FC2ブログ

主と従の構図

 この昭和テイスト溢れるミストレスフォトは、古い「SMコレクター」誌に掲載されていたものです。

human_hammock1.jpg

 20年位前、とある古書店で何気なく「SMコレクター」をめくっていたところ、この写真が目に飛び込んできました。 M男向けのグラビアというと、昔からモデルの女性がS的なポーズをとっているだけのソフトな内容のものが多かったのですが、これはフェティッシュでありながらも肉体的にはかなりハードな責めである事が推測されます。

 梁に獣の様に四肢を吊られているだけでも相当きついと思いますが、ここでは人間ハンモックとしてドミナをお乗せし、自らの体重も含めると100キロ前後の荷重に耐えていると思われます。

 そんな奴隷の苦痛など一切意に介さず人間ハンモックに全身を委ね、煙草を吹かしておられるドミナの表情がとても素敵です。 ドミナのおみ足が奴隷の顔面を蹂躙しているのもとてもよい感じです。 浮遊した状態で首にお尻を乗せて体重をかけるのはさすがに危険だったからでしょうが、返ってこちらの方が興奮を誘います。

 ドミナの柔らかな素肌温もり、そして足裏から放たれる甘美な芳香に陶酔することで奴隷の苦痛も軽減されていることでしょう。

 主と従の力関係を見事に体現したこの構図に目を奪われた僕は、プレミアム価格で掲載誌を購入しました。

 ドミナの快楽の為とあらば、たとえ五体がバラバラになろうともその身を捧げるのが奴隷に課せられた使命であり、唯一の存在価値と言えるでしょう。

“奴隷の苦痛がドミナの快楽に転化する”
 この写真は女性支配における主従関係の本質を示唆している様に思います。

 その後、偶然見つけた同じ様なシチュエーションの一枚。 これもSMコレクター誌に掲載されたものです。

human_hammock2.jpg

 断定はできませんが、男女とも上の写真と同じモデルさんの様に思われます。
こちらは膝と手首、背中の一部に縄がかけられてブランコの様な状態でドミナをお乗せしています。  この状態で前後に揺られたら奴隷の苦痛は倍加するでしょうが、その分ドミナは童心に返って無邪気に楽しめる事と思います。

 うっ血した両の手足、関節がギシギシと音を立て、腕が抜けそうな苦痛に耐えながらも被虐に陶酔している奴隷の様子はなんとも羨ましい限りです。

 ハンモックは日本ではあまり普及していませんし、家具と呼べるのかどうかは微妙ですが、もしご主人様のhuman furnitureとしてお役に立てるのならぜひ人間ハンモックになりたい。

 大掛かりな吊りができるのはアルファイン位しかないでしょうが、体力が衰えないうちに是非とも経験してみたい責めです。

 femdom artの春川ナミオ氏の作品にも人間ハンモックをモチーフにしたものが見受けられます。  豊満な肉体を持った女性達を2人も乗せたものや、華奢な老人が顔面で豊臀を受け止めているものなど、これらは死を覚悟しなければ実現は不可能だと思いますが、マゾヒストとしてはとても憧れます。

human_hammock3.jpg

 顔面騎乗ポニープレイストンピング等々、男性の身体の上に女性が乗る行為はマゾヒズムの基本であり、悦虐の真髄でしょう。

 沼正三氏の名著「家畜人ヤプー」の中にも人間ハンモックが登場するシーンがあります。

 身体をうつ伏せにした状態で手足を四方に吊られている麟一郎が、四肢に激しい痛みを感じ失神から目覚めます。

 ハンモック状に吊られた彼は、畜人の身体を使って支える長椅子(ソファ)としてクララの全体重をもろに受けていたのです。

 クララはそんな事は知らず、麟一郎の後頭部に足を置いてまどろんでいます。

 痛みに耐えかねた麟一郎はクララを拝し祈ることで束の間、苦痛から解放されます。

 彼は苦痛から逃れるために、神に対し祈念する様にひたすらクララの名を唱え、祈り続けるのです。


human_hammock4.jpg


 獣吊りも相当に厳しいですが、これは逆エビの態勢で吊られている上に身長173センチ、体重58キロの大柄なドイツ人女性の荷重を受けているのです。  その苦しみから解放されるのであらば支配者の名前を祈念し続ける気持ちも理解できます。

 僕のご主人様は鞭打ちをスポーツの様に楽しまれます。 奴隷を手加減することなく打ち続ける事でとても爽快な気分になられるとの事です。 僕はご主人様の快楽の為に必死で痛みに耐え続けます。

 そして激痛を紛らわせるためにその美しいお顔を凝視し、ご主人様のお名前を唱え続けることがあります。 すると魔法の様に苦しみから解放され、痛みはやがて快楽へと転化していくのです。

 僕にとってご主人様はすでに神格化され、信仰の対象の様になっています。

女性の美というものは崇高でとても不可思議な力を備えているものだと思います。
マゾヒストはその気高く美しい存在の前に跪き続けるのです。


                          ◆      ◆      ◆

 さて、このブログも放置している間に一周年が過ぎ、新しい年を迎えてしまいました。
不定期更新にはなりますが、今年も続けて行こうと思っておりますのでどうぞよろしくお願い致します。


domina.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

共感します

時折、twitterでやりとりをさせて頂いております、あゆむと申します。

ブログも楽しく読ませて頂いております。

「ご主人様のお名前を唱え続けることがあり、痛みが快楽への転化していく」という部分についてですが、つい最近のご調教で、この感覚を感じれたように思い、凄く共感しましたので、コメントさせて頂きました。

もう、体がついていかないと思っている状況で、目の前にご主人様がいらっしゃり、○○様、○○様と、心の中で唱え、時折声として漏れて、なんとか最後まで耐えることができました。
正確に耐えれたというべきかは分かりませんが。。。
体はもう限界、悲鳴を上げていて、目もきちんと開けてご主人様を正視することはできない状況でしたが、うっすらと目を開き、ご主人様を見上げるとご主人様がいらっしゃって少し微笑んでいらっしゃり、女神様と対峙しているかのような感覚になり、ああ、なんと幸せなことかと、幸福感に満たされる感じでした。

「ご主人様は神格化され、信仰の対象になっている」という部分も、何か似ているなあと思っております。

私は、まだ調教を受け始めた段階ですので、まだまだですが、今後とも宜しくお願い申し上げます。

Re: 共感します

あゆむ さん
コメントを戴きありがとうございます。

僕の場合、ご主人様のお名前や感謝の言葉は無意識のうちに口をついて出てきてしまいます。
また最初は痛みが先行していても、やがて無心になれる瞬間が訪れます。
宗教における悟りの境地に入ったようなフワフワと心地よい感覚を毎回 体験しています。
ごく稀に痛みだけに終始してしまう事もありますが、それは僕の方に問題があるのだと思います。

ご主人様による一本鞭は、一打ちごとに奴隷の穢れを浄化して下さるようです。
調教の後は毎回 憑き物がおちたようにスッキリとしています。

これはご主人様と出会うまでは得られなかった感覚です。
僕はどちらかと言えば無神論者ですが、最近ではご主人様の事は生き神様の様に崇めて
いるのです。

あゆむさんも素敵なご主人様に出会えてとても幸運なかただと思います。
今後もよろしくお願い致します。




懐かしい

 新年明けましておめでとうございます。

 この写真、見たことあるような気がする。(持ってたかも)

 「SMコレクター」のマゾ男フォトは独特のテイストがありましたね。

 春川ナミオの人間ハンモックや人間ブランコのビジュアル・イメージは、「顔面騎乗に花束を!」で映像化しようとしたことがあるのですが、主演女王様に「危険すぎる」と却下されたことがあります。

 その時のM男さんの年齢や、僕を含めたスタッフ編成から断念しましたが、そういう現実味のあまりないイメージだという認識不足を反省した思い出があります。

 なので、今あらためてこのコレクター誌の写真をみると、よくやっていると驚きます。

 本当にMかどうかは不明なモデルの男性はもちろん、この当時の撮影陣が「女性を神格化」していないと実現不可能なフォルムだったのでしょうね。

 う〜ん、マゾほど危険な性癖もないような気がしますが、今年も「マゾほど素敵な性癖はない!」を楽しみにしております。


 新カテゴリー「ムギむぎの地雷踏み踏み記」に期待しております(^^)

         ↑ そんなのないって  (。。)☆\バキ







Re: 懐かしい

明けましておめでとうございます。
いつもコメントありがとうございます。

SMコレクターのマゾフォトで衝撃を受けたのは、この人間ハンモックとショートパーマの熟女女王様の
ハード一本鞭調教です。 頑丈に編み込んだ鞭が真っ二つに千切れ飛ぶ位の激しい打ち方でM男性を
追い込んでいました。 見開きにサムネイル状に小さな写真を並べた構成でしたが、迫力は満点。
調教後、全身に太いミミズ腫れが浮き出して憔悴しきったM男を慈愛に満ちた目で見つめる女王様が
素敵でした。SMコレクター誌は結構プレミアム付きで購入していましたが、M記事だけ抜いて
処分してしまったのが惜しまれます。

この人間ハンモックを実践されようとしたなんて素晴らしい。屈強なマゾなら可能かもしれないですね。

僕は女性の体重を受け止めるのが好きで、たまにポニープレイもやってもらうのですが、バテるまで這い回る
より先にまず膝が悲鳴をあげてしまいます。 調教時は常に四つん這いでいる事が基本なので、膝サポーターは
しているのですが、それでも厳しい痛みです。 この人間ハンモックもぜひとも経験してみたいのですが、すぐに音をあげてしまいそうですねー^_^;

地雷やフリーの女王様の事はいつか書いてみたいと思っていますが、一応女性崇拝者ですので表現は控えめに
なると思います(笑)

プロフィール

mugi

Author:mugi
踏みつけられて、より強く丈夫に
育つムギの様でありなさいと
ご主人様が付けて下さった奴隷
名です。なんという素晴らしい
ネーミングセンス!
しかも音の響きも可愛らしい。
ビールが大好物の僕にピッタリ!
とても気に入っています(*^o^*)
馬派(苦痛)・犬派(奉仕)・豚派
(便器)全てのM性癖を持ち合わ
せたオールラウンダーな変態を
目指しています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR