用意頂いた濃いめのルージュを可憐な唇に引かれます。

そして、全ての条項を読み終えて一息ついた僕の目を真剣な眼差しで見つめ、柔らかく微笑んで「本気ね?」と一言。

 僕は「はい!本気です!!」とお答えしなければいけないのに「頑張ります!」とトンチンカンなお返事をしてしまいました。 もう本当に自己嫌悪です。。。


 その後、お互いの意思を確認した上で、まずご主人様が2通分の契約書に署名してキスマークで押印して下さいました。続いて僕も署名。 震えることなく、しっかりとした字を書くことができたのでホッと胸を撫で下ろします。

 そして、ご主人様は真の奴隷になる為の証として、僕の下の毛をハサミとカミソリで全てお剃りになられます。

 僕は奴隷にして頂いた歓喜と初めての剃毛に興奮し、感極まって泣いていました。 ご主人様にお声をかけて頂きながらも泣きじゃくる僕。 丁寧に隅々まで剃って頂き、奴隷に相応しい幼児のようなツルツルの股間にして頂きました。

 僕は無防備な状態で全てをご主人様の前に晒し、恥ずかしさに身悶えていました。
プレイ慣れして長い事、羞恥心すら忘れていた僕にそれを思い起こさせて下さったのもご主人様でした。
何もかもが今まで出会ったS女性の方達とは違っていました。


 さて、いよいよ奴隷契約の儀式も最終段階を迎えました。 僕が2通の契約書に押印した時点で全てが完了し、僕は奴隷としての新たなスタートを切るのです。

 ご主人様は僕のペニスをその柔らかく美しい手で包み込まれます。

 そして…亀頭を貫く鋭い痛みと感触で僕は絶叫を上げました。 

呼吸も上手く出来ないくらい興奮している僕の横で、絞り出された真紅の液体にご主人様も興奮されているようです。 真っ赤に染まった僕の亀頭に契約書を押し当てるご主人様。

 こうして奴隷の亀頭を形どった血印が書面に押されて、僕は晴れてご主人様の所有物となったのでした。

dorei_keiyakusyo.jpg
契約事項に関してはご主人様と僕の特定秘密です(笑)

今後はSMプレイでは無く真の奴隷調教です。 僕はご主人様の奴隷としてどこに出しても恥ずかしくない様、一から躾け直して頂くのです。

 署名、捺印が終わると用意された真新しい貞操帯が僕の下半身に装着されました。
 
 今後、排泄時を除いてペニスに触れることは一切厳禁です。射精は調教時にご主人様のお慈悲でのみ許されます。
勝手に禁を破ると亀頭を縦に串刺し、尿道を2本にされる事に同意致しました。 これはご主人様が考えられた奴隷への罰則です。

こうして儀式は滞りなく終わり、ご主人様に身も心も支配された僕は奴隷としての第一歩を踏み出したのでした。

domina.jpg
トラックバックURL

http://chikudomugi.blog.fc2.com/tb.php/11-f80b05f0

前の記事 次の記事