FC2ブログ

奴隷記念日

 早いもので、ご主人様と僕が奴隷契約を交わしてから明日で2周年を迎えます。
2013年8月26日。 この日は僕にとって奴隷記念日なのです。

 ご主人様に始めてお目にかかったのが2011年の8月5日。 あの震災があった年です。
すでに4年の歳月が経過しました。

 この4年間で僕はマゾヒストとして大きな意識改革を遂げました。
単なる性癖であったマゾヒズムはいつの間にか僕の人生の全てになっていたのです。

奴隷契約から2年間、僕は常に支配者であるご主人様の事を思い、その存在に感謝の念を抱いて生活してきました。 それはこれからも生涯変わることはありません。

 長らくSMを愛好し、理想のパートナーを探し求めていましたが、ご主人様と出会うまでは自分が女性と主従関係を結ぶなどとは思ってもみませんでした。

 それまでの僕にとって、SMは“美しい女性から与えられる肉体的苦痛の享受”だけが目的でした。
この出会いがなければ一人の女性を信仰の対象のように崇めることもなかったでしょうし、マゾヒストとして生まれながらマゾヒズムの真髄に触れることなく人生を終えたことと思います。

 以前の僕は、自分が好む美女ならばお相手は限定されていませんでした。
個人との主従関係を欲していたわけではなく、容姿とプレイのバランスが取れた最上級のS女性と巡り会う事を夢みて、探求を続けていたのです。 

 それがご主人様との出会いにより“ただ貴女様だけに!"という思いが芽生え“貴女様だからかしづきたい!"と願うようになりました。

 ご主人様とのセッションを重ねるうちに徐々にそういう思いに変容していきました。

  肉体的苦痛よりも精神的支配を望むようになったのです。

 昨年の奴隷記念日には、ご主人様の所有物であるという証にお尻に焼印でお名前を刻んで頂きました。 “貴女様だけに”という願いが結実したのです。
これは奴隷として最も歓喜した瞬間でした。 もちろんそれは今も持続しています。

branding_01.jpg

 今年は特に大きなイベントの予定はありませんが、明日はご主人様のお足下に平伏し一緒に過ごさせて頂く予定です。

 前回ご調教頂いた際、僕の不注意から負ったペニスの傷の回復が、思いがけず長引いてしまいました。
10日ほど前にその事をご主人様に伝え、1週間ほどご調教の延期をお願いしたところ叱られてしまいました。

「記念日はどうするの?」

 8月26日が奴隷記念日に当たるため、ご主人様はこの日にご調教日を合わせようとご多忙の中、スケジュールを調整して下さっているのです。 ただ、今年は事前に「26日は予定を空けるのが難しいので27日になるかも」と伺っていたので、浅はかな僕は“それなら傷の回復を待ってご都合のよろしい日に・・・”と思ったのです。

 ところが、ご主人様は「せっかくの記念日だし、ペニス責めは無しでもいいから」と26日にご都合をつけて下さいました。

 僕は、勿体無くもご主人様がこの日を大切に思って下さっていたことを改めて知り、感涙に咽んだのでした。

 foot lick

ご主人様と交わした奴隷契約書には奴隷契約の解除についても触れています。 これは当然ながらご主人様にのみに与えられた権限であり、奴隷の廃棄、譲渡は自由に行えるというものです。

 もとより僕はご主人様に生涯を捧げた奴隷の身ですから、奴隷契約の解除を願うはずもありません。それは一番恐れていることなのです。

  許されることならば残りの生涯をかけてお仕えしたい。
  いつまでも僕の頭上に君臨していて戴きたい。

  奴隷解放記念日というのがありますが、もし、ご主人様に解放されることがあるとしたら、それは僕にとってマゾヒズムの終焉を意味します。

 ご主人様のことを思うとき、女性として幸せになって頂きたいという思いもあります。
いずれ、僕が奴隷としての役目を終える日が来るかもしれません。
 
 しかし、今は出来るだけ永くこの幸せが続いて欲しいと願っているのです。 

  明日は、より厳粛な気持ちでご調教に臨もうと思います。


足下に かしづくことを 許されて 8.26 (ハチ ニー ロク)は 奴隷記念日

domina.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

いかがでしたか?

文章の一文字・一文字に、mugiさんのお気持ちがこもっていますね。
そして画像もまたリアルで、純粋なお気持ちが伝わってきます。
拝見してる私も、なんかmugiさんの世界に引き込まれていくようです。

26日は嬉しい記念日になりましたでしょうか?
ご主人様からの厳しい躾、その厳しいお仕置きはいかがだったでしょう?
とても気になります。

Re: いかがでしたか?

いつもコメントありがとうございます。
今回は局部へのお仕置きはご容赦頂いて、その分鞭とケインのご調教が
中心になりました。お尻の打撃で少しですが出血もありました。
ケインがお好きなご主人様にも楽しんで頂けたようで、僕も充実した時間を
過ごさせて頂きました。

また3周年に向けて、気持ちを新たにご主人様に相応しい奴隷として精進して
いきたいと思っています。

今後もよろしくお願い致します。

はじめまして、初コメントします。

ハンドルネーム「ふうこ」と申します。一般初心者S女です。
homerさんの「マゾヒズムに花束を!」の記事内のリンクからmugiさんのブログの存在を知り…
mugiさんのブログ楽しく読んでおります~!

私はhomerさんブログの今年2015年5月28日「宮崎駿との対話」記事であのナウシカの顔面騎乗のラフ描いた新人イラストレーターの者です~。

この記事内のmugiさんのお写真、S女目線からだと凄くドキドキしてしまう良い構図ですね…!
萌えました!そして癒されましたー!!(本当ですよ)
mugiさんは絵もお描きになられるのですね、mugiさんのfemdom画アップされた記事とても楽しみにしております。

mugiさんのように、ここまでかしづいてくれるM男さんはS女には本当に憧れです。勿論、その奴隷願望はmugiさんのご主人様の魅力からなのでしょうね!

私ノーマルな彼が最近出来ましたが…
彼には最初からS女だということはカムアウトしていて、彼とどうSMをスタートさせようかな~とか軽く悩んでます(笑)。
プロ女王様を呼んで、3P的な感じで勉強してから始めようかな?!とかイメージしてます。
その3P時、私はただ観察するだけ(見て楽しむだけ)…といいますか…。

ハードプレイもなさるSMベテランな、紳士で知的なmugiさんに相談したくなりました。
SMの先輩として何か超初心者な私に何かアドバイス頂けたら幸いです!
これからコメント等でよろしくお願いします!

Re: はじめまして、初コメントします。

ふうこ様

コメントありがとうございます。
S女性の方からコメントを頂くのは初めてのことなので、とても嬉しいです!

「マゾ花」はコメ欄までチェックしていますので、ふうこさんの事はよく存じています。
もちろんナウシカの顔騎のイラストも拝見致しました。ご自分のサイトで描かれているタイトルイラストは
また全然違ったタッチですね。

あの絵は、もっとナウシカを巨尻にしてhomerさんの顔を埋没させた方が、homerさんには気に入って
頂けたかもしれません^o^

ところでふうこさんは、ノーマルな彼を奴隷として調教する事を目論んでいらっしゃるのですね。

僕は物心ついた頃からマゾでしたので、ノーマルな男性の気持ちはよくわかりませんが、いきなり
女王様と3Pというのは受け入れる事が出来るのでしょうか?

交際している女性の目の前で、プロの女王様から初調教されるシチュエーションはドM目線では
萌えますが、ノーマル男性には少し刺激が強過ぎるような気がします。

ふうこさんがS女性である事をカミングアウトした上で、おつき合いをされるという事は、
彼はふうこさんの性癖を受け入れる覚悟はあるのだと思います。
だとしたら時間をかけて馴致していき、彼のM性を徐々に引き出していった方がうまくいきそうな
気がします。

例えば、最初はバスルームで彼に足や身体を洗ってもらう。 次は洗った足を舐めてもらう。
それに抵抗がないようなら、次回はシャワーを使う前の少し汗ばんだ足を舐めさせる。
その次は足の指を丁寧に一本一本。 さらに指の股の汚れも舐めとらせる。

最初はベッドの上で。抵抗がなくなったら床に跪かせて。
次第に命令口調で。 次は乗馬ムチの先で指示を与えながら…と言った具合に時間をかけて、
彼のMの度合いを推し量りながらゆっくりと教えた方がいいのかなと思います。

洗っていない足や性器を舐める行為は、ノーマルな方でも受け入れやすいのではないでしょうか。
僕も二十歳の時のSM初体験は足舐めから入りました。

今回Blogに掲載した足舐めの写真は、以前ご主人様に撮って頂いたもので僕のお気に入りの1枚です。
足舐めは女性に忠誠を誓うマゾヒズム的儀式のようで、僕はとても興奮するのですが、
ご主人様はくすぐったくて苦手なご様子なのです(T ^ T)

足舐めが上手く出来るようになったら、少し加虐レベルを上げて床に横たわらせて顔を踏みつけて
みてはいかがでしょうか?

痛みを与える場合も、最初は、縛って乳首や男性器を甘噛みしてみるとか、比較的難易度が
低い所から少しずつレベルアップした方がいいかもしれません。

あとは密室だけではなく一緒にSMバーに行くとか、春川ナミオの展示会を観に行くとか少しずつ
マゾヒズムの楽しさを分からせてあげたらいかがでしょうか(笑
最初は対等な関係から、徐々に主従の距離を覚え込ませ、女性の偉大さを教えてあげてください。

でも、これも彼のMの素質次第ですね。いきなり女王様と3Pでも全然OKかもしれませんし、覚醒が
早いということもあり得ます。 彼とよく話してあってみて下さいね。

ちなみに僕はこれまでエゴマゾ一筋で、奴隷年はわずか2歳のひよっこです。
いつも粗相ばかりで、ご主人様にオチンチンにお灸を据えられて泣いているダメ奴隷なので、
僕の意見など参考にならないかもしれません(>_<)

イラストの方は少し時間がかかると思いますが、あまり期待しないでお持ち下さい^ ^
今後もよろしくお願い致します!

素晴らしいアドバイスでした!

mugi様
大変丁寧なアドバイス、本当にありがとうございました!勉強になり助かりました!

ノーマルな彼は、ややM才能が眠っているのか…足&靴フェチだそうです。
過去にノーマル系S女(ガチSMでない)と交際し、アナル攻めされるのも心地良かったそうです…(笑)。
私と彼との初セックスも、私は最初から女性器オーラル奉仕してね~と頼み、快くしてくれました。
本人曰く、ご奉仕体質な部分はあるとのことです。

ですから、M男開発が楽しみで仕方ありません(笑)!!


>最初はバスルームで彼に足や身体を洗ってもらう。 次は洗った足を舐めてもらう。
>痛みを与える場合も、最初は、縛って乳首や男性器を甘噛みしてみる

わ~なるほどです~!
最初は慣らしがやはり必要なのですね。

私は今まで処女でしたので、ノーマルセックスにもまだ慣らしが必要なのですが…、SMも慣らし段階が必要なのだということがわかりました(笑)。

あれですね、ノーマルセックスも徐々に体位とか覚えていく~みたいな感じで、SMも徐々に覚えていく感じなのでしょうね。

始め方をライトSMか、いきなり女王様3Pにするかで迷っていましたが…

徐々に上げていく方式のライトSM、次に女王様3P、その次に二人で本格SMにしていくビジョンにします~!
(勿論、彼の許容範囲確認します…!)

mugiさんのアドバイスと近いイメージで…
私はバスルームで彼に私の体を洗いさせつつも、セックス我慢系苦痛プレイさせる…とかは考えていました(笑)。
甘噛みはノーマルセックス上でもあり得るライトなSMで良いですね~!

男性器噛んでいいんだ…楽しみです!アナルも楽しみですけどね~!
そして王道のSMバーへのデートも重要なんですね!
ビジョンが決めれて、安心出来ました!

あと、私の準備中のサイト発見してくださっているのですね。感謝です。
ですが、ヘッダー画像は他者様のM男キャラ拝借なのです、あれは。

仕事でしっかりfemdom絵でやっていこうと決めてまだまだ模索中しているので…サイト完成したらまたブログ告知しますね!

こちらこそ、これからよろしくお願いします!
小説の世界ような奴隷契約してるmugiさんにはとても注目しています!!

Re: 素晴らしいアドバイスでした!

おー、かなりMの素地がありそうな彼ですね!
意外に早く従順な奴隷になるかもしれません。とても楽しみですね^ ^

SMに慣らしは重要だと思います。
僕はSM初体験で、いきなり先端が鋭利に尖った木製のぶっといアナル責め具を
ローションなしでぶち込まれ、それ以来アナル責め恐怖症になりました。

ご主人様と出会ってから苦手を克服したいと考えるようになり、時間をかけて
再開発して頂いたおかげでトラウマが氷解し、最近では少しずつアナル責めが
心地よいと思えるようになってきたところです。

一本鞭も最初はソフトな鞭を使用して優しく打って頂き、少しずつ身体が温まって
くるに従い、鞭を変えて打ち方もハードに移行して下さいます。
段階を踏んで頂くことで、ハードな鞭打ちに対する耐性もついてきました。

今ではミミズ腫れがモコモコと浮いて多少出血するくらい打たれても、快感に
感じられるまでに調教して頂きました。
ご主人様は5〜6本の鞭を使い分けておられます。

ペニスの甘噛みもオーラルに取り入れる形で優しく始めてあげて下さいね。

ご褒美系も最初は唾液の口移し、次は皿に垂らしたものを舐めとらせる、
次に咀嚼物、いずれ聖水や黄金を受け入れられるまでに成長するといいですね。

ゆっくりと時間をかけて、徐々に自分好みの奴隷に飼育していくのが、奴隷調教の
醍醐味だと思います。

一緒にセビアンなどもSMショップへ行って、彼とSMグッズを見て歩くのも楽し
いかもしれません。

女性に身も心も支配される喜びを教え、ふうこさんがいなければ生きていけない
身体にしてあげて下さいね(*^o^*)

ところで、ふうこさんのサイトのイラストは別の方のものだったのですね。
ご本人はどんな絵を描かれるかとても興味があります。
ナウシカもhomer Simpsonも他人のキャラクターなのでふうこさんのオリジナルが
見てみたいです。今度、是非見せて下さい。

それではまた、よろしくお願いします!
プロフィール

mugi

Author:mugi
踏みつけられて、より強く丈夫に
育つムギの様でありなさいと
ご主人様が付けて下さった奴隷
名です。なんという素晴らしい
ネーミングセンス!
しかも音の響きも可愛らしい。
ビールが大好物の僕にピッタリ!
とても気に入っています(*^o^*)
馬派(苦痛)・犬派(奉仕)・豚派
(便器)全てのM性癖を持ち合わ
せたオールラウンダーな変態を
目指しています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR