FC2ブログ

奴隷の味

 お正月にWOWOWで、映画「娚(おとこ)の一生」を放送していたので観てみました。
昨年のバレンタインデーに劇場公開され、豊川悦司足キスシーンで話題になったあの作品です。

 累計150万部を売り上げた人気コミックの実写化という事ですが、僕は原作を読んだ事はありません。 この作品はあの足キスのスチール写真やポスターによって初めて知りました。

 主演の榮倉奈々さんに関しては「セブンティーン」のモデル時代から知っていましたが、これまで特に興味はありませんでした。 しかしこの映画を観て、魅力的でいい女優さんだったんだなと改めて気づかされました。

 不倫の恋や都会の喧騒に疲れ果てたキャリアウーマンのつぐみ(榮倉奈々)は、田舎の祖母の家で長期休暇を過ごしていました。 入院中だった祖母が突然亡くなって、慌ただしく葬儀を終えた翌日、離れに見知らぬ中年男性が移り住んできます。 つぐみに好意を持ったという彼は、かつての祖母の教え子で独身の大学教授海江田(豊川悦司)という男でした。 彼は祖母に想いを寄せ、生前 離れの鍵を貰っていたと言うのです。 在宅勤務に切り替えたつぐみは、そのまま海江田と奇妙な同居生活を始めます。 つぐみは最初、無遠慮で厚かましい中年男に戸惑いを抱いていましたが、次第に彼に心を開き始めます。
 

 そして例の足キスシーンへと繋がっていくわけです。
時間にして1分半程でしたが、海江田はつぐみの足指を一本ずつ口に含み、丁寧に舐めあげていきます。
その様子を直視しながら黙って身を任せているつぐみ。 しだいに彼女は目を閉じ、愉悦の表情を浮かべるようになります。

 やがて場面が変わり、陽が落ちた窓外を眺めながらタバコをくゆらせる海江田、ベッドの上で全裸でうつ伏せているつぐみ。 すでに2人の間に濃厚な時間が流れたことが分かります。

 ここはつぐみが初めて海江田の愛を受け入れた重要なシーンですが、ある意味ベッドシーンを描くよりもずっと官能的で、耽美的な文学のような味わいがありました。

otokonoissyo.jpg

 
 ネットで拾った原作の足キスと比べるとかなり印象が異なり、映画の方は足舐めと言った方がピッタリくる感じです。 監督曰く「普通はやらない。海江田は不器用なゆえに、そういう行為に出ちゃった…」との事でしたので、これが海江田にとって必然的な愛情表現だったのでしょう。

 公開時の舞台挨拶では足を模った巨大なバレンタインチョコを用意するなど、製作サイドは明らかに話題性を狙っていた事が分かります。

 榮倉奈々は「恥ずかしくて試写ではそのシーンは目を逸らしてしまって観てないです」と振り返り、トヨエツは「僕自身はノーマルな方なので撮影はドキドキしました」と語っていましたが、やはり一般的に足舐めはいまだアブノーマルであり、だからこそこれだけ話題になったのでしょう。

 この作品自体は大人向けのラブストーリーで、観賞後も爽やかな余韻が残る悪くない映画でした。

 50代の中年男性が若い女性との恋愛を成就させる。 今は枯れ専女子という言葉もあるくらいなので枯れ始めたオヤジ達にも希望を与えてくれます。

 ただ、マゾヒスト的に観るべきシーンは話題になった足舐めシーンと、つぐみが海江田の背後から思い切り足蹴りを食らわせ、彼がもんどり打って床を転げるシーンの2カ所くらいでしょうか。  また全編に渡って精神的なマゾヒズム要素は全くありませんので、そういったものを期待して観るとガッカリすると思います。


 僕はマゾヒストのご多聞に漏れず、女性の足を舐めるのが好きです。 いや、舐めさせられるのが好きと言ったほうがいいかもしれません。 そこには女性側の強制的な意思が働いていて欲しいという願望があります。

 「跪いて足をお舐め!」…というドミナのご命令のもと、隷従の証として足を舐めたいのです。
両手でおみ足をうやうやしく支え、指先を口に含み、指股に舌を挿し入れる様子を冷ややかな視線で見下ろしていて欲しい。

 もちろん足を舐めるというマゾヒズム的な行為に興奮するわけですが、同時にフェティシズムの五感をも刺激されるのです。

 女性の足の美しい形状に見惚れ、体温や湿度を感じ、芳醇な香りを嗅ぎ、程良い酸味と塩気を味わい、舌を這わせる際の淫音に興奮するのです。

 僕は、実際には足舐めを好んでいますのでそこに屈辱感は存在しません。
しかし例え形式的なものであったとしても、ドミナに対して服従を誓うための儀式として必要だと考えています。

 僕は沼正三氏が、著書「女性上位願望」で論じたスクビズムに共感しています。
昔から足にはネガティブなイメージがつきまとっています。
僕自身はけっして女性のおみ足を不浄な物と捉えたりはしていませんし、むしろ神々しいとさえ思っていますが、足下に跪いて足を舐めるという行為は下降願望の表出だと理解しています。


 若い頃はドミナへの土下座ご挨拶等は芝居じみていて好きになれず、疎かにしてきました。 足舐めは好きでしたが、それが服従の証であるという捉え方はしていませんでした。
しかし、今は女性支配における重要な要素としてこれらを受け入れる事が出来るようになりました。
なによりこうした行為だけで性的興奮を喚起できるようになった事は、マゾヒストとして大いなる成長だと思っています。

 ところが残念な事に、ご主人様は、奴隷に足を舐めさせる事があまりお好きではないようです。
口舌奉仕全般がNGなのですが、これまで足舐めだけはかろうじてお許し頂いていました。
しかし、足舐めの終了後はすぐに洗面所に洗浄しに行かれますし、舐めている時も心ここに在らずといった感じです。 とても潔癖な方なので奴隷の舌の感触や唾液がつくのが不快なのだと思います。

 また、SMクラブにいらっしゃった時のコラムには「みんなガツガツして舐めるからくすぐったいだけで全然気持ちよくない」と書かれた事もあり、M男の舐め方もお気に召さないようでした。

 僕は今はご主人様の奴隷であって、お客さんではないのでご主人様がお嫌な事はなるべくしたくありません。

 そこでご主人様が代替案として考えて下さったのが、おみ足を洗浄したお水を飲ませて頂くという行為でした。 僕はこれが主従の盃を交わす儀式のようで、とても気に入っていました。

 ご主人様専用の洗面器に適温の水を張り、自らの手の汚れが混じらないようにゴム手袋を着けて、小さく切ったボディタオルでおみ足の隅々まで丁寧に洗い清めていきます。 

 洗浄後の水にはお履きになっていた靴下の繊維や皮脂、細かい砂粒状の汚れなどが浮遊したり沈殿しています。 
 
 僕はおみ足の洗浄が終わるとこの洗面器を両手で持ち、大盃でお神酒を頂くように一気に飲み干します。 これは視覚的にも味覚的にも大変興奮しました。

 そのうちに僕は洗浄以外にも、ご主人様のおみ足のケアをさせて頂けないだろうかと考えるようになりました。
そしてご主人様にお願いして、指股を洗浄するブラシや角質を削るヤスリなどを使わせて頂く事をお許し頂いたのです。

 僕は、敬愛するご主人様の大切なおみ足のお手入れをさせて頂く事に奴隷の喜びを感じていました。
ところがこれが思わぬ事態を招いてしまう結果になるのです。

 ケアを始めて2回目の時だったでしょうか、足裏の角質をヤスリで削り過ぎてしまい微量の出血をさせてしまいました。
その時はお許し頂きましたが、2ヶ月後位にその部分に炎症が生じて皮膚科に通院する事になってしまったのです。

 僕が余計な事をしたばかりに、ご主人様の玉体の一部を傷つけてしまい大変落ち込みました。 奴隷の卑しい身体では到底償いきれない大失態です。 当然ご主人様はご立腹で、当分おみ足に触れることを禁じられてしまいました。

 僕はもう二度とご主人様のおみ足には触れさせて頂けないかもしれない…それも自らの不注意が招いた結果なので仕方ありません。

 ところが意外にもこの失態が、僕をマゾヒストとして新たなステージへと導く事になるのです。

 次のご調教の時、ご主人様はベッドに腰掛けて目の前に跪いている奴隷に向かってこう仰いました。

「今日はお前の舐めるものがなくて口寂しいね。 それなら私の靴の裏でも舐めたらどう?」

 それは少し突き放したような響きを持って僕の耳に届きました。


 僕は予期せぬお言葉を頂いて、少し狼狽えていました。

 しかし鼻先にお脚が突き出されるとそれを大切に抱え、靴裏にゆっくりと舌先を這わせ始めたのでした。

 それは室内で履くプレイ用の靴などではなく、普段からご主人様がご愛用されている外履きの靴でした。 僕が嫌悪する男性が吐いた痰や、犬猫のふん尿が落ちていた路面を踏みつけたかもしれません。 ご主人様の靴裏は、普段僕が喜んで舐めているおみ足のように甘美な味わいは一切なく、ジャリジャリと舌に逆らう屈辱の味がしました。

blackboot.jpg

 ところがどうした事か、靴舐めの最中、僕はいつも以上に興奮している自分を感じていたのです。

 目は虚ろで呼吸が荒くなり、股間がいつも以上に反応していました。

 もしかしたらこれこそが真に隷従する者の姿ではないのか⁉︎
この被虐感こそがマゾヒズムの本質ではないのか?

 それはけっして喜んで舐められる性質の物ではなく、できることなら拒絶したい行為です。 しかし、奴隷の分際でご主人様のご命令に逆らうことは許されない。

 ご主人様の大切なおみ足を傷つけた罰を与えられているのかもしれない…

 その絶対服従の脅迫感に否応なく従う自分自身の惨めな姿が僕を興奮させたのだと思います。

 これは僕自身にとっても新しい発見でした。

 ドミナがお履きになっている靴の裏ならば、なんの抵抗もなく舐められるというマゾヒストは大勢いるでしょう。 たとえ他の奴隷が舐めたハイヒールであってもドミナが“舐めろ”と仰るなら喜んで従うと。 

 しかし歓喜して舐めるのではダメなのです。 拒絶感に抗いながら舐める事がより興奮を誘ったのだと思います。

 ですから2回3回と繰り返すうちに拒絶感が薄れ、靴裏を喜んで舐めるようになったらこの興奮は陽炎のように霧消してしまうことでしょう。

 人は慣れる動物なので、常に新しい刺激を求め続けます。

 しかしあの時、僕の脳裏にはヤラセでも演技でもない自分自身の“真の奴隷の姿”が映し出された事は間違いありません。

 僕はあの日、舌先に感じ取った“奴隷の味”を生涯忘れることはないと思うのです。

domina.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

わかります

女性によって自分の自我がグニャリと押しつぶされる感覚、とでも言いましょうか。
とてもつらくて、切なくて、甘美な味ですね。

よろめくマゾヒズム

 マゾヒズムとは、いえ「女性上位」とは何か?ということを、あらためて深く考えさせる、凄いエントリーですね。

>歓喜して舐めるのではダメなのです。

 これが本質なのでしょうか。

 なんだかんだいってマゾヒズムは、マゾ男に都合のいい妄想であり、男が歓喜している時点で、すでに男性上位となってしまう。

 女性上位=男性下位であり、男が「拒絶感に抗いながら舐める」ことこそが、本当の女性上位である。

 なかなかそこまで自分の願望や意思で追い込むことは難しくて、mugiさんと女王様との蓄積された人間関係、信頼性、そして不幸(いや、幸運?)なアクシデントが引き起こした罪悪感など、意図せぬ偶然と必然が複雑に絡み合って実現されたマゾヒズムの真実という感じです。

 澁澤龍彦がかつて「苦痛と快楽」の中で、「拷問の執行者の密かな快楽は、相手の肉体の苦痛を眺めることでなく、相手の精神がよろめき、耐えられるギリギリの限界を越えて肉体の共犯者となって精神がよろめく、その精神の裏切りの過程を眺めることの楽しみである・・・」と指摘していたのを思い出しました。

 拷問者(サディスト)だけでなく、拷問されるマゾヒズトにも、自分自身のこのよろめきを眺める快楽がある。

 本来であれば靴底なんか舐められないはずのmugiさんの精神が、そこに肉体的苦痛はないのによろめき、服従してしまった己の姿に歓喜する。

 素晴らしい成長というか、マゾヒズムの深化の軌跡(いや奇蹟か!)に感動しました。

 僕にはできそうにもありませんけど・・・(>_<)

 そこまでさせてくれる女王様にも、出会いたくないかも(>_<)(>_<)

 新品の清潔な靴底で、きれいに洗った女王様の足が履いた靴ならいいかも鴨川〜 

         (。。)☆\バキ




Re: わかります

まさにそんな感覚ですね。
僕はこれまでSMは肉体的苦痛を受けることばかりを中心に考えてきましたが、ご主人様と出会ってからは
精神的な部分の方が重要である事に気がつかされました。
辛すぎてついつい逃げ出してしまいそうになる事もあるのですが、マゾヒズムは僕のライフワークですので
今後も少しずつ、しかし着実にステップアップしていきたいと思います。

コメントありがとうございました。

Re: よろめくマゾヒズム

コメントありがとうございます。

M男が思い描く“女性上位”はほぼ幻想でしょうね。
今回の靴舐めや、以前「やらせマゾからの脱却」で書いたWAMのような想定外の出来事は、結構僕のマゾヒズムの琴線に触れます。
シナリオにこだわっていた頃だったら絶対に味わえなかった興奮ですね。

もう15年位前の話しになりますが、ある女王様にアルファインの洋式便器に直接出した聖水を飲むように命じられた事があります。もちろん想定外の身の毛もよだつような行為でしたが、その女王様には拒絶を許さない迫力がありました。
僕は髪を掴まれて泣く泣く便器に顔を突っ込み、嘔吐感を堪えながら口と舌先でピチャピチャ音を出して必死に飲んでいるふりをしました。ポーズだけとは言え、この時も僕は異常に興奮していました。

これが女子高のトイレだったら歓喜して飲んでしまいそうな気がしますね(笑)

ご主人様と出会ってからは少しずつではありますが、着実にマゾのステージが上がっていっている気がします。

トヨエツ、かっこいいですね!

豊川悦司さんが50代相手役の映画なのですね、これ。
ジジ専なので萌えます!!!

ですが、私の去年の恋愛・失恋を思い出させて心理的にグサグサくる記事ですね…(苦笑)。
映画の中ではハッピーなようなので余計にヒリヒリします…(冷汗)。
まだこの映画観るメンタル力無いです…。

20代後半の私と50代前半男性のひと夏(?)の恋愛でした。
豊川さんばりにええ男なら、私はもっとベタ惚れしたでしょうね…。

心冷めた今は、「私、あの人と何、うっとりキスしちゃってたんだろ?!」という心境です(苦笑)。

元彼とSMしたかったんですが…交際時は恋人同士でやろうとして出来ませんでしたが…、
今、元彼とSMするなら復讐心理入った本気の懲罰プレイしたいです(笑)!!

当時の婦人科受診の経済的苦痛・詭弁で丸めこまれた精神的苦痛の復讐分の怒り入ったSMしたいですね!!
これぞ本当のSM(罪に対する罰)かもしれません。

実際に、SM上手くなったら元彼と会う機会はお話してあるので…
怒りを隠し微笑んだ振りして拷問してやりたい!!!!!

元彼の薄くなった頭をわし掴みにし、引き摺りまわし、側頭部を踏みつけたいです!!
元彼本人が自慢の美尻もめちゃくちゃスパンキングしたいです!!!
なんかムカムカしてきました(笑)!!!
凄いグチャグチャにしてやりたい!!!

代理処罰じゃ、やっぱり物足りないですわ!
SMが上達した暁の一番初めのプレイ相手は、元彼に対する本気懲罰SMしたくなりました!
目覚め前の少数派拷問系ハードS女に酷いことしたことを思い知らせてやりたいです!

目標が出来ました、ありがとうございます!今年もよろしくお願いします!

Re: トヨエツ、かっこいいですね!

コメントありがとうございます!

昔お付き合いしていた女性が、トヨエツのファンでした。
ナイトヘッドと言うカルト的な人気を博していたテレビドラマで、超能力を持つ兄弟の兄役を演じていた頃の話です。ちなみに弟役は武田真治でした。

当時は彼女が夢中になっていたので、僕はなんとなく気に入りませんでしたけど、今は素直に渋くてカッコいいと思えるようになりましたね。

つぐみが海江田を受け容れて入籍を決心した直後、不倫相手だった彼が(向井理)妻と離婚し、彼女の元を訪ねてきます。そこで海江田と本気の殴り合いになり、不倫の彼は叩きのめされて病院送りになります。体力的に劣るであろう50代の男性が、好きな女性を守ろうと必死に戦うシーンはカッコよかったですよ。 失恋が癒えたらぜひご覧になってください^ ^

ところで復讐の懲罰プレイ、素敵過ぎます♡
僕がストーリープレイで最も夢中になったシチュエーションですね(笑)
僕の場合はあそこが使い物にならない位、痛めつけられるというパターンでしたが、元カレ自慢の尻が真っ赤に染まり、お尻の穴に色々ぶち込まれて泣きわめくのもよさそうですね(*^_^*)

相手は体力的に衰え始めているお爺ちゃんですので、事件にならないように適当なところで勘弁してあげて下さいね。

No title

奥深い考察にいつも感嘆いたします。

今回のブログを拝読していてふと我が事に

立ち返ったのですが、

僕はM女と性交している時に

足を舐めたり、咬んだりしたくなる時があり

実際にします。

自分では責めのつもりなのですが、mugiさんからすると

相手に服従している感じになってしまいますね…

黒ノ主 様

いつもコメントありがとうございます。
S男性がM女性の足を舐めるというのは意外でした。

人体は下に向かうほど卑しいものとされ、相手の最も卑しい部分である足に自分の
尊い部分である口をつける行為は、相手より下になりたいという願望の表れとする説があります。
足舐めは優位性行動とは逆に服従性行動と理解されているみたいです。

僕は女性に対するS願望は全くありませんけど、普通はS性 M性両方持っていると言われていますから、黒ノ主さんの中にもマゾヒズム願望がおありなのかもしれませんね(笑)

今年もよろしくお願い致します。

またしてもよろめくマゾヒズム

>そこには女性側の強制的な意思が働いていて欲しい

 これが重要なんです。この辺り微妙な部分。

 無理を承知であえてわかりやすく言うと、例えば「足舐めたい!」とマゾがお願いして、女王様がしかたなく「いいよ。お舐め」とかいった場合(←すでにありえないから)、女王様はあまり気がすすまなくても舐めさせてくれる。
 
 マゾが望むならという、ある意味では好意の表れでもあり、それはそれでもよかろうと、ノーマルな人なら思うかもしれない。
 
 でもこれじゃダメなんだよね(>_<)

 もしマゾがお願いするなら、きちんと「女王様のサディスティックな自然意思として、強制的に僕(=マゾ)に足をお舐めと、命令してくらひゃい!」とかなんとか言わなきゃ。

 って、こんな細かいところまでマワリクドく説明して、自分の願望や依頼内容を伝えるマゾって、いったい・・・何様のつもりよ!  (。。)☆\バキ

 
  失礼しました  m(_ _)m


(>_<)(>_<)(>_<)




  




Re: またしてもよろめくマゾヒズム

再度のコメントありがとうございます。

原律子の「奉仕の白薔薇」の一コマでしたか、SMクラブのママが新人の子に「奴隷の願望を常に先回りで察して、いかにも女王様の意思でそうしているかのように持っていってあげるのがプロの女王様」と説くシーンがありましたね。
この歳になるまで、そんなサトリみたいな達人級の女王様にはお目にかかったことはありませんが…(笑)サービスのSを極めるとそういう事になるのかもしれません。

僕の場合は、以前はシナリオ必須で女王様の自然意思でなくても願望さえ実現すれば満足していました。

今お仕えしているご主人様の前では、自分の願望は二の次でもいいかなと思えるようになってきました。
そうなると足舐めも顔面騎乗もお預け状態になりますが、むしろそちらの方がリアルな奴隷っぽいと思うこともありますね。

Aクラブ

榮倉さんいいですよね、長澤さんと共演の頃は長澤さんのを2カップ榮倉さんにあげれば二人とも最高なのに、と思ってましたが
最近の写真集やアディダスCFを見ると大きくなったなと思います
背が高く脚が長く綺麗で胸もそこそこ、最高の御主人様ですね、お仕えしたい

Re: Aクラブ

コメントありがとうございます!

遅まきながら榮倉奈々さんの魅力は、この映画を観て気がついた次第です。
癒し系っぽいお顔立ちだけど鞭を持つと豹変されるとか、そういうギャップがM心を擽ります。
モデルさん出身らしいスタイルの良さは、M男に首輪を着けて街を闊歩するのが似合いそうな感じがしますね。
これから注目していきたい女優さんです。
プロフィール

mugi

Author:mugi
踏みつけられて、より強く丈夫に
育つムギの様でありなさいと
ご主人様が付けて下さった奴隷
名です。なんという素晴らしい
ネーミングセンス!
しかも音の響きも可愛らしい。
ビールが大好物の僕にピッタリ!
とても気に入っています(*^o^*)
馬派(苦痛)・犬派(奉仕)・豚派
(便器)全てのM性癖を持ち合わ
せたオールラウンダーな変態を
目指しています。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR